« 「テオブロマ」レシピで作るマーマレードチョコ | トップページ | ハーブティーの新メニュー「リコリス」「ラズベリーリーフ」 »

2012年1月27日 (金)

マローブルーのきれいな青色を出すには・・

「マローブルーのハーブティーを淹れたのですが、きれいな青色が出なくて・・。」
お客様から、同じ質問が連続してありました。風邪が流行っているのでしょうか。

きれいな青色を出すには、2つの点に注意しましょう。
1.100度のお湯を使わない。・・・90度位のお湯を使います。ラベンダーのハーブティーも同様です。経験上、グラグラと沸騰したお湯を使うと、きれいな青色が出ません。推測ですが、沸騰したお湯の中には、気泡がたくさん混じっています。青色が消えるのは酸と反応するからなのですが、気泡の中の酸素に反応するのではないかと思います。きれいな青色のお茶が出来ても、数分後には色あせてきますね。ティーポットのハーブティーの液面が空気と接するので、ゆっくりと接触面で酸素と反応します。同じ原因です。
2.きれいに洗ったティーポットを使う。・・・特に、ハイビスカスなどの酸味のあるハーブティーを淹れた後は、きれいに洗ってください。ティーポットの内側に酸味の成分が残っていると、お湯の温度を下げても青色がきれいに出ません。ティーカップも同じで、レモンティーなど飲んだ後は要注意です。

マローブルーのハーブティーは、初期の風邪、呼吸器系にいいそうです。個人的には、風邪気味のときは、いつもカモミールとリンデンを混ぜて飲んでいますので、マローブルーを飲んで効果があるかどうかは?です。

|

« 「テオブロマ」レシピで作るマーマレードチョコ | トップページ | ハーブティーの新メニュー「リコリス」「ラズベリーリーフ」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/53489947

この記事へのトラックバック一覧です: マローブルーのきれいな青色を出すには・・:

« 「テオブロマ」レシピで作るマーマレードチョコ | トップページ | ハーブティーの新メニュー「リコリス」「ラズベリーリーフ」 »