« 10月のおすすめ紅茶「ジュピターのダージリン」350円 | トップページ | 紅茶の日 »

2015年10月10日 (土)

TPP交渉の合意内容を受けて

今朝の新聞に、TPP交渉の主要農産物の関税の合意内容が掲載されていました。あらゆるものに関税がかかっているんだなぁという印象ですが、多少値段が下がっても、あまり国内農産物に影響はないのではと思います。オレンジの値段が下がっても、温州ミカンの消費者が、オレンジを購入するとは思えません。また、ニュージーランド産のリンゴも、津軽やフジの甘さには及びません。青果市場勤務のころ、新しい物好きの社長さんがアメリカ産スイカを輸入したことがあります。テレビ取材も受けましたが、味が今一歩。珍しさもあって売れたのは最初だけで、継続販売には至りませんでした。やっぱり日本人の好みに合った味でないと・・値段だけではありません。
期待できそうなのは、TPP参加国マレーシア産の紅茶が多少安くなりそうなことと、関税即刻撤廃のチリ産ブドウが安くなりそうなこと。「リビエラ」という黒いブドウはおいしかった記憶があります。同時に、マスカットフレーバーの「バラディ」も入ってくれるといいのですが・・、ちょっと期待しましょう。

|

« 10月のおすすめ紅茶「ジュピターのダージリン」350円 | トップページ | 紅茶の日 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 おっしゃる通り、果物の小売店での趨勢はあまり変化がないような気がしますね。報道を見ているとチーズやワイン、牛肉には影響が出てきそうですが。あ、レアもの扱いでムダに高かったオーストラリアのコーヒーが値段相応になるかも。

 果物でも、工業製品の原材料や大手食品チェーン(ファミレスなど)の食材として話が変わってくる可能性もありますね。そうなると、産業全体として見れば予想外の動きが出てくるかもしれません。

 他の分野も含めて、これからどうなるのか少々心配ではあります。

投稿: Yosh | 2015年10月11日 (日) 07時06分

Yoshさん、いつもコメントありがとうございます。フルーツジュースは、すでに安価な輸入ものが普及していますので、外国産同士の競争になりそうです。お米についていえば、飲食店での提供が広く浸透する可能性があります。カリフォルニア米って結構おいしいです。

投稿: 10時3時の店長 | 2015年10月11日 (日) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/62448765

この記事へのトラックバック一覧です: TPP交渉の合意内容を受けて:

« 10月のおすすめ紅茶「ジュピターのダージリン」350円 | トップページ | 紅茶の日 »