« 9月の月間ご奉仕品は「ニルギリ紅茶」です | トップページ | 生プルーンを使ったフランス家庭菓子「ファーブルトン」 »

2014年9月 2日 (火)

パッションフルーツのジャム

9月に入り、色々なフルーツが出始めたようです。ご近所のスーパーでは、今日は津軽りんごの特売。その隣の売り場にはいちじく、新物の信州のきおう、シナノレッドのりんご。八百屋には栗が並び、早生品種の西洋梨も。しかしながら、完熟には程遠いようです。売り場には、フルーツの香りが全くありません。日照時間が足らないのでしょうか。残念・・・。

Passionfuruit 気分を変えて、掘り出し物のパッションフルーツを買ってみました。宮崎産。初めて買います。大きさは、卵より1周り大きな丸い形。1個当たり約60グラム。表面は茶色いですが、縦半分に割ると、黒い種と黄色いフルーツソースが入っています。ソースと種は合計で約25グラム。フルーツソースの味は甘酸っぱいパイナップルのよう。種も食べることができ、プチプチして楽しい食感です。最高気温が30度近くある蒸し暑い日には、酸味のあるトロピカルフルーツがよくあいます。
パッションフルーツのジャムは、種を除かずに作りました。ソースの中の繊維分が気になるようでしたら、つまようじなどで取るとよいでしょう。
種とソースを合わせた重さ(2個で約50グラム)の半分の量のお砂糖(25グラム)を混ぜ、耐熱容器に入れ、電子レンジにかけました。レンジ強(600W)で2分。その後レンジ弱で数分。冷めると固まるので、少しゆるい程度で終了します。
ひと目見ただけでは、一体何のジャムかわからないでしょうね。
簡単にできますので、残暑の厳しい折、ご自宅でいかがでしょうか。

|

« 9月の月間ご奉仕品は「ニルギリ紅茶」です | トップページ | 生プルーンを使ったフランス家庭菓子「ファーブルトン」 »

手作りジャムの作り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/60249957

この記事へのトラックバック一覧です: パッションフルーツのジャム:

« 9月の月間ご奉仕品は「ニルギリ紅茶」です | トップページ | 生プルーンを使ったフランス家庭菓子「ファーブルトン」 »