« 乙類焼酎を使用したマルメロ酒 | トップページ | よい商品を継続販売するには・・ »

2013年7月 7日 (日)

おすすめの本「アイヌ語の贈り物」

今の時期、夏休みに北海道の旅行を計画されている人も多いと思います。
北海道の地名には、アイヌ語由来の発音に当て字をつけた漢字が多いですね。
旭川など道内各地には、アイヌ民俗資料館など観光施設も多くあります。
私の場合、6月から7月にかけて約1ヵ月半の間ゆっくりバイクで旅行したので時間的余裕がありましたが、多くの場合は旅行中は過密スケジュール。ゆっくりと時間をかける余裕もないでしょう。出発前に、予備知識があれば、短時間の見学でもわかりやすさは倍増します。

Ainu アイヌ民族のユーカラ(伝承)、自然観について読みやすい本がありましたのでご紹介します。
「アイヌ語の贈り物」野上ふさ子著 新泉社 
2012年12月初版 副題「アイヌの自然観にふれる」

アイヌ語の発音やその由来、ユーカラを通してアイヌ民族の自然観がどのようなものか、わかりやすく書かれています。ユーカラは、読んでいて楽しい物語が多いです。子供にも理解しやすく、しかも自然の中で生きていく上で守るべき掟や知恵が満載されています。アイヌの人たちの自然観は、「八百万の神(万物に神が宿る)」の日本人の感覚とほぼ同じです。限りある自然の恵みに感謝し、絶やさないように慎み深くいただきながら、日々の生活を過ごす。東北地方の山中で狩猟生活する「マタギ」の人たちに近いものがあります。

店内に常備しておきますので、ご覧になりたいお客様はご自由に。

|

« 乙類焼酎を使用したマルメロ酒 | トップページ | よい商品を継続販売するには・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/57606085

この記事へのトラックバック一覧です: おすすめの本「アイヌ語の贈り物」:

« 乙類焼酎を使用したマルメロ酒 | トップページ | よい商品を継続販売するには・・ »