« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月25日 (金)

「ベトナム産樺太ししゃも」って何?

昨晩のNHKニュース・・「ベトナム産樺太ししゃも」に殺鼠剤混入。
聞いただけではわかりません。ベトナムでししゃもは獲れないと思いますが・・。

調べますと、「樺太ししゃも」は、「ししゃも」と違う安い代用品のお魚だそうです。詳しい内容を知りたい人は、各自で検索されてみてください。
朝日系のニュースで、お魚の輸入経路がわかりました・・「アイスランド産「ししゃも」をベトナム業者が輸入・加工し、山口県の業者が輸入。」だそうです。でも「樺太」の表記が無い。ここでも混乱しているよう。ニュース原稿を書く担当者は、自分の原稿がなんかヘンだって気がつかないのか知らん?人間何を食べているのやら・・。
一昨日、安芸区の実家に帰り、母と「チキンナゲット」の話をしたばかり。母は食べたことが無いそうだ。「衣をつけて輸入すると、中は外見ではわからない。ガーリック風味などは臭いをごまかすため。お肉自体が美味しければ余分な味付けは必要ない。」と説明すると、母も納得したみたいです。「自分の家 で生の食材を調理するのが一番。農協の食べ物が美味しいのは出所がはっきりしているから。」と母。
今日、新聞の折り込みにマックの広告がはさんでありまし た。こんな時期に大手企業は、やることが大胆です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月24日 (木)

試作品「すもものケーキ」

梅雨が明け、桃が甘く美味しくなってきました。
今週も、ケーキの代わりに「桃のフルーツカット」をご注文されるお客様がちらほら。
桃の流通量が増えると、それまで販売されていました「すもも」の出番が減ってきます。毎年のことながら、ちょっと可哀想な「すもも」ちゃん・・。
お値段もお安くなりますので、今回は「すもも」を使ったケーキをお作りしました。
Soldumcake ドイツ、北欧風に板(PAN)いっぱいに並べてみました。大きな庭の樹々や果樹園では、特定の果物の品種が一時期に一斉に収穫されるので、大量に使おうとすると、こういう消費の仕方をしないと収穫量に追いつかないのでしょうね。
あっさりめのケーキのリクエストが多いので、上新粉シフォンの作り方で、すもも(ソルダム)のカットを並べてみました。

簡単に作り方を。
1.すもも5個を、皮と種を取ってスライスします。
2.ステンレスのPAN(30cmx20cm)に、薄くサラダ油を敷きます。
3.グラニュー糖100グラムと水50ccでカラメルを作り、2.に流します。
4.3.の上に、1.のすもものスライスを並べます。
5.卵黄3個とグラニュー糖30グラムをボウルに入れ、泡だて器でよく混ぜます。
6.5.に、水70ccを加え、よく混ぜます。
7.6.に、上新粉100グラムを数回に分けて入れ、よく混ぜます。
8.卵白3個とグラニュー糖60グラムでメレンゲを作り、7.に数回に分けて入れ、軽く混ぜ合わせます。
9.4.の上に、8.を流します。
10.オーブンを170度で予熱し、9.を50分焼きます。
11.焼きあがったら、上下をひっくり返して出来上がり。
(すももをオレンジ2個に、水をオレンジ果汁に代えると、上新粉シフォンレシピです。)

結果は写真のような感じ。すももに多少水分があっても、そのままのカットを使って大丈夫です。

Blackberry2014今日から、夏限定レアチーズもメニューに新たに追加。
昨日、実家に帰ってブラックベリーを手に入れましたので、
飾ってみました。
1ピース150円、あわせてご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

LEDライト

ここ数年、すっかりおなじみになりましたLEDライトを購入しました。
遅ればせながら、2種類の違うタイプをご紹介します。

Led 1.100V仕様の白熱電球タイプ(写真左)・・40W電球色、アルク店頭価格1080円。
従来の電球の代わりに。初期投資が高いので購入を躊躇してましたが、手持ちの白熱球の在庫がなくなったので試しに購入してみました。
40Wの表記ですが、手持ちの60W電球タイプの蛍光灯より明るいです。聞きなれない「全光束ルーメン」表示では、LEDが485ルーメン、蛍光灯は725ルーメンです。LEDが明るく感じられるのは、光が後方に行かない設計になっているから?
スイッチを入れるとすぐに明るくなりますので、階段、玄関先、浴室、天井の高いところなどには便利です。LED寿命は4万時間。24時間点灯しても約5年。自宅の階段などでは、一度取り付けると一生涯取り替えなくてもいいかもしれません。あと、熱くなりません。夏にエアコンをつける部屋でもおすすめです。
近年、道路の信号機がLEDタイプに変更しつつあります。電気代の節約に威力を発揮しているそうです。(各都道府県の電気使用量の約半分は、信号機だそうです。)但し冬に雪の多い県では、発熱量が少なく信号機に積もった雪が溶けない為、信号が雪で隠れて困るそうです。

2.ペンライトタイプ(写真右)・・白色LED1個、使用電池単三1個(別売)、1W、100ルーメン、ドンキ価格820円。
自転車の備え付け自家発電タイプのライトが、時折点灯しなくなるので購入。(雨のとき多発するので、たぶん接触不良によるものです。)
単三電池は手持ちのエネループを使用、フル充電の連続点灯で約4時間使えます。印象としては意外と早く消耗する感じです。LEDは電圧で点灯しますので、電流使用量というより電圧の低下が原因です。徐々に暗くなり、点滅し始めます。夜間走行中の自転車でLEDが点滅しているケースを多く見かけますが、電池を交換していないのが原因のようです。謎が1つ解決しました。街中での走行は真っ暗ではないので、ポジションランプ的な使い方なのでいいのですが、登山用のヘッドライトなど本当に明るさが必要な場合では、頻繁に電池交換が必要になるはずです。乾電池並列タイプ、またはエボルタなど高性能乾電池の使用をおすすめします。フルアルミボディー、防飛まつ仕様(IPX4)、完全防水ではありませんが、日常防水です。

ルーメンとか防ひまつ仕様(IPX4)など聴き慣れない言葉が増えました。ついていけないなぁ・・もうオジサンかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

試作品「すもも紅茶」

先週、ラジオで「自宅で作る、すもも紅茶」の紹介がありました。
「すももの皮を鍋で煮て、その煮汁で紅茶を作ると香りが良く美味しかったです。」と。
廃物利用のようですが、美味しくできるかどうか・・早速やってみました。
今回使用したのはソルダムですが、ソルダムは見分けが難しいので、サンタローザや、大石早生などの甘いすもものほうが、買いやすく簡単で良いと思います。
過去BLOG・・・ソルダムの見分け方
http://tearoom1003.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_18d0.html

(作り方)
鍋に水250cc位とすももの皮を半分程度いれ、中火で煮ます。鍋で煮る時間は長いと酸味が強く出ます。1分くらいでOK。火を止めてニルギリ紅茶3グラムを投入(無ければティーバッグ1個をそのまま投入します)。3分経過後、茶漉しでこしてティーカップに注いだら出来上がりです。
感想・・酸味が多少ありますので、ハイビスカスの花を入れた紅茶のような感じです。牛乳は入れないほうがいいですね、ビタミンCの補給に良さそうです。とりあえずフレーバーティーよりは健全。

Soldum2014 ティーポットバージョンも作りました。こちらは、皮ではなく実の部分を使用しました。ティーポットに、すもも半分程度をそいでいれ、ニルギリ紅茶4.5グラムを合わせました。当たり前ですが、皮を使ったものよりもフルーティーで美味しかったです。2杯目は酸味が強いのでおすすめできません。3分でポットの中の紅茶を全部出し切るのがいいでしょう。
すもも紅茶は、今しかできません。甘いすももが手に入ったら、是非ご自宅でいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

7月の月間ご奉仕品は「ローズフレ-バー紅茶」です

7月の月間ご奉仕品は「ローズフレ-バー紅茶」です。カップティー300円。
アイスティーにしても美味しくいただけます。
ご希望のお客様はお申し付けください。400円です。

毎年恒例の無添加アイスクリームを、
先週末からはじめています。
完熟フルーツつきで250円です。
エルニーニョ現象の影響で、冷夏の予報でしたが、先週の3ヶ月予報で「平年並みの暑さ」に修正されたようです。暑すぎるのも困りますが、ほどほどに暑くないと、果物も甘く美味しくはなりません。6月末から桃が出始めていますが、香りが無くあまり甘くはありませんね。平年並みの暑さに期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »