« 2月のおすすめ紅茶は「ロシアンティー」350円 | トップページ | 天然の原子炉 »

2014年2月 5日 (水)

画期的な小説の書き方

先週、「無限の話」(2006年初版 青土社)というイギリスの宇宙物理学者J・D・バロウ氏の本を読みました。サイエンスライターでもあるので、宇宙と数学のお話を一般人にわかりやすく解説しています。最終章にちょっと面白いお話がありました。
猿にタイプライターを持たせて、キーを打たせると、殆んどはでたらめの単語になりますが、「わずかな確率で意味をなす文章が偶然に発生し、無限の時間をかけるとシェイクスピアの本が出来るだろう・・」というのです。殆んど確率ゼロの世界ですが、ゼロではありません。
ここで、昔の数学の問題を思い出しました。
俳句の17文字を「あああああ・・・」からはじめて「ああああい・・」「ああああう・・・」と続けて、「んんんんん・・」まで終わらせるには、何時間(何万年)かかるかという問題。50音の17乗のパターンで1秒ごとに1句を作ると、50の17乗秒となります。この中には「かきくえば(柿食えば・・)」も「ふるいけや(古池や・・)」も必ずでてきます。数万年後、全てを終了したら俳句会は消滅しますが・・。

よく作家の方のお話しのなかで、登場人物が勝手に1人歩きをしてお話が思わぬ方向に展開していくということを耳にします。
そこで、こんなご提案を。
「冒頭の数文字をパソコンを使って、ランダムにプリントアウトさせ、これぞ名文という数文字が発生したら、そこから小説を書き始める。」

プリントアウトした文字列は、殆んど意味をなさないでしょうが、まれに普通の頭脳では思いつかない奇想天外な名文が出てくることも否定できません。中には「わがはいは(我輩は)」も「とんねるを(トンネルを)」も出てくるでしょう。冒頭の数行が良い文章が書けたら、後はすらすらと次の文章が出てくるのではないでしょうか。

PS・・2月20日
スティーブン・ホーキング氏の著書「ホーキング、宇宙を語る」(早川書房)にも、猿とタイプライターの話が同じように出てきました。どちらが初出なのか、それともイギリスでは周知の有名な話なのか、定かではありません。

|

« 2月のおすすめ紅茶は「ロシアンティー」350円 | トップページ | 天然の原子炉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 サルとタイプライターの話は"Infinite monkey theorem"(無限のサル定理)と言って、昔からよく引き合いに出される話ですね。「定理」といっても数学的に深い意味があるわけではなく、どちらかというと慣用表現のイメージです。

 せっかくなので調べてみましたところ、遅くとも1930年代には言われていたそうです。さかのぼるとタイプライターが生まれるはるか昔、ギリシャでアリストテレスがそれに近いことを言ってもいるようです。

投稿: Yosh | 2014年2月21日 (金) 01時58分

Yoshさん、いつもコメントありがとうございます。博識ですね、勉強になりました。ありがとうございます。

投稿: 10時3時の店長 | 2014年2月21日 (金) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/59044099

この記事へのトラックバック一覧です: 画期的な小説の書き方:

« 2月のおすすめ紅茶は「ロシアンティー」350円 | トップページ | 天然の原子炉 »