« ミネオラオレンジのシフォンケーキ | トップページ | イギリスには紅茶の文化があるの? »

2013年5月15日 (水)

日向夏のシフォンケーキ

日向夏(ひゅうがなつ)は、この時期おなじみの宮崎特産の柑橘です。
これまでBLOGに上げていませんでした。そろそろ露地物の終わりの時期です。最近は品種改良された小さな黄色い柑橘がたくさん市場に出回っていますが、どれも2番煎じ。日向夏は、約20年前からあり、他県産では小夏、ニューサマーオレンジなどの愛称で販売されています。ミネオラオレンジほどには甘くありませんが、皮の白い部分は食べれますし、種も殆んどないので捨てるところがありません。日向夏のご紹介HP・・http://www.miyazakibrand.jp/brand-list/16-hyuganatsu/
日向夏を使って、前回BLOG同様にシフォンケーキをお作りしました。
作り方の基本は、ミネオラオレンジと一緒です。大きさもほぼ一緒なので2個使用、皮は捨てるのがもったいないのですりおろして、果汁と混ぜて生地に練りこんで使いました。また、ケーキ表面の飾り用の果肉スライスは半個分(3mm厚程度で7枚)、果汁は1.5個分で70cc位搾れます。
Hyuganatsucake 出来上がりはこんな感じ。表面の日向夏の輪切りがきれいです。しっとりしていて香りも良く、内側の皮もやわらかで、口の中に入れても気になりません。
1ピース100円です。お早めに・・。

|

« ミネオラオレンジのシフォンケーキ | トップページ | イギリスには紅茶の文化があるの? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/57351271

この記事へのトラックバック一覧です: 日向夏のシフォンケーキ:

« ミネオラオレンジのシフォンケーキ | トップページ | イギリスには紅茶の文化があるの? »