« ウィンターフラッシュのニルギリ紅茶 | トップページ | スローじゃないよ、ローフード »

2012年2月20日 (月)

大長みかんの果汁を使ったワッフル

広島の大長みかんとローソンがコラボで、お菓子を2種類つくったようです。お調子者のチーズケーキとワッフル。レシピとパッケージは、呉高校の生徒さんのアイデア。
詳細は・・http://www.lawson.co.jp/company/news/049483/

Ootyoumikan ふわふわワッフル買ってみました。140円也。
パッケージに濃縮果汁1.4%と記載されています。14%ではなく1.4%。1.4かぁ・・。
名前、デザインはいいし、ワッフル的にもおいしいです。しっとり系でした。生地に、みかん果汁をしみこませている(とは書いてありませんが)そんな感じ。ホイップクリームの中央に、みかんゼリーが薄い層ではさんであります。厚さ推定0.1ミリ。もう少し、ゼリーがあればいいのですが・・。コラボして話題を作って、おしまいの感があります。商品がいつまであるかなぁ。

500mlのパック飲料なども同様ですが、果汁の%表示を注意してよく見ないとだめですね。1.4%だと香料でごまかせます。1.4%程度では、みかんの消費拡大には結びつかないかも。

それにしても、最近はコラボの話題が多いです。カゴメと広島レモンなど。農協さんも消費拡大に躍起のよう。このところの商品を見るにつけ、ホット柚子、ホットレモン、ホット生姜、生姜紅茶、沖縄の塩を使ったおむすびなど、少しのトッピングで味付けができる商品が多いです。企業側としては、材料費が安く上がりますし、知名度の高い産地の名前を借りれば商品を売りやすい。消費者側も、お腹がすいたからとかではなく、頭で理解して買う傾向がありますので、まんまと企業戦略にはまる仕組み。効能がどうの、成分が云々・・。
こちらは、トマトジュースに痩せる効果があるというニュース・・・
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120210/bdy12021011360002-n1.htm
とたんに品薄らしいです。200mlを1日3回飲むといいそうです。いかにも「朝昼晩に、1本ずつ飲んでください」って感じの量。本当かなぁ?ヘルシア飲んで痩せたって聞かないし・・じゃあ今度はトマトジュースでチャレンジなんて人も多いかも。みかんも、1日1リットル飲めば○○とか、みかん果汁をお風呂に○○リットル使えば・・なんて論文が発表されれば消費拡大間違いなし。
一方、豆乳ではこんな記事が・・・
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120219/trd12021914280008-n1.htm
新聞紙面でこのような記事が掲載されると、リビング新聞のような広告記事ではないかと疑ってしまいます。掲載されているレシピの「トマトとレタスの豆乳しゃぶしゃぶ」なんて、鬼に金棒!
なんて健康的な世の中なのでしょう。健康って何?

|

« ウィンターフラッシュのニルギリ紅茶 | トップページ | スローじゃないよ、ローフード »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/54007777

この記事へのトラックバック一覧です: 大長みかんの果汁を使ったワッフル:

« ウィンターフラッシュのニルギリ紅茶 | トップページ | スローじゃないよ、ローフード »