« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

今年のおすすめの本

今年も残りわずかとなりました。
中央図書館から借りた本から、新旧あわせて7冊をご紹介します。
1.「神の汚れた手」曽野綾子著 朝日新聞社ほか多数
  昭和54年朝日新聞の連載小説。神奈川県の産婦人科医を主人公に、日本での中絶手術の現状について考える。同時に、著者のカトリック教徒の視点から人工授精や養子縁組なども織り交ぜながら話が進みます。自然分娩で生まれることが如何にまれな貴重なことか、命の尊さについて考えさせられます。
2.写真集「蒸気機関車百景」藤田弘基著平凡社発行 2013年2月初版
  藤田氏は山岳写真で有名です。今回の写真集は、昭和の時代に藤田氏が撮影したポジをデジタルリメイクした復刻版です。映画のリメイクはよく話題に上りますが、写真集の世界もリメイク版で鮮明な画像が見れるようです。全国各地、四季折々、見ていて飽きません。数年前のNHKラジオ深夜便で蒸気機関車の運転士のお話がありました。運転士は、一見カッコよさそうな職業ですが蒸気機関車を走らせるのはとても過酷な作業だったそうです。急坂での苦労や、戦後の石炭の質が悪かった話。長いトンネルなどでは酸欠で呼吸困難になり、運転士が死亡するなど・・。「電気機関車に変わり、職場環境が格段によくなりました。」とお話されていました。
3.「栃と餅」野本寛一著 岩波書店 2005年6月初版 (2013年9月のBLOGに掲載済みです)
  副題「食の民俗構造を探る」。著者は、近畿大名誉教授、柳田國男記念伊那民俗学研究所の前所長。縄文時代以降、日本人が何を食べてきたのかを、丹念に現地調査。全文が、全国津々浦々、明治大正昭和を生きた現存する皆様からの聞き取り調査とその考察です。例えば沖縄県や長崎県の離島、宮崎県椎葉村、長野県伊那地方など。広島県で言えば旧比婆郡東城町など。訪問先は観光地ではありませんので、移動だけで丸1日ってこともあるでしょう。休みのない小旅行の連続だったことと思います。いかにして年間を通じ食料を確保し、日本人が何を食べて今日まで生き抜いてきたのか。題名の「栃」に限らず、これまで聞いたことのない植物のあく抜き法や動物や昆虫の食べかた、年間の動植物の旬が記載されています。知恵の宝庫。特に冒頭の「日本のおもてなし」の心は、一読の価値があります。本の内容は、日本全国の山村では数十年前ではあたりまえにあった行事や農作業ですが、「いま記録しておかねば正に絶滅寸前」のお話ばかりです。中央図書館からお借りした本ですが、「食文化」のジャンルなのであまり人目につきません。願わくば「料理コーナー」に。多くの若い人の目に触れることを希望します。
4.「自然災害と民俗」野本寛一著 森話社 2013年3月初版
 前述の著書と同様、小旅行での聞き取り調査(フィールドワーク)から、日本人が自然災害に如何に向き合って暮らしていたかをまとめた本です。地震、津波をはじめ火山噴火、台風、洪水、雪など、民話、口頭伝承で今に伝わる(消えてなくなりそうな)貴重なお話ばかり。自然の猛威と向き合う姿勢や国土利用のあり方を検討するべきです。
例1.「波切」「浪分」など地名、神社名はかつての津波でその地点まで押し寄せていたことを意味します。例2.根雪の上に積もった新雪(ワカユキ)の上を横断する時は、(すばやくカンジキを脱げるように)カンジキのかかと紐の部分を結んではいけない。青森のマタギの口頭伝承。人間は遠い過去の災害は忘れてしまう生き物らしいです。温故知新。
5.「地球のごはん」ピーターメンツェル・フェイスダルージオ共著 TOTO出版 2012年3月初版
  副題「世界30カ国80人の”いただきます!”」。地球家族シリーズの4作目。世界中の人たちの営みを、写真と取材記事で読者に届け、あるがままを感じてもらう企画。第3作は、世界24カ国の家族の1週間分の食事内容でした。今回は、様々な職業に携わる80人の1日の食事内容を取材。宇宙飛行士から路上生活者まで。マサイ族の牛追い(1日800Kcal)に始まり、間食の多い母親(1日12300Kcal)まで。地球家族の各シリーズは1冊3000円前後なので、一家に一冊とはいえませんが、皆様には是非とも1回は見ていただきたい本です。世界30カ国の家具と生活内容を取材した第1作は、お店に常備しています。誰も見ませんが・・。
6.「津軽の野づら」深田久弥著 大活字本・埼玉福祉会 1997年
 深田久弥氏は有名な日本百名山の著者。山関連の本しかないと思ったら、本書は昭和10年発表の小説です。実際には、当時お付き合いされていた北畠八穂さんの作品を氏の名前で発表しているようです。本の内容は、戦前の青森に暮らす女性の成長のお話。漢字の使い方や送り仮名、青森弁など、慣れないと読みにくい点もありますが、今にないのんびりとした作風でハッピーエンド。読後にホッコリ感が残ります。新潮文庫で版を重ねていたようですが、今は中古品をネットで手に入れるしかないようです。北畠八穂さんは、氏と別れた後、児童文学の分野でご活躍されました。代表作、ちょっと悲しいお話「鬼を飼うゴロ」ちょっと楽しいいたずらっ子のお話「ジロウ・ブーチン日記」いずれも角川文庫。それぞれの物語に出てくる田舎の山の一軒家は、八穂さんの祖母の実家がモデルのようです。
7.「起業はGO IT ALONE」ブルースジャドソン著 細谷功監修 亜紀書房 2013年9月初版
  副題は「最小投資・最小人員で大きく成功する方法」。ネット社会で起業を志す人に是非。ポイントは事業の絞り込みと、究極のアウトソーシング(外注)。著者自らが起業人であり説得力があります。世間での起業にまつわる一般常識は、全く参考になりません。アメリカの企業名がたくさん登場しますが、あまり気にせずに。要点だけお読みいただけたら、今の日本でも、また実店舗での起業でも十分に参考になります。皆様の新規事業の参入をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土)

年末年始のお知らせ

本年も数多くのお客様にご来店いただきまして、誠にありがとうございました。
来る2014年も、変わらぬご愛顧のほどをよろしくお願い申し上げます。

10時3時のお休みの予定ですが・・・
12月30日(月)は所用のためお昼12時から営業の予定です。
31日(火)は夜10時まで。
年始は1月1日はお休み、2日の朝10時から通常営業です。

毎年恒例ですが、年明け先着100名さまには、お年玉のプレゼントがあります。
1月2~5日の4日間、お昼から夕方の時間は、大変忙しくなることが予想されます。
お時間には余裕を持ってお越しくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お昼のキッシュランチは、来年1月10日あたりまでお休みします。ご了承ください。

それでは皆様良いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

広島のガイドブック「広島本」本日発売です

広島の魅力満載のガイドブック「広島本」。
本日発売です。
カラー120ページのA4サイズ。発行は東京都世田谷区のエイ出版社。
定価850円+税、書店、セブンイレブン、ローソンなどのコンビニで。

自店も30ページの中ほどに掲載されています。
紅茶の美味しいお店ということで、タルトタタン、シフォンケーキなどとあわせて紹介されています。そのほかのお店では、同じ広テレプラザビル1階の独楽(どくらく)さん、ケーキのムッシムパネンさん、流川の天津さんなど。短期間の東京からの出張取材にもかかわらず、内容は地元広島人も知らないことが多いです。歴史、観光、グルメ・・、取材範囲も宮島、尾道、西条など広範囲で驚きの内容です。地元住人ではないから、かえって広島の良さが発見できたりするのかもしれませんね。
取材スタッフの皆様、ありがとうございました。

これで全国紙レベルの自店掲載は、JTBのガイドブックとあわせて2冊になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

オータムナルダージリン2013

ムジカティーさんから、秋摘みダージリンが入荷しました。
キャッスルトン茶園産。40グラム入り960円、250グラム入り5040円です。
特に申し上げることはございません。100点!
コメントは、省略します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

試作品 早生みかんのマーマレード

「夏みかんやゆずでマーマレードは作ったことがありますが、伊予柑ではどうやって作るのですか?」 先日ご来店されたお客様からのご質問です。
「ジャムは保存食ですから、水分を蒸発させればOKです。作り方は同じですよ。」とお答えしました。あまり難しいことを考えない方がいいです。
12月中旬だと、伊予柑はまだ市場に出ていませんが、美味しい早生みかんは手に入ります。これまで温州みかんでマーマレードをお作りしたことはありませんでした。温州みかんは広島ではありふれていて、皮はお風呂に浮かべることはあっても皮そのものを食べようなんて思いつきません。今回は、味に定評のある瀬戸田町高根島の温州みかんでマーマレードをお作りしてみました。

(材料)みかん 大2個(320グラム)
お砂糖100グラム(みかんの重さの30%程度)
(作り方)1.みかんは、皮は良く洗いできる限り薄くスライスし、実は果汁を搾ります。
2.耐熱容器(または丼鉢)に、1.とお砂糖全量を入れ、電子レンジで加熱します。レンジ強(600W)で6分。一度取り出し、あくをすくいます。
3.2.をレンジ弱(200W)で10分くらい加熱します。果汁の量で水分の蒸発時間が違いますので、時々レンジから取り出し、様子を見てかき混ぜてみてください。水分がほぼ蒸発し、粘性が出てきたら早めに終了します。

Mikanjam 出来上がりは写真のような感じ。出来上がり量150グラムでした。お味は、激あま!お砂糖の量は控えめに30%にしたのですが、それでも予想以上に甘い仕上がりに。20%位から始めてもいいかもしれません。皆様も是非ご自宅でお試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

今年のご愛顧感謝セールは「スコーン200円」

おかげさまで、10時3時は12月12日に開店18周年を迎えます。

例年ですと、「紅茶各種をカップで200円」を約1週間やっていますが、
月間ご奉仕品300円紅茶を、今夏から実施していますので、
今年はちょっと変更。
実は先週から既に行っているのですが、
お客様ご愛顧感謝セールとしまして、
12月のまるまる1ヶ月間、
手作りスコーン2個(通常価格300円)を200円でご奉仕、
1個でも、100円でご奉仕させていただきます。
こうすると月間紅茶(ケニヤ)300円とスコーンで合計500円。
昨年と同じ価格になります。

スコーンを200円でご提供させていただくのは、実は開店した日の最初の1週間以来です。手間ひまかかるので、18年ぶりの200円セールです。期間も1ヶ月と長くしました。頻繁にご来店いただけないお客様にも、ご奉仕価格お召し上がりいただけるようにしました。

皆様のご来店を心よりお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

試作品「国産早生みかんのシフォンケーキ」

ミネオラオレンジのシフォンを春にお作りしたときに、「国産みかんを使うのでしたら、11月下旬の早生みかんだったら最適」と書いた記憶があります。
ちょうど、Yさんから瀬戸田町高根島の美味しいみかんをいただきましたので、試作しました。小さいサイズでしたので、果汁絞りに1個、表面飾り用に輪切り2個を使用しました。粉は上新粉を使用し、アレルギー対策仕上げに。小麦粉、牛乳、バター不使用ケーキです。簡単に作り方を。

国産早生みかんのシフォンケーキのレシピ(直径18cm金型1台分)
(材料)グラニュー糖50グラムと水25cc(カラメル用)
国産早生みかん  小3個
上新粉      100グラム
卵黄3個とグラニュー糖20グラム
卵白3個とグラニュー糖80グラム(メレンゲ用)
(作り方)1.ケーキ型の底に薄くサラダ油を塗り、側面にオーブンペーパーをセットしておきます。みかんは、1個は果汁を搾り(70cc)、もう2個は皮をむき、実を5mm程度に輪切りにスライスします。よく切れる包丁を使いましょう。上新粉はふるっておきます。
2.カラメルを作ります。手鍋にグラニュー糖と水を入れ中火にかけます。泡の大きさが変わって、シロップの色が薄茶色になったら加熱終了。新聞紙などの上に金型を置き、すばやく金型に流しいれます。熱いうちに、カラメルが均一になるように金型を回します。
3.シフォンケーキの生地を作ります。ボウルに卵黄にお砂糖を入れ、泡だて器でよく混ぜます。みかん果汁を加えて混ぜ、上新粉を入れて混ぜます。卵白とお砂糖でしっかりとしたメレンゲをたて、ボウルに数回に分け入れ、泡が消えないようにさっくりと混ぜます。
4.2.のカラメルの上に、みかんの輪切りをのせ、3.を流しいれます。
5.4.を、予熱したオーブンに入れ、170度で50分焼きます。
6.5.が焼けたら、オーブンから取り出し、熱いうちにお皿にひっくり返して、オーブンペーパーをはがします。ヤケド注意!
7.冷めてからカットします。

Kounejimacake 結果はこんな感じ。上新粉を使いましたが、表面のカラメルが生地の中ほどまで染み渡り、しっとり感があります。特有のパサパサ感が無く、上新粉と明記しなければわからないくらいに食べやすいです。上新粉は、粉自体がサラサラしているので必ずしもふるう必要はありません。更にグラニュー糖を使用すると、一切のふるう作業がなくなるので、ケーキ作りも身近になります。早生みかんの出回る時期は12月中旬までです。是非、ご自宅でもお試しください。

PS・・昨晩(12月6日)のNHKラジオ深夜便で、料理研究家の坂本廣子さんのお話がありました。小麦粉を米粉に変えるときの割合は、8割が目安だそうです。(ケーキで小麦粉を100グラム使うレシピでは、お米の粉は80グラム。)ご参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

12月の月間ご奉仕品は「ケニヤ」です

12月の月間ご奉仕品は「ケニヤ」です。アッサム紅茶を、少し軽くしたかんじです。甘い香りがして女性に人気の紅茶です。ケーキとよくあうミルクティー向け紅茶です。カップで300円。お試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »