« 30%余りの子供が味覚認識できず | トップページ | 11月の月間おすすめ紅茶 »

2014年10月30日 (木)

セカンドポット

11月1日は紅茶の日です。
10月30日付産経新聞・・「1ランク上の紅茶をたのしむ
掲載写真を拝見しますと、ティーポットで紅茶を作った後、茶漉しで茶葉を取り除きながら、別のサーバーに移しています。巷では、この2つ目のティーサーバーを「セカンドポット」と言うそうです。茶葉を除くことで、濃くならないようにという配慮。
大阪ムジカティー製の紅茶を除き、殆んどのフレーバーティーは、濃い紅茶を飲むようには製造されていません。人工香料は揮発性ですし、茶葉は赤い水色(すいしょく)を出すための脇役としか見られていません。品質の低いものを使っているので、濃く抽出してもミルクティーに合う美味しいコクのある紅茶になりません。
ティーポットを2個使用する方法は、職を持つ忙しい現代人には、あまりふさわしい淹れ方だとは思えませんね。壊れやすい食器の数が増えると、ますます紅茶を飲まなくなります。食文化の継承も、高級なイメージを重視する紅茶関連産業では重要でしょうが、従来通りのポットでの紅茶の淹れ方は、そろそろ見直される時期ではないでしょうか。

コーヒー豆高騰をうけ、コーヒーチェーン店プロントは、新しい紅茶メニューを追加するそうです。砂時計がトレイに載っていますが、詳細不明です。新メニューは11月10日開始だそうです。お手並み拝見。少量の紅茶を美味しく淹れる方法は、すでに確立されているんですけどね。あまりおしゃれじゃないけど・・。

|

« 30%余りの子供が味覚認識できず | トップページ | 11月の月間おすすめ紅茶 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/60567996

この記事へのトラックバック一覧です: セカンドポット:

« 30%余りの子供が味覚認識できず | トップページ | 11月の月間おすすめ紅茶 »