« ひなちゃんの「トウモロコシパンケーキ」 | トップページ | サマープディング初秋版 »

2012年8月20日 (月)

信州銘菓 「小布施堂の楽雁」

とっても美味しい、そして懐かしいお菓子をいただきました。ありがとうございます。
Rakugan 写真は信州銘菓 小布施堂の楽雁です。楽雁はたぶん商品名。一般的な名前は落雁です。長野市のお隣の小布施町は、栗の里。栗のお菓子で有名です。ほかに有名なお菓子では栗羊羹、栗鹿の子などがあります。
楽雁は、栗の粉を型に入れて固めたようなお菓子。口に入れた瞬間にほろほろっと砕けてしまいますが、栗の香りが口いっぱいに広がります。最初は粉っぽくて食べにくいかもしれませんね。日持ちがしますので、お供えなどに最適です。

名古屋在住時、長野の志賀高原に車でスキーに行く途中に必ず小布施町を通りました。近道なので・・。秋冬にかけて年に何度も立ち寄った思い出深い場所。暑い夏も終わり、これからの栗の季節には観光客でごった返しますが、小布施町は機会があれば一度は訪れてみたいところです。

|

« ひなちゃんの「トウモロコシパンケーキ」 | トップページ | サマープディング初秋版 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/55461402

この記事へのトラックバック一覧です: 信州銘菓 「小布施堂の楽雁」:

« ひなちゃんの「トウモロコシパンケーキ」 | トップページ | サマープディング初秋版 »