« 試作品「プルーンのフラン・ブラマンジェ」 | トップページ | ハーブティーメニュー「ラベンダーカルピス」 »

2012年9月27日 (木)

つがるりんごのアップルティー

りんごが出始めますと、決まってアップルティ-のリクエストがきます。
Appleteatsugaru 紅玉りんごの出荷はまだですが、甘口アップルティーもあっていいかなと思いまして、つがるりんごで試しに作ると、なんだかいいかも。ミルクを入れても美味しく甘くいただけます。作り方は紅玉のときと同じです。過去のBLOG・・
http://tearoom1003.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_97fa.html
つがるりんごのアップルティーは、カップサービス400円です。
つがるりんごの美味しい見分け方ですが・・
一般的には全体が赤く、肩(軸の周り)が盛り上がっているもの。香りのいいもの。また、つがるに限っていえば、小さめのものがいいでしょう。つがるが出始める9月の気温は最高気温30度くらいで、室内がまだ暖か。果肉がやわらかく大きなつがるりんごは、ブクブクになり傷みやすいです。特に長野産のりんごは、東北産(青森産など)に比べて果肉自体がやわらかいのでご注意を。小さめのものを必要量だけ買うようにしましょう。

はじめて紅玉以外のアップルティーをメニューにしました。私の味覚が変わったのかもしれません・・。
Appleteakiou
岩手産キオウりんごで何度か試しましたが、洋梨のときと同じで、果肉を煮ている途中で香りが飛んでしまい、紅茶が出来上がったときにフルーツの香りが残りません。洋梨とキオウりんごは今年も却下。食べておいしいフルーツで、美味しいフルーツティーが出来るかといえば一概にそうとはいえないのですね。キオウりんごは固めなので、すりおろしてジャムにしますと、美味しく仕上がりました。お試しください。

|

« 試作品「プルーンのフラン・ブラマンジェ」 | トップページ | ハーブティーメニュー「ラベンダーカルピス」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/55689921

この記事へのトラックバック一覧です: つがるりんごのアップルティー:

« 試作品「プルーンのフラン・ブラマンジェ」 | トップページ | ハーブティーメニュー「ラベンダーカルピス」 »