« 最近のパン屋さん | トップページ | イギリス定番料理「シェパーズパイ」 »

2012年5月28日 (月)

個食の時代

5月もそろそろ終わりになります。
連休明けから、お店で接客していて、これも時代の流れかなぁと思うことが・・。

2人以上でご来店され、同じ紅茶をティーポットでご注文された場合、10時3時では大きなティーポットで人数分をまとめてお出しします。そのほうが、湯温の低下も少なく、おいしい紅茶が出来ますし、「まぁまぁ1杯どうぞ・・」なんて会話も生まれそうで。
ところが、何組かのグループの方々は、怪訝な顔をされます。「人数分がまとめてポットに入っています。」ってわざわざ言わないとわからない様子。小さなポットが人数分だけテーブルに並ぶと想像されるのでしょう。3人だと3個、5人だと5個?それじゃあ、まるで修学旅行の晩ご飯じゃぁないですか。もしかすると、近くに出来た紅茶屋さんの影響かもしれませんが・・。

小家族で、食べる時間も各人ばらばら。一人で食事を済ます時代。子供時代から大人数で、大皿料理を食べる経験自体がないのかもしれません。居酒屋さんでも、最初は「生ビール○杯!」。各人の前には(必要ないんだけど)つき出しの小皿が。瓶のビールをコップに注ぎながら、「お疲れ様・・」なんてことはしないんでしょう。小瓶を注文して、冷えたビールをそのつど飲むのが一番いいんですけど、そんなこと知ってる人も少ないでしょうね。

昨日は、袋町小学校で運動会がありました。お昼は、家族揃ってテントの下でお昼ごはん。どんなの食べるんでしょうか・・。少し興味があります。一人ひとりコンビニのお弁当では冴えないですよね。

|

« 最近のパン屋さん | トップページ | イギリス定番料理「シェパーズパイ」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/54796920

この記事へのトラックバック一覧です: 個食の時代:

« 最近のパン屋さん | トップページ | イギリス定番料理「シェパーズパイ」 »