« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月29日 (木)

メイトー「ブラジルプリン」

このところ、ワールドカップサッカーのニュースが連日報道されています。

Brazil2014 写真は、ローソンで見かけました今週の新商品、
「ブラジルプリン・れん乳カスタード」
メイトー社製、お値段108円。
内容量も108グラム。
お味は、普通のプリンでした・・。
プリン以外にも、
ブラジル関連商品、たくさん発売されています。
どこの会社も、考えることは同じですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

運動会特等席

今週末は、お隣の小学校の運動会です。
自店の大きな窓からは、グラウンドが一望できます。
平日の放課後、クラブ活動(サッカー、ソフトボール)などの練習風景を見つつ、話に花を咲かせるお客様も多くいらっしゃいます。
Layout ご要望がありましたら、テーブルの配置換えも、随時。
ご希望のお客様は、店長まで。(土日の夕方を除く。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

おすすめの本「アフリカの「小さな国」」

サッカーのワールドカップブラジル大会まであと1ヶ月です。
昨年の6月に試験的にお作りしたブラジル練乳プリンが好評で、欠品することなく丸1年。すっかり定番メニューになりました。お客様の未知なる食べ物への欲求はすばらしいです。日本の予選対戦相手は、コロンビア、ギリシャ、コートジボワール。コロンビアは、お馴染みなのはコーヒーですね。自店でお出ししているブラジルコーヒーに近い味で、少し強めでエネルギッシュな情熱的なコーヒー。昔(今もあるのか?)サンタマルタっていうサンマさんがCMをやっていた缶コーヒーがありましたが、とても美味しくコロンビア豆の特徴の良く出ている缶コーヒーでした。ギリシャは、オリーブオイルを使った地中海料理が有名。そこで今回は、コートジボワールのお菓子が出来ないかなぁと、日曜日に図書館で調べてきました。
Cotedivoire 表題の本は、大林公子著 2002年3月初版 集英社発行。
副題「コートジボワールで暮らした12ヵ月」。著者が現地で1年間暮らした経験談です。衣食住から治安、文化、医療、交通事情など、暮らしてみないとわからない貴重な現地情報満載。コートジボワールは、ギニア湾沿岸国でガーナの西隣。湾岸諸国の中で最も資本主義の発展している国だそうで、元フランス領。実質の首都アビジャンの人口は約250万人。写真を見ると、広島より大都会です。

食べ物情報
(主食)
アチェケ・・キャッサバの粉をふかしたもの。
フゥトゥ・・キャッサバとバナナプランタン(加熱加工用)を、茹でて臼でついてお餅状にしたもの。
フゥフゥ・・バナナプランタン、またはヤムイモを茹でてついたもの。
アロコ・・バナナをスライスして油で揚げたもの。トマトソースなどをかけて。
トマト、アフリカナス、オクラ、ピーマン、パーム椰子の実など、ソースだけでも10種類以上紹介されています。
(その他料理)
ブレゼ(魚や鶏肉の丸ごと炭火焼)
エビ、カニ、カタツムリ、アグチ(野ねずみ)など。
(果物)
マンゴ、パパイヤ、マンゴスチン、パイナップルなどトロピカルフルーツが豊富なので、デザート類としては生のフルーツを食べるようです。ジュースとして、パッションフルーツジュース、ビサップ(乾燥ハイビスカスとミントと砂糖を混ぜて煮立てたものを冷やす)、ニャマク(生姜)ジュースなど。

コートジボワールは、漠然とした国の名前と、カカオの産地という程度しか知りませんでしたので、良い勉強になりました。ミントやカタツムリが登場するあたりがフランスっぽいですね。加工用バナナは手に入らないので、残念ながらお店でのスイーツ作成は、無しということで・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

豆乳紅茶

先月、クッキングスクールでコーヒーの授業をしていて、ふと思いました。
ソイラテという、ミルクの代わりに豆乳を使用したコーヒー飲料を説明していて、
「ソイは大豆、ラテはミルクだからソイラテって豆乳そのもの。コーヒーの意味が言葉の中に存在しないのでは?」と。
まぁ、どちらでも良い話ですが、コーヒーがあるなら紅茶も・・という訳で、豆乳紅茶を作ってみました。豆乳をアイスティーに入れて出来上がり。無調整の豆乳は、あまりお味が好きではないので、今回使用したのは調整豆乳。(写真中央)。
Soytea 感想・・甘いです。お砂糖飲料。
牛乳がダメな人にとっては、代替品としていいと思います。自店のお客様の中にも、これまで数名いらっしゃいました。「生クリーム(乳製品)も、代替品として豆乳を使った製品があります。」と、お聞きしています。ご近所のスーパーユアーズさんでも販売していました。(いまだ試してはいません。)豆乳メーカーさんも一時期だけ豆乳紅茶を販売していたと記憶していますが、いつも短命に終わるようです。豆乳コーヒーは、現在も何とか存続していますが、同様に甘いと思うので、アレルギー対策云々と言うよりは、どちらかといえば「ファッション」の世界ですね。イソフラボン・・。午後の○○や、リ○トンの紙パックの紅茶飲料を飲んで、本人は紅茶を飲んでいるつもりなんだけれども、でも実際には、紅茶に程遠く、甘い飲み物でした・・みたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

試作品「ポテトパンケーキ」

5月4日(日曜日)の産経新聞のお料理コーナーは、「ポテトパンケーキ」でした。
ゴールデンウィークで家族みんなで・・だそうで、GW明けの昨日、試作してみました。

Pancake2014(作り方)
1.薄力粉100グラム、ベーキングパウダー小さじ1とお砂糖大さじ1をふるい、卵1個と牛乳100ccで生地を作ります。
2.ジャガイモ2個の皮をむき、おろし金で生のまますりおろし、1.に加えて混ぜます。ジャガイモの水分も一緒に。(澱粉質なので加熱すると固まる作用があります。重要です。)
3、フライパンにオリーブオイルを薄くひき、生地を直径10cm位に広げて焼きます。
4.生地の縁が乾燥してきたらひっくり返して、両面ともおいしそうな焼き色がつけば出来上がり。ジャガイモは大き目(150グラム位)1個を使用しました、上記分量で10枚くらい作れます。
結果は写真のような感じ。あまり膨らみませんでしたがホットケーキじゃないので・・。お砂糖を減らして甘さを控え目に作ると、お食事用パンケーキ、ハチミツやメープルシロップをかけるとデザート風になります。冷めても美味しいそうで、お出かけ時に持っていってもOKです。
ポテトパンケーキは、アイルランド風ということで加熱したジャガイモをマッシュして作ったことがあります。そのときは、バターやチーズを入れ、塩コショウでしっかり味付けしたので、お酒のおつまみ風になりました。今回は、分量通りにすると、子供のおやつにもってこいです。加熱せずに、生のまますりおろして生地に入れ込むので簡単。材料も自宅のあり合わせの食材でできます。ホットプレートを使って休日のひと時に、是非ご自宅でいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

ゴールデンウィークは通常営業です

ゴールデンウィークの営業予定です。

5月3日(土)から6日(火)は、朝10時から通常営業の予定です。

毎年のことですが、5月3日から5日にかけては、
すぐ近くで広島フラワーフェスティバルというお祭りがあります。
お昼から夕方までは、大変混雑します。
1年のなかで、1番忙しいです。
お時間には余裕を持ってお越しくださいませ。

5月1日から5月9日まで、キッシュランチお休みします。誠に申し訳ありません。

体の調子が良くないときは、
ひょっとすると夕方7時とかに早めにお店を閉めるかもしれません。
夕方以降にご来店のご予定がありましたら、
お早めにメール、またはお電話でお知らせいただけたらと思います。
(特に遠方からのご来店のお客様は、よろしくお願い申し上げます。)
たぶん夜10時まで大丈夫とは思います。めったとありませんが、念のため。
皆様のご来店を、心よりお待ちしています。

PS・・5月の月間ご奉仕品は、ロイヤルミルクティー 通常400円を350円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »