« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月27日 (金)

コンビニうなぎ弁当の美味しい食べかた

昨日発売の週刊モーニングの連載漫画「う」。うなぎだけを題材にしたユニークな漫画。よくネタが続くなぁと感心します。今回の第81話は、ウナ弁の美味しさアップ大作戦。早速実践しました。(「う」の内容を実践するのは初めてです。)

Kinshitamagoまず、錦糸卵を作ります。
1.玉子1個をボウルに割り、黄身と白身が完全に混ざるまで、よくかき混ぜます。
2.水溶き片栗粉を1.にいれ、よく混ぜます。
3.大き目のお皿にラップをして、その上に2.の溶き玉子を3分の1位のせ、薄く広げ、レンジで1分半加熱。
4.そっとはがし、折りたたんで細く刻みます。
レンジの中の出来上がりの過程を見ると、とても楽しいです。オイルフリーのあっさり錦糸卵。

うな弁美味しさアップ作戦(錦糸うなぎ弁当の作り方)
1.うなぎとお新香を取り出し、ご飯も3分の1ほど外に取り出します。
2.残り3分の2のご飯を平らにならし、タレを半分ふりかけます。
3.うなぎを戻し、その上の半分に1.で取り出したご飯、半分に錦糸卵をのせ、残りのタレを全部かけます。
4.蓋をして、レンジで加熱します。(時間はパッケージの表示に従います)
5.お新香を戻し、中央のご飯と錦糸卵をかき分けたところのうなぎの上に、山椒をかけて出来上がりです。

Unagibentou 出来上がりはこんな感じ。うなぎがふわふわにふっくらと仕上がり、錦糸卵が加わり、とってもゴージャス!間違いなく1ランク上がります。写真手前は、焼き松茸。うなぎも松茸も中国産ですが・・至福のお昼ご飯。ちょうど常連さんのKさんがタイミングよくご来店。仲良く半分ずついただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

松茸

今朝、ご近所のユアーズさんにお買い物に行ったら、掘り出し物を発見。
Matsutake中国産松茸3本100円!虫食いかなとも思いましたが、小さいながら傘も開いていませんし、悪いところを取り去っても3本100円は安い。私費で買って、お店でオーブントースターで焼いてみました。写真左。ちゃんと香りがあります。写真右のお皿は、酒蒸し。日本酒をかけて、ラップをしてレンジでチン!
やっぱり松茸は焼くに限ります。今日ご来店の常連さんには、初物として少しばかりおすそ分け。ラッキーでした・・。今日の晩御飯は、松茸ご飯です!3本中、1本は中が傷んでいましたが、2本は少しやわらかい程度で普通でした。

Matsutakegohan松茸ご飯・・自宅でガスコンロを使い、鍋で作りました。
お米2合、松茸1本、人参少々、セブンのお惣菜「たけのこの土佐煮」1パック、めんつゆ100cc、水300cc。人参とたけのこの土佐煮は、小さく刻みます。めんつゆがあれば、あまり難しいこと考えずに簡単に出来ますよ。エビスビールとともに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

試作品「ブラックベリージュース」

今日は、午前中に安芸区の実家を往復。
近くの農協で買い物をしていますと、ブラックベリーを発見。早速、お店で午後からジャムつくりをしました。作り方はこちら・・・
「ブラックベリーのジャムの作り方

偶然にも、上記BLOGの日付も7月25日。ちょっと感激しました・・。
さて、種にまとわりついている果肉は、いつも捨ててしまいますが、もったいないので、お湯で煮て網で濾してジュースを取り、10%の砂糖を加えてみました。あまりたくさんは出来ませんでしたが、炭酸(ソーダ水)で割るとさっぱりして美味しいですね。
お試しになりたい方、試飲できます。先着10名様くらい。お早めに。
Blackberrysoda

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

営業時間変更のお知らせ

いつも10時3時をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
たびたび皆様には大変ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ありません。
7月24日(火)は、お昼12時からの営業とさせていただきます。
広テレ合同消防避難訓練のため。

よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

夕張メロンカット 200円

Yuubarimelon 「究極のデザートは、完熟のフルーツである。」
10時3時の開店時のコンセプトです。
今が旬のフルーツを、お手ごろ価格でカットします。
今回は、北海道産夕張メロン。
一度は食べてみたいメロンです。
写真の大きさの12分の1サイズで、お値段200円、
その半分で100円です。
12分の1って結構食べ応えがあります。
なくなり次第終了します。お早めに・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

広島城の城主は?

NHK大河ドラマの影響もあってか、広島では今年に入り観光客が増えているようです。前年比20%増。
先日、お客様からこんな質問が・・
「広島にもお城があったんですね、城主は誰だったのですか?」
姫路城や熊本城のように有名ではありませんが、お城くらいはあるでしょう。
歴史に弱い私に聞かれても困るんですが、広島育ちなので一応返答しておきました。
「確か浅野さんだったような・・。」と。
歴史はデータベースの塊にしか思っていないので、あまり覚えようとは思わないんです。必要があれば調べればすぐにわかること。おおまかなイベントと年号くらいしかしか知りません。

先ほどの質問の答え、「毛利さんじゃないの?」と疑問に思われますか?
サンフレッチェの名前の基になる「三本の矢」のお話が有名なので、毛利さんと言いたいところですが、毛利さんは、最初に開城した時だけ。秀吉が敗れて以降、山口県周防に飛ばされています。今で言う左遷かな。ということで、後を継いだ福島さんも勝手にお城を改築したのですぐにいなくなり、その後は浅野さんがずっと城主だったのです、たぶん・・。
広島市立の小学校では、3年生あたりで広島市についてお勉強します。
「広島市を流れる6本の川の名前を書きなさい。」とかね。
「安芸」ってなんて読むの?「あげ」ですか?とかよく聞かれます。
「あき」です。「安芸の宮島」の「あき」。特に地名は、地元民以外は難しい。

就職ではじめて名古屋にいったとき、地名や読み方、お店の名前などで、たいそう苦労しました。「木曾三川」っていわれてもわからないし、「めいえき」「ななちゃん人形」っていわれてもさっぱり・・。引越し直後に、「名古屋にいてサークルKを知らないの?」なんて言われてもね。また、愛知県は徳川家の出身地(正確には三河)でもあるので、皆さん歴史にも大変お詳しい。私にとって?の連続でした。地元の子供でも知っている一般常識が、まるで通じないと、会話が成り立たないので困ったことになります。
「木曾三川」・・・木曽川、長良川、揖斐川の3つの大きな川のこと。河口付近では川幅が大きすぎて、大きな橋をかける必要があって、橋の数が極端に少ないです。限られた橋に車が集中するので、ラッシュアワーは当たり前のように渋滞します。
「めいえき」・・・名古屋駅のこと。
「ななちゃん人形」・・名古屋駅につらなっている名鉄デパートの通路に立っている巨大な人形。待ち合わせ場所で有名です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

イソブチカンパニーのディンブラ紅茶

水曜日に、ソレイユショッピングモールの紅茶店マザーリーフに立ち寄り、ディンブラ紅茶の新茶を買ってきました。ちょっと感動したかも・・

1.軽めの紅茶ではないかと、あまり期待せずに購入したのですが、なんと本格的な紅茶の味です。マザーリーフって、一般大衆向けの紅茶屋さんだと思っていましたので、ちょっといい意味でびっくり。以前、磯淵氏の神奈川県のお店「ディンブラ」の、お試し紅茶セット(たぶん10種類くらいの少量の詰め合わせ)を飲んだことがあるのです。通販で購入しました。そのとき飲んだ感想は、どれも「初心者向けの軽めのストレート紅茶」。お試しセットを飲んで10年近く経過していると思いますが、その間、レベルが格段に上がったと見るべきでしょう。(少なくとも関東地区は。)
2.新茶なのにしっかりした渋みとコクがあります。紅茶通好みのミルクティー向け。新茶なので、渋みのない甘さのあるストレート向けと思いましたが、しっかりしたコクのある新茶も世の中にあるんだと、これまたびっくりです。

Dimbulaicedtea 旬の紅茶の説明が、パックにシールで表示してあります。BOPと書かれていますが、細かい仕上がりで、どちらかといえばBOPFファニングスに近い、さらさらの紅茶の形状。2グラム2分でいい感じで、3分蒸らせばミルクティー向けに。しっかりと牛乳を入れるとディンブラのうまさが引き立ちます。磯淵氏が盛んに提案されている「低温殺菌牛乳」を使用する必要性は感じません。低温殺菌牛乳を出荷する小さな牧場では、配合飼料を与えない飼育方法が多く、コクのないタイプの牛乳を多く見かけます。脂肪分が少ない牛乳では、紅茶のコクに対し、ミルクが弱い可能性があります。バランスが大切です。

今回のセイロンディンブラ紅茶は、基本的にアイスティーで。
お値段は、オリンピック開催記念の特別価格として、320円でご提供します。
ご希望でしたら、温かい紅茶もカップティー350円、ティーポット450円で。紅茶の仕上がり形状が細かいので、自店のストレーナは使用できません。(厨房の網目の細かいストレーナで。)大阪ムジカティーさんのディンブラと比べてみても面白いかもしれませんね。ムジカティーさんのディンブラは、濃くなっても飲みやすく、そんなに渋くはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

リンボウ先生の「イングリッシュカスタードソース」

7月5日の、NHKラジオのお昼の番組に、作家の林望氏が出演されていました。
お話は、オリンピックが近いということで、イギリスの旅行話が中心。また、デザートは、アップルクランブルでした。詳しくは、下記HPの7月5日のバックナンバーをご覧ください。http://www.nhk.or.jp/tsunagaru/rymbow/#
林氏は、「クランブルは、通常では夕食の最後に、オーブンから出てきた熱々を、カスタードクリームをかけていただきます。アフタヌーンティーでは食べません。」とおはなしされていました。番組内では生クリームをかけて食べていました。HP紹介のレシピでは、英国風カスタードソースかけ。甘くないのが良いとあります。アイスクリームを上にかけるとよく耳にしますが、カスタードソースは聞いたことがないので、ちょっと気になります。甘くないカスタードソースがどんなものか、レシピ通りに作ってみました。
(材料)牛乳2カップ、卵黄4個、お砂糖テーブルスプーン3杯、塩とバニラエッセンス少々
(作り方)1.牛乳を温めておきます。(、お風呂くらいの温度。沸騰させてはダメ)
2.卵黄以下の材料をボウルに入れ、よく混ぜます。
3.2.に1.を少量ずつ入れながら、よく混ぜます。
4.3.を湯銭にかけ、混ぜながら温めて、とろみがつけば出来上がり。

Nhkcrumble 小麦粉などの粉物が入りませんので、とろみがつくのはほんの少し。殆んどさらさら状態です。自店のクランブルにかけて食べてみましたが、甘くないのは、正直あまり美味しくありません。この甘くないソースを添えると、「やっぱりイギリスの食べ物は・・」なんて言われそうです。申し訳ありませんが、出来上ったカスタードソースに、グラニュー50グラムを追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

おすすめの本「身体から革命を起こす」

肋骨のひびと骨折、これまで計6回。局所的な痛みはひきましたが、あまり重たいものも持てず、無理出来ない身体です。4月の骨折時に、身体の筋肉はそれぞれ連携していて、使い方のバランスが大切だとつくづく実感しました。身体全体、全身の筋肉を使うと、一箇所に負担がかからずに、物事が円滑にすすみます。何とか日々の生活が楽にならないものかと思い、以前から気になっていた甲野善紀氏の本を、図書館から借りてきまして、読んでみました。

「身体から革命を起こす」甲野善紀、田中聡共著、新潮文庫 平成19年初版

甲野氏は、古武術家で、メディアに時々出演されます。古武術の各方面への応用は幅広く、スポーツ、日本舞踊、ダンス、介護、リハビリ、楽器演奏など。これまでの常識と呼ばれる身体の使い方とは全く異なる、全身を使った「隙の無い」振る舞いとでもいえばいいでしょうか。支点力点の梃子(てこ)の原理ではなく、自身の体重の移動を利用するとでもいいましょうか、とにかく、あまり力を必要としません。
日常生活で、すぐに応用できそうな術がありましたので、一つご紹介。
「平蜘蛛返し(ひらくもかえし)」・・・重たいものを持ち上げるときの術。
本の中の写真解説の冒頭に「踏ん張るのではなく、逆に足を浮かせる技」とあります。足を浮かせて重い物を持ち上げるとは?聞いただけで混乱しますが、やってみると面白いほど簡単に持ち上がります。
あまり上手な説明ではありませんが、こんな感じです・・
1.両手で目的の物を持ち、
2.両足の裏をふっと真上にあげ、自分の身体を宙に浮かせます。
(その場でジャンプする気持ちですが、ジャンプはしません。)
3.着地するのに合わせ、腰を落とし目的の物を浮かせ、全身で立ち上がります。
(自分の身体が沈むのに合わせ、沈む力を使って目的の物をふっと浮かせます。)
井戸のつるべの応用です。柔道で、寝技を避けるために畳の上に小さくなって固まる「亀」の状態がありますが、「亀」を打開するのにとっても有効な方法です。
甲野氏の著書はたくさんありますが、どれも常識を覆す驚愕の内容です。どの本でもいいいので、是非ご一読を。「眼から鱗」とはまさにこのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »