グルメ・クッキング

2017年5月20日 (土)

デモデラ茶園産ウバ紅茶

東京Chateaさんから、キャンディ紅茶と同じ便で昨年収穫のウバ紅茶を取り寄せてみました。ムジカティーさんのヴィンテージよりも、香りが穏やかで飲みやすい紅茶です。特に、ティーポット2杯目は、ミルクティー向けとしてお薦めです。
ティーポット500円、茶葉販売は、50グラム入り800円です。お試しください。(BLOG見ましたと、お伝えください。)
Uva2016demodera

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

スリランカ産キャンディ紅茶入荷しました。

東京Chateaさんから、お馴染みのケニルワース茶園産。
写真のような感じです。茶葉は、今回はOP(大きな葉・オレンジぺコ)。
飲んだ感想は・・・、3分経過時の1杯目。軽やかで、甘く香り、渋みもほとんどなく、とても飲みやすい紅茶です。ミルクをいれなくても、なぜかクリーミーなまろやかさがあります。ストレート向け。ティーポットでの30分経過時の2杯目は、重さは中くらい(ミディアムボディー)、軽めのミルクティー向け紅茶です。ストレートでは、お湯を差すと飲みやすくなります。
カップティー350円、ティーポット450円です。

Kandy2016リーフティ-の店頭販売は、50グラム600円です。合わせてご利用くださいませ。
(ChaTeaさんの推奨蒸らし時間は、ストレート3分、アイスティー2分半です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

ファーストフラッシュダージリン2017

Ffd2017mk_2ダージリンの新茶が入荷しました。
「マカイバリ(Makaibari)茶園産」。The Leaf Storeさんから。過去、何度か仕入れたことのある信頼できる茶園です。大阪ムジカティーさんの新茶は、通関手続きに少々時間がかかるそうです。

前回に比べますと、少しグリーンがかった感じの茶葉です。
1杯目、指定抽出時間4分。水色はレモンに近い橙色(山吹色)。鼻腔に香りの余韻が長く漂います。渋みは殆んどありません。ストレート向け。30分経過後の2杯目。水色は少し濃くなりましたが、口に含んだときの重さはなく若干の甘みが感じられます。ほんの少しだけミルクを入れてもいいでしょう。
店内カップティー400円、ティーポットは希望者のみ500円です。茶葉販売は、50グラム入り1080円です。お早目に・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

ヴィンテージウバ2016

Uvav20162年ぶりに、大阪ムジカティーさんからヴィンテージウバが届きました。
アイスラビー(aislaby)茶園産。これまで幾度か飲んできたヴィンテージウバですが、過去20年以上にわたる私個人な見解では、世界最強のメントールの香りと渋みを持つ茶葉かもしれません。ミルクティー向けの紅茶ですが、紅茶初級中級レベルでは、その味覚にかかる衝撃が強すぎて、カップの紅茶を全て飲むことができないと思われます。従いまして、今回のヴィンテージウバをご注文される際には、このBLOGまたはFACEBOOKを読まれたことを店長にお知らせください。ご注文の際にお客様からの御指示がない場合は、昨年からの東京CHATEAさんのアダワッテ茶園産のウバ紅茶をご提供させていただきますので、ご了承ください。
ティーカップ400円、ポットで500円です。茶葉は、50グラム入りで900円です。
茶葉は、数名のご予約がすでにありますが、一度店内でお飲みになったうえ、ご納得されてからのご購入を強くお勧めします。
「musicaTEAは、特に紅茶好きのあなたのために選ばれた紅茶です。」
Tea for Connoisseurs・・・ムジカティーさんのパッケージに記載さている言葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

オータムナルダージリン2016

Da2016今週月曜日に、大阪ムジカティーさんから、オータムナルダージリンが届きました。マーガレットホープ茶園と、タルボ茶園の2か所から。
写真右側が、マーガレットホープ。香りは穏やかでオータムナルらしく飲みやすい紅茶です。ポット2杯目もそんなに濃くならずストレートでお飲みいただけます。少しミルクをいれますと、まろやかさが増し、また違った雰囲気に。マーガレットホープ茶園は、どの年も、どのシーズンでも安定した仕上がりの紅茶を提供する、信頼できる茶園です。
写真左側が、タルボ。今年の夏にセカンドフラッシュを飲みましたが、オータムナルも同様に発酵が浅く、新茶と間違えそうなストレート向けの紅茶です。カップティーにお勧めです。2杯目は若干の渋さを感じます。
お値段は、カップティー400円、ティーポット500円のダージリン通常価格でご提供。さらに今週日曜日までは、カップティー200円、ティーポット400円のご愛顧感謝価格です。安さ日本一かも。お早めにご来店いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

セカンドフラッシュダージリン2016

7月に大阪ムジカティーさんから入荷しました2種類のセカンドフラッシュダージリンの感想です。
Sfd2016写真右のタルボ茶園産は、水色(すいしょく)が明るくストレート向け。もう一方の写真左シンゲル茶園産はしっかりとしたボディがあり、ティーポット向け紅茶です。ファーストを「1」、セカンドを「2」と仮定すると、タルボ茶園は「1.5」、シンゲル茶園は「2.2」といったところでしょうか・・。どちらも個性的で優劣はつけがたいです。シンゲル茶園産は、残りわずかとなりました。ご購入予定のお客様はお早めに・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月17日 (日)

ダージリン新茶入荷しました。

Ffd2016nam_2大阪ムジカティーさんから、2種類。グームティー茶園とナムリンアッパー茶園。茶葉販売は各50グラム1080円です。店内カップティー各400円。ストレートティー向けですが、ティーポットでご希望のお客様は500円です。
店内飲み比べセット・・それぞれカップでご提供します。同時に比べて飲むと、2つの茶園の香りの違いがよくわかります、750円。おすすめです。
グームティー茶園は、標準的なダージリンの新茶の香りです。もう一方のナムリンアッパー茶園は、これまでに経験したことのないラベンダーの香りがします。茶葉も、産毛が多くふわふわしていて個性的です。ぜひおためしください・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月28日 (月)

輸入雑貨店ジュピターのニルギリ紅茶

Nさんから耳寄りな情報をいただきました。
広島シャレオ地下街の輸入雑貨店ジュピターのニルギリ紅茶が美味しいそうです。
さっそく買ってみました。
Cannonnilgirisニルギリ紅茶270グラム入り。本体価格1525円。
大きな葉(オレンジペコ)なので、ティーポットで蒸らしました。
少し長めの5分くらいで1杯目。あまり渋味もなく、紅茶初心者でも飲みやすいです。ストレートで美味しくいただけます。30分経過時の2杯目はコクがあり、ミルクティーで美味しくいただけます。
ムジカティーさんのニルギリ紅茶のオレンジペコは、取り扱いが終了したそうです。一部のお客様にしかお知らせしていませんでしたが、自店の温かいニルギリ紅茶のティーポットのご注文には、ムジカティーさんのオレンジペコを使っていました。ちょうど在庫がなくなりましたので、次回からジュピターさんの茶葉を使用します。カップティーと、アイスティーには従来通り、ムジカティーさんのブロークンタイプ(BOP)を使用します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

栃餅の作り方

民俗学者の宮本常一さんの著書「宮本常一著作集23」の141ページに、栃餅の作り方が掲載されています。1976年10月初版 未来社発行、副題は「中国山地民俗採訪録」。
取材日は昭和14年11月29日。場所は、広島県山県郡戸河内町本横川、今の安芸太田町。広島島根の県境、恐羅漢スキー場のふもとで、上田九平さんからの伝聞。恐羅漢スキー場は、地元広島で最も急峻な上級者向けスキー場で、私が学生時代に5年間合宿を行ったホームゲレンデです。戦前の中国山地の暮らしぶりを調べようと図書館で借りた本に、偶然に栃餅の記述を発見しました。
古来、栃の実は、田畑の耕作に不向きな山村の貴重な山の幸として、収穫した実を手間暇かけてアク抜きし、お米と物々交換したり、もち米に混ぜて量を増やしたりして使用しました。現代では観光地のお土産品として販売されていますが、簡単にアク抜きはでませんし、味も好んで食べる様な美味しいものではありません。そのことを十分にご承知の上、ご興味のある方はアク抜きにTRYしていただきたいと思います。
以下、文章を箇条書きにして作り方を記載します。
1.栃の実を桶に入れ、川に漬ける。3日から4日。虫を殺す。
2.天日で3日位乾す。
3.囲炉裏の上の天井の竹の簀(す)の子に並べ、乾す。(囲炉裏の熱で乾燥させる。)
4.食べようと思うときに栃の実を下ろし、桶に5升量って入れ、熱い湯をかける。
5.夜、ヘシというもので剥く。
6.翌朝、すすいで鍋で温めて槌で石の上で叩いて平たくする。
7.栃5升なら、囲炉裏の灰5升をとり、カンカン桶(石油缶)の底に穴をあけたものに籾殻、灰を入れ、水を注いで灰汁をとり、灰汁の中に栃の実を1日漬けておく。
8.汁を捨て(缶ごと)川へ漬けて三日位さらす。これで初めて苦みが去る。
9.先の灰のかすを捨てないで湯にかけると、また灰汁が出る。その汁に、苦みのなくなった栃の実をいれると栃はやわらかくなる。それで上げてまた洗い、もち米をいれて蒸し、餅につく。
10.栃は1升で生で100個、かれた(囲炉裏の上で乾燥させた)ので150個ある。5升の実をむくのに2時間かかる。栃餅を食べると米が大変助かるので、もとは何俵というほど拾って貯えておいたものである。

工程5.のヘシ・・2枚の木板で栃の実を挟み、てこの原理で皮をむくこんな道具。
工程7.のカンカン桶の記述について・・
石油缶(=灯油の一斗缶)の底に、水が通るような小さな穴を開けた入れ物。籾殻は穴をふさぐ意味でしょう。一晩漬けた後、灰汁を別な容器とっておき、栃の実だけ入れた缶を川の流れに漬けて3日間放置。水の流れで栃の実を洗うようにしてあく抜きをしますが、水流で壊れないような頑丈な入れ物が必要だという意味と考えられます。

自店BLOGの関連記事です。ご参考までに・・
栃の実のあく抜き実験野本寛一氏の本「栃と餅」のご紹介

9月16日追記・・
「中国山地(上)」(中国新聞社編 1967年11月初版 未来社発行)の冒頭部分の写真。広島県芸北町八幡(今の北広島町)の飢饉に備え、屋根裏につるした俵。アワ、大豆、そば、モミ、ヒエなど。乾燥させた栃の実も、将来の飢饉に備え、山村では備蓄していたようです。八幡樽床地区の伝聞は、宮本常一氏の本文中にも登場します。ご参考までに・・

Tawara

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月23日 (火)

包丁を砥ぎましょう

最近、レモンを切ることが多いです。レモンの皮は、結構固いです・・
産経新聞に、包丁の砥ぎ方が掲載されていました。
良い料理は、よい包丁から。
わかりやすい内容でしたので、ぜひご自宅でもTRYされてみてください。
画像クリックで拡大します。
まずは砥石を調達・・・かな?
記事・・http://www.sankei.com/life/news/150430/lif1504300013-n2.html
解説図・・
Houtyoutogi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧