« リプトン白缶 | トップページ | デコポンのシフォン(共立て) »

2013年2月20日 (水)

試作品「クロッカンテ」

2月14日発売の週刊モーニングのクッキングパパは、イタリアのお菓子クロッカンテ。
ミックスナッツをお砂糖で固めた感じで、バレンタインデー用にチョコ味もできるようになっています。有り合わせの材料でTRYしてみました。
(材料)お砂糖  200グラム
レモン果汁    大さじ3(45cc=おおよそ小さいレモン1個分です)
ミックスナッツ  180グラム
松の実       10グラム
黒ゴマ        5グラム
チョコ        50グラム(板チョコ1枚)
(モーニングの334ページにはチョコ5グラムと表記されていますが、5グラムは板チョコの10分の1。少なすぎてチョコ味になりません。表記ミスと思われます。)
(作り方)
1.ミックスナッツは半分を軽く砕いておきます。(かなり重労働。がんばって!)
2.1.と、ミックスナッツの残り半分、松の実、ごまを合わせてまとめておきます。
3.鍋にお砂糖とレモン果汁を入れ、中火にかけます。
4.お砂糖が溶けたら、弱火で混ぜながら約7分煮ます。
5.お砂糖がうっすら黄色くなったら、2.を一気に加えてよく絡めて火を止めます。
6.5.をオーブンペーパーの上に移し、木べらで厚さ1.5cm位に平らにします。
7.カチカチに固まる前に、お好みの形に切ります。
(チョコ味の時は、作り方4.で砂糖が溶けたタイミングで砕いた板チョコを入れます。

Croccante 結果は写真のような感じ。半分の材料で7cm程度の棒状のお菓子が7本出来ました。ナッツ類が大きいと、材料同士がくっつきにくいです。アーモンドが固くて砕けにくいですが、ナッツ類は全部をなるべく小さく砕いたほうが、失敗しにくいでしょう。(アーモンドがシチリア島の特産品なので、ミックスナッツを使うようです。)代わりにミューズリーを使っても、美味しくできそうです。また、レモン味ではなく、普通のみかんの果汁を使っても美味しくできそうです。簡単なので、ぜひ皆様もご自宅でお試しくださいね。鍋がお砂糖でカチカチに固まって、洗い物が大変そうですが、お湯にしばらく浸けておくと簡単に落ちます。

|

« リプトン白缶 | トップページ | デコポンのシフォン(共立て) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

私もクッキングパパを見てつくってみましたが,表面がネバーッとしてサランラップで包んでおくと張り付いて破れてしまうほどです.表面をパリッとさせるコツとかが何かあるのでしょうか?

投稿: ito | 2013年3月 1日 (金) 14時51分

itoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。自然に乾燥させても表面はべとつきますよね。ラップは難しいかな。固めるときに、オーブンペーパーを敷いたと思いますが、私の場合は、オーブンペーパーを切って個別に包み輪ゴムをしました。プレゼントなどでラッピングをするときはくるんだ上からが良いでしょうね。外から見えなくなりますが・・。もともとべとついたお菓子なので。似た様なべとついたお菓子では、フラップジャックやバノフィーパイがあります。いずれも簡単で美味しいのですが、家庭料理っぽいです。

投稿: 10時3時の店長 | 2013年3月 1日 (金) 16時12分

もともとべとついたものなんですね.店長さんのようにクッキングペーパーで包んで保存しておこうと思います.どうも有り難うございました!

投稿: ito | 2013年3月 1日 (金) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/56806389

この記事へのトラックバック一覧です: 試作品「クロッカンテ」:

« リプトン白缶 | トップページ | デコポンのシフォン(共立て) »