« あまおうパウンドケーキ | トップページ | アイルランド風りんごのタルト »

2013年3月13日 (水)

日田焼きそば

先週の週刊モーニングのクッキングパパは「日田(ひた)焼きそば」でした。日田は大分湯布院温泉の隣で、梨の産地です。材料が自宅で揃っていましたので、晩御飯に作ってみました。ポイントは、ポリポリザクザクの独特の歯ごたえ。「中華麺を炒める」のではなく、数分間鉄板の上に放置して、固く「焼く」のだそうです。

焼きそばを焼く前に、特製ソースを作っておきます。
下記材料を混ぜて溶かします。(約4人前)
(材料)ウスターソース100cc、お醤油85cc、みりん大さじ1、中華スープのもと小さじ1

日田焼きそば(1人前)
(材料)豚肉50グラム、中華麺(太麺)1袋、溶かしたラード大さじ2、ねぎ2分の1本、モヤシ1袋、特製ソース45cc
(作り方)1.熱したフライパンにラード(分量外)を薄く塗り、中央に豚肉をのせ、さっと湯通しした中華麺をのせます。
2.麺をほぐし、厚さを均一して、ラードを中央に大さじ1、周囲に大さじ1かけて中火で4分焼きます。動かさずにそのまま放置。
3.パリッとしたら、上下ひっくり返して、更に1分から2分焼きます。
4.コテなどで中央に折り目を入れて半分に折り、豚肉を取り出して十分に加熱。
5.モヤシとねぎを豚肉の上にのせ、麺を元に戻します。
6.強火にして特製ソースをかけ、時々麺を切りつつ、ふんわりと空気を含ませながら焼きます。照りが出て、水気がなくなれば出来上がり。

Hitayakisoba みりんがなかったので日本酒で代用。あとはそのままを再現。
出来上がりは写真のような感じ。ホットプレートでは少し火力不足でした。20年使っていてテフロン加工も半分剥げています。焦げ付きやすいので、照りが出たら、ほどほどに焼いておしまい。おいしかったですが、ソースがメチャ濃いです。縁日の焼きそばって感じ。九州って濃い味だったかな・・。個人的には、お醤油又はソース、どちらかにしてほしいです。中華麺がなければ、固めの茹で加減の太めのスパゲティでもいいそうですよ。ご自宅で是非どうぞ。

|

« あまおうパウンドケーキ | トップページ | アイルランド風りんごのタルト »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/56935968

この記事へのトラックバック一覧です: 日田焼きそば:

« あまおうパウンドケーキ | トップページ | アイルランド風りんごのタルト »