« つがるりんごのアップルティー | トップページ | プルーンのフラン・カスタード風 »

2012年10月 1日 (月)

ハーブティーメニュー「ラベンダーカルピス」

先週、ハーブティーの質問が連続してありました。

1.ラベンダーの美味しい飲み方ってありますか?
ラベンダーは個性の強いハーブなので、ほかのハーブとは混ぜないほうがいいと思います。ハーブの専門店でよく見かけるのは、カルピスを使った「ラベンダーカルピス」というメニュー。乳酸と相性がいいので、ラベンダー単品よりも、カルピスなどと混ぜたほうが飲みやすいと思います。
作り方は、カルピスを作るときの冷たい水を、冷やしたラベンダーのハーブティーに置き換えればいいので簡単です。コツは2つ。1つは、ラベンダーのハーブティーを作るときに熱湯を使わないこと。お湯が熱いと、きれいな紫色が出てくれません。ハーブティーは紅茶ではありませんので、100度の熱湯を使う必要はありません。もう1つは、グラスの中の氷に沿わせて、静かに冷たいラベンダーハーブティーを注ぐことです。

Lavendercalpis (作り方)
1.お湯を沸かします。
2.マグカップ、ティーポットなんでもいいのですが、容器にラベンダーをティースプーン1杯入れ、お湯を1カップ注ぎます。お湯の温度は80度くらいでOK。3分くらい待ちます。
3.縦長のグラスに氷をいれ、カルピスを適量注いでおきます。
4.3.とは別の容器に氷を用意し、2.を注ぎ、冷たいラベンダーのハーブティーを作り、3.に静かに注ぎます。上手に出来ると、グラスに紫色のきれいなグラデーションができ、とてもきれいです。
5.飲むときに、ストローでかき混ぜます。

2.甘いハーブティーはありますか?
カモミールなど、香りが甘いハーブティーはありますが、味が甘いハーブティーは基本的にありません。唯一甘いのは、「リコリス」。日本語で「甘草」。
リコリスについては年頭にBLOGでご紹介しました。
http://tearoom1003.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-c210.html

よくよくお客様に聞いてみますと、「どこかのお店で数種類をブレンドしたハーブティーを飲むと甘かったので、ハーブティーは甘いと思っていました。」とのこと。たぶん、リコリスが少量混ざっていたのではないかと思います。
リコリスには、胃腸を整える作用がありますが、飲みすぎるとお腹がくだりますのでご注意ください。薬と毒は紙一重。ハーブティーは煎じ薬。たくさん飲めばいいかというと、そうではありません。

3.紅茶とハーブティーは違うものですか?
紅茶は、ツバキ属カメリアシネンシスの新芽、若葉を、発酵、乾燥などの工程を経て、加工したもの。詳細は、既に色々な本に書かれていますのでここでは省略します。抽出温度は100度。
ハーブティーは、草や木の実、花、茎、葉、根などの素材に、お湯を注いで出来上がる抽出液。素材は、乾燥したものや、生のものだったり色々。抽出温度は100度である必要はありません。素材ごとに、成分の出方に大変な違いがありますので、ハーブティーで使用する1回分の分量を決めるには、ある程度の経験が必要です。

皆様、ハーブには関心はおありのようですが、日本では未だに生活の中にハーブが根ざしてはいないようです。効能については、各人お調べください。一度にたくさん勉強されても身につくものではありません。ほどほどに・・。

|

« つがるりんごのアップルティー | トップページ | プルーンのフラン・カスタード風 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/55569987

この記事へのトラックバック一覧です: ハーブティーメニュー「ラベンダーカルピス」:

« つがるりんごのアップルティー | トップページ | プルーンのフラン・カスタード風 »