« 新メニュー「油で焼かないフレンチトースト」 50円から | トップページ | 名月りんご »

2012年12月10日 (月)

フードファディズム

先週の、NHKラジオ深夜便のインタビューで、群馬大学の高橋教授が食の情報に関してのお話をされていたので、少しご紹介します。
食の情報を過大に信奉する事を「フードファディズム」というそうです。ここ10年くらいに出始めた新しい言葉なので聞きなれませんが、高橋教授は正確な情報が消費者に届いていないという現状に警鐘を鳴らされています。
詳しいHPがありましたのでご興味のある方はこちらをご覧ください。http://homepage2.nifty.com/shokuiku/subshoku0911.htm
普段私が思っている内容とほぼ同じなので、かいつまんで要約しますと・・
1.食べ物はすべて何らかの形で健康に寄与しているので、「健康食品」というのは存在しない。「不健康食品」が存在しないことから明らか。
2.効果効能をうたう広告類は、全て語尾を濁していて断定していない。ある特定の効果が認められていたなら薬になっているはず。
3.商品宣伝のキャッチコピーは、消費者が想像して都合よく捉えるように念入りの考えられている。文字の行間を、勝手に想像してはいけない。(例) OOを飲んでお肌すべすべ。すべすべになるとはどこにも書かれていない。
4.食品に効果を表示することは、法律上禁止されている。
5.健康食品、サプリメント等の言葉の定義そのものが存在しない。
などです。

昨日も、お客様から紅茶の効能について質問がありました。私の答えは・・
「ここは喫茶店なので、紅茶は嗜好品と捉えています。私は紅茶研究家ではありませんので、述べる立場にはありません。もし、ご興味がおありでしたら、日本紅茶協会のHPにたくさんの記述があります。が、「○○といわれています」などと全て語尾を濁しています。」

|

« 新メニュー「油で焼かないフレンチトースト」 50円から | トップページ | 名月りんご »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

 あと、農薬や食品添加物を現実以上に毒物扱いするのもフードファディズムの特徴のひとつですね。

 ここ数年で、フードファディズムに警鐘を鳴らす本をいくらか読みあさっていますが、いずれもおもしろいですね。たとえば『食べモノの道理』とか『無添加はかえって危ない』辺りは多少なりと食に興味がある方なら万人にオススメできると思います。

 ウェブサイトなら『食の安全情報ブログ』がいちばんのお気に入りです。見識も視野も広いと思います。
http://d.hatena.ne.jp/ohira-y/

投稿: Yosh | 2012年12月12日 (水) 02時01分

Yoshさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。食の安全情報BLOG拝見しました。面白くてためになりそうなので、自店BLOGのサイドバーに追加させていただきました。
Yoshさんからのコメント通知が届くと、なんだかハラハラドキドキします、何か違ったこと書いたかなぁ・・なんて。おかげさまで今日12月12日は、17周年の開店記念日です。Yoshさんは、開店以来の歴史を全て知っていらっしゃる数少ない貴重なお客様です。今後ともよろしくお願い申し上げます。オテヤワラカニ・・。

投稿: 10時3時の店長 | 2012年12月12日 (水) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/56293904

この記事へのトラックバック一覧です: フードファディズム:

« 新メニュー「油で焼かないフレンチトースト」 50円から | トップページ | 名月りんご »