« 試作品 アップフェルシュトゥルーデル(りんごの薄皮パイ包み) | トップページ | 11月の月間ご奉仕品は「ウバ」です »

2013年10月30日 (水)

アップフェルシュトゥルーデル(りんごの薄皮パイ包み) ミニ

前回BLOGの続き。
パイ生地の原点・ウィーン風パイ生地で包むりんごのお菓子「アップフェルシュトゥルーデル」。自宅で簡単に作れる方法を考えました。

Apfelstrudelmini1 大きく作ろうとするから難しいので、ミニサイズで。
材料は、前回と同じで辻調のレシピの半分程度で。
詳細は下記。
写真手前の生地の大きさは、約12cm四方。これで、長さ10cmx横3cmの大きさの春巻きが11本できました。なかなか慣れないので、全部を巻き終わるのに1時間かかり、途中で最初の数本の表面が乾いてバリバリに。乾燥防止のため、巻き終わってPANに並べた春巻きは、表面をビニールで覆う方がいいです。

アップフェルシュトゥルーデル(りんごの薄皮パイ包み)ミニサイズのレシピ 11個分

パイ生地・・強力粉と薄力粉各30グラム、水50cc、サラダオイル5cc、塩ひとつまみ
1.材料全部をスマートブレンダーに入れ、パン捏ね機能で攪拌、10秒x6回。
2.皿に取り出し、1時間室温で放置。このとき、分量外の粉をつけた手で11個程度に小さくお団子状態にしておくといいです。

パン粉作り・・フランスパン30グラム、バター15グラム
1.フランスパンを良く切れる(刃が波々の)パン切り包丁で小さく刻み、耐熱皿に入れラップ無しで、電子レンジで加熱します。レンジ強(600W)で10秒x10回。毎回10秒ごとに指で揉みほぐします。粉状に小さくなって乾燥したらOK。
2.丈夫なビニール袋(シリアルが入っているようなお菓子の袋でOK)に入れ、上から麺棒でゴロゴロ。更に小さくしたら、袋から取り出し、網目の粗い茶漉しでこします。粉状にならないパン粒は袋に戻してゴロゴロを繰り返します。
3.バターをレンジで溶かし、2.を入れ混ぜます。

フィリング作り・・りんご大1個(300グラム程度、皮と芯を取り、小さく刻みます)、レーズン20グラム、グラニュー糖40グラム、レモン果汁少々、シナモンパウダー少々。
1.材料全部を耐熱容器に入れ、ラップをして電子レンジで加熱します。600Wx5分。かき混ぜて、ラップなしで更に5分。
2.作ったパン粉の半量を混ぜます。

パイ生地で巻きます・・溶かしバター60グラム、打ち粉用強力粉適宜(結構な量です)
1.食パンの袋をハサミで開いて、大きな1枚のビニールにします。
2.1.のビニールに打ち粉をして、小さなお団子状態の生地をのせ、上からビニールで挟んで更に上から打ち粉をして、麺棒で12cm角に広げます。おおまかでOK。食パンの袋の文字が透けて見える程度の薄さです。形がいびつでも気にせず、修正せずに使いましょう。指で触ると穴が開きます。
3.幅3分の1くらいに溶かしバターを塗り、パン粉を少量のせ、フィリングをのせます。
4.端っこをビニールごと持ち上げて、フィリングの部分のパイ生地を巻きます。パイ生地の上に溶かしバターを塗り(パイ生地同士が引っ付かないようにする作業です)、更に3分の1を巻きます。上下両端を折り、形を整えます。
5.お団子の数だけ繰り返します。
6.PANにオーブンペーパーを敷いて5.を並べ、表面に溶かしバターを塗ります。オーブンを200度で予熱し、40分焼きます。途中、数回、溶かしバターを塗ります。
7.焼けたら、溶かしバターを塗ります。

Apfelstrudelmini 出来上がり写真はこちら。前回よりはパイ生地が薄くパリパリ感UP!でもフランス菓子のパイ生地に慣れている人にとっては、固いですね。焼きたてが美味しいです。翌日はパイ生地が軟らかくなります、トースターで温めなおすといいでしょう。1個200円、お早めに・・。

|

« 試作品 アップフェルシュトゥルーデル(りんごの薄皮パイ包み) | トップページ | 11月の月間ご奉仕品は「ウバ」です »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/58482038

この記事へのトラックバック一覧です: アップフェルシュトゥルーデル(りんごの薄皮パイ包み) ミニ:

« 試作品 アップフェルシュトゥルーデル(りんごの薄皮パイ包み) | トップページ | 11月の月間ご奉仕品は「ウバ」です »