« 後天的な味覚「アクワイアードテイスト」 | トップページ | 甲野善紀氏のお話から「帆掛け舟とヨットの違い」 »

2013年4月16日 (火)

新ケーキ「ボンタン飴みたいなケーキ」150円

前々回のBLOG「ボンタン飴」の続きです。日曜日に中央図書館からお借りしたデンマークのケーキ本にチョとしたヒントがあって、かねてからの懸案が解決しました。
「北欧からのやさしいお菓子」行正り香・MaiKnauer著 講談社2011年10月初版
42ページのオレンジアーモンドケーキに、次のような記述があります。
「・・オレンジはよく洗って水と一緒に鍋にいれ、蓋をして弱火で2時間煮ます。流水で冷やした後、皮ごと粗く刻んで種を取り、フードプロセッサーに入れて撹拌する。・・」
ケーキ自体は、このオレンジペーストを作った後、卵を共立てしてアーモンド粉をふるって、オレンジペーストを混ぜて焼くのですが、作り方が画期的!繊細な芸術作品を求める日本のケーキレシピでは、まず考えられません。

これまで何度かマーマレードをケーキに練りこんでみましたが、カットが上手にできないのですね。昨年、フードプロセッサー購入時に切れるかどうか実験しましたが、皮が硬すぎてダメでした。今回の本を読んで、皮だけをお湯で煮てやわらかくすると、カッターの刃が有効とわかりました。柑橘の皮の「茹でこぼし」は水を使うので、自店でのマーマレード作りでは使いませんが、保存性を必要としない場合はいいのではと思いました。このレシピをヒントにして、文旦みかん1個を丸まるペーストにしてみましたが、内皮の厚い部分が口に残るので、丸ごと煮る方法はやっぱり却下。しかしながら、皮だけを煮て、その後でほぐした実と合わせてフードプロセッサーに入れるとうまくいきました。丁寧な下処理が日本では大切です。皮をお湯で煮ることで苦味が少し消えたので、お砂糖の分量はマーマレード作成の場合よりも少なく、約半分で済みました。更に今回は、ブレンダーでペースト状になめらかに仕上げました。

ということで・・文旦みかんを使って、こんなん作ってみました。
「ボンタン飴みたいなケーキ」 製造元のセイカ食品さんの叱られそうですが・・。

デコポンのシフォンケーキのつくりかたを参考にして、独自のレシピを作ってみました。もっちり感を出すために、強力粉と薄力粉を50%ずつに配合しました。また、卵黄に混ぜるお砂糖は、ハチミツに変更しています。
1.文旦ペーストを作ります。
(材料)文旦みかん1個(約300グラム)、グラニュー糖50グラム
(作り方)1.皮をよく洗って、皮と実を分けます。実は丁寧にほぐします。皮は、耐熱容器に水とともに入れ、皮が浮かばないように落し蓋をして、電子レンジ強(600W)で30分加熱します。ふきこぼれと、ヤケドに注意。
2.皮が透明になったら取り出して粗熱をとり、1.の実とグラニュー糖と一緒にフードプロセッサーで撹拌します。
3.2.を更にブレンダーにかけて、滑らかに仕上げます。
出来上がり量は、約200グラム、下記18cmのケーキ型で約3台分です。

2.ボンタン飴みたいなケーキのレシピ(底の抜ける18cmの丸型1台分)
Buntancake (材料)文旦ペースト 70グラム
薄力粉         50グラム
強力粉         50グラム
ベーキングパウダー   3グラム
卵黄            3個
はちみつ         30グラム
バター           40グラム
卵白            3個
グラニュー糖(メレンゲ用)80グラム
(作り方)1.粉類と、ベーキングパウダーを合わせてふるいます。レンジでバターを溶かし、ペーストとハチミツも少しレンジにかけて柔らかくしておきます。
2.卵白とグラニュー糖で、しっかりとしたメレンゲを作ります。
3.卵黄とハチミツをボウルに入れ、よく混ぜます。
4.3.に、バターを入れ、よく混ぜます。
5.4.に、文旦ペーストを入れ、よく混ぜます。
6.5.に、1.の粉類を入れ、よく混ぜます。
7.6.に、2.のメレンゲを3回位に分け入れ、泡が消えないようにさっくり混ぜます。
8.予熱したオーブンで170度、50分位です。
9.冷めてからカットします。
文旦ペーストの水分量にもよりますが、作り方5.で生地が固いようでしたら、文旦の果汁(またはオレンジジュース)50cc程度を少量ずつ加え、固さを調節しましょう。
オブラートで包んだら完璧かも・・。
写真の手前右が文旦ペーストです。お値段は150円です。ぜひお試しください。

|

« 後天的な味覚「アクワイアードテイスト」 | トップページ | 甲野善紀氏のお話から「帆掛け舟とヨットの違い」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ブログを見て面白かったのでコメントさせて頂きました(^ω^)
もしよかったら自分のブログも見てくださったら嬉しいです★
http://daisuke8.cocolog-nifty.com/blog/
ちなみに料理レシピのブログです!!
これからちょくちょく拝見させて頂きます★
よろしくお願いします(^ω^)

投稿: | 2013年4月17日 (水) 10時18分

daisuke8さん、コメントありがとうございます。
BLOGも拝見しました。少ない材料で美味しく仕上げるのって、単純がゆえに、なかなか難しいですよね。
これからもよろしくお願い申し上げます。

投稿: 10時3時の店長より | 2013年4月17日 (水) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/57180055

この記事へのトラックバック一覧です: 新ケーキ「ボンタン飴みたいなケーキ」150円:

« 後天的な味覚「アクワイアードテイスト」 | トップページ | 甲野善紀氏のお話から「帆掛け舟とヨットの違い」 »