« 試作品「四角いお豆腐ケーキ」 | トップページ | つがるりんごのアップルティー »

2012年9月21日 (金)

試作品「プルーンのフラン・ブラマンジェ」

プルーンを使ったケーキを、2種類つくってみました。

プルーンのフラン
これまでのBLOGで参考になりそうなレシピは・・フランス家庭菓子ファーブルトン
http://tearoom1003.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-66f9.html
プリンの仲間でフラン(FLAN)というお菓子があります。昨年の雑誌オレンジページの6月17日号に、ドライプルーンを使ったプルーンのフランのケーキが掲載されていました。記事内容は、パルスイートの使用例でしたが、掲載レシピを応用してみました。ただ、掲載どおりでは、生地がゆるゆるで、切り分け困難なホールケーキになりますので、小麦粉の量を3倍にしてお作りしています。また、掲載レシピのドライプルーン(8個)の場合は、オーブンに入れる前に型に放り込めばいいのですが、今回は生のプルーンから作るコンポートを使いますので、ある程度焼けた後、生地の上に塗ることにしました。

1.プル-ンのコンポートの作成
(材料)プルーン250グラム 小さめのスタンレーを8個使いました。
お砂糖 125グラム(50%)
(作り方)1.プルーンを洗います。皮も使いますので、よく洗います。
2.プルーンを半割にして、種を捨て、実と皮を分けます。
3.耐熱容器、または丼鉢に、2.の実をいれ、レンジ強(600W)で3分加熱します。
4.3.にお砂糖を入れて混ぜ、更にレンジ強で3分加熱。
5.4.のあくを取り、一旦実を取り出し、耐熱容器に皮を入れ、レンジ強で3分加熱。紫色のきれいな色素が染み出てきます。
6.皮の色が出きったら、皮を取り出して捨て、5.で取り出した実を、耐熱容器に戻します。そのまま30分程度放置しますと、紫の色素が実に移ります。
7.レンジ弱(200W)で5分加熱します(レンジ強で加熱すると実が砕けます)。冷めると硬くなりますので、少しゆるいくらいで加熱を終了します。

2.フランの作成(11cm四方の金型2個)
(材料)全卵    2個
生クリーム     1カップ
牛乳         1カップ
お砂糖      30グラム
薄力粉      90グラム
上記プルーンのコンポート
Pruneflan(作り方)1.全卵をボウルに割りほぐし、生クリーム、牛乳、お砂糖を静かに混ぜます。
2.1.に小麦粉をふるいいれ、型に等分して入れます。
3.160度にオーブンを予熱後、2.を20分くらい焼きます。
4.生地に火が通り、表面がある程度硬くなったら、プルーンのコンポートを表面に塗ります。
5.再び、4.を160度のオーブンで20分くらい焼きます。表面のコンポートが非常に熱くなりますので、ヤケドにご注意を。

結果は上記写真、右下のような感じ。プルーンらしい紫色が映えて、彩がきれいです。色のついていない黄色いコンポートは、皮だけで作ったシロップを別に作り、後からお客様にお召し上がり時にかけていただくように工夫したものです。そのほうが楽しいかも・・。生クリームを牛乳に置き換え、お砂糖と小麦粉の量が増えれば、冒頭にご紹介しましたファーブルトンのケーキに近くなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プルーンのブラマンジェ
プルーンの紫色のソースが鮮やかだったので、背景を白にして上からソースをかけると面白いかとお思いまして、ブラマンジェを作り、その上に、コンポートをのせ、ソースをかけてみました。(アーモンドは使っていません。)

1.プル-ンのコンポートの作成(今回は量が少なく、実の形もきれいであってほしいので、全てレンジ弱で作業を行いました。)
(材料)プルーン60グラム 小さめのスタンレーを2個使いました。
お砂糖      20グラム(30%)
(作り方)1.プルーンを洗います。皮も使いますので、よく洗います。
2.プルーンを半割にして、種を捨て、実と皮を分けます。
3.耐熱容器、または丼鉢に、2.の実をいれ、レンジ弱(200W)で1分加熱します。
4.3.にお砂糖を入れて混ぜ、更にレンジ弱で1分加熱。
5.4.のあくを取り、実を取り出し、耐熱容器に皮を入れ、レンジ弱で2分加熱。紫色のきれいな色素が染み出てきます。
6.皮の色が出きったら、皮を取り出して捨て、5.で取り出した実を、耐熱容器に戻します。そのまま30分程度放置しますと、紫の色素が実に移ります。
7.ブラマンジェの上にのせる実がきれいなほうがいいので、ここで一旦作業終了。

2.ブラマンジェの作成(冷茶グラス4個分)
(材料)牛乳 350cc
お砂糖     30グラム
粉ゼラチン    5グラム+お湯50cc
Pruneblancmanger (作り方)
1.牛乳を50度くらいまで温め、お砂糖を溶かします。
2.お湯に粉ゼラチンをふりいれ、10分くらい放置します。
3.1.と2.をあわせてよく混ぜ、冷茶グラスに等分し、冷蔵庫で2時間くらい冷やします。
4.ブラマンジェが固まったら、プルーンのコンポートをのせ、ソースをかけて再び冷蔵庫に戻して出来上がり。コンポートだけをのせて、食べる直前にソースをかけても面白いかも・・。

|

« 試作品「四角いお豆腐ケーキ」 | トップページ | つがるりんごのアップルティー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/55697929

この記事へのトラックバック一覧です: 試作品「プルーンのフラン・ブラマンジェ」:

« 試作品「四角いお豆腐ケーキ」 | トップページ | つがるりんごのアップルティー »