« なんとなくイギリス風 | トップページ | 個食の時代 »

2012年5月24日 (木)

最近のパン屋さん

広島の地元タウン誌ウインクさんのパン特集。ふと思ったことを・・。

1.シャンデリア・・流行なのでしょうか?五日市のG店が流行っているから、内装のまねをしているのか、贅沢感を演出しているのか・・。天井のない梁むき出しの構造、エアコンカセットまる見えで間接照明・・全てホコリがたまりやすい内装です。新規開店時にはいいかもしれませんが、数年後はどうでしょうか・・。
2.開店時間・・お昼前が多いです。「朝1番早いのは・・」って歌がありましたけど、その中に新聞屋さんとパン屋さんがあったような。気のせいかな・・。
3.相変らず、店員さんの半分くらいは帽子をかぶっていません。
4、後半の特集はベーグルのお店紹介でした。隔世の感があります。10時3時のお店オープン時に、ベーグルチップなるものを店頭で販売していました。その頃、地元タウン誌は5社(TJ,W,F、P、R)ありました。テレビ関係も含めて、当時の取材陣の誰も「ベーグル」なんて言葉を知りませんでしたから。「油を使っていませんし、ヘルシーで、これから流行ります。ちょっと口の中がモサモサしますけど・・」と、私がレクチャーする始末。東京の流行が広島に定着するまで20年かかるということですな。

|

« なんとなくイギリス風 | トップページ | 個食の時代 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/54788890

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のパン屋さん:

« なんとなくイギリス風 | トップページ | 個食の時代 »