« 試作品「ゼラチン不使用のチョコバナナムース」 | トップページ | 12月の月間ご奉仕品は「ケニヤ」です »

2013年11月26日 (火)

ぶりのアラを電子レンジで加熱すると・・

先月、広島湾で鰤(ぶり)が釣れるっていうニュースがありました。私も釣ってきました・・なんちゃって、素人が出かけていって釣れるわけがありません。

鰤のアラをスーパーで買ってきました。お刺身って、お値段高いから・・。
1パックを買うと結構なボリュームがありますが、
そんなに煮物するわけでもないし、扱いにくい・・。
そこで、オススメなのが電子レンジでの加熱調理。

ぶりのアラを、ちょっとだけ電子レンジにかけます。
ほんのり白っぽくなるくらい。3切れずつくらい、時間で20秒程度。あまり長時間かけると、熱が入りすぎていけません。また、ワット数は300W程度で。高出力(700W)だとレンジ内でお刺身が爆発します。
レンジにかけますと、とても食べやすくなります。
1.骨がきれいに取れます。
2.血合いも固まってくれて取れやすく、生臭さも解消。
3.オススメは、鰭の周りの筋肉質の部分です。
鱗が残っている場合は、あらかじめ処理しておきましょう。

Buridaikon レンジにかけると、写真手前のような感じに。奥のなべは、調理中のぶり大根です。すぐに食べてもおいしいですが、一日おいて食べるとにこごりがプルルーンとなって美味です。

お金はないけど、お刺身たくさん食べたい人は、是非やってみてください。C級グルメですが、確実にリピします。
(発酵食品権威、小泉武夫先生の著書の中にも「ほんのり白くなるくらいに加熱すると美味・・」と記述がありました。著書多数のため、どの本かは忘れましたが。)

|

« 試作品「ゼラチン不使用のチョコバナナムース」 | トップページ | 12月の月間ご奉仕品は「ケニヤ」です »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/56996731

この記事へのトラックバック一覧です: ぶりのアラを電子レンジで加熱すると・・:

« 試作品「ゼラチン不使用のチョコバナナムース」 | トップページ | 12月の月間ご奉仕品は「ケニヤ」です »