« 話題のお菓子「黒糖ドーナツ」 | トップページ | マローブルーのきれいな青色を出すには・・ »

2012年1月22日 (日)

「テオブロマ」レシピで作るマーマレードチョコ

10時3時では、毎年この時期に、チョコケーキの新作をお作りしています。

今回は、東京のショコラ専門店「テオブロマ」土屋公二氏の本
「レタスクラブムック・かんたんチョコレート菓子」
角川SSコミュニケーションズ・2008年発行
のなかから、46ページ掲載の「マーマレードチョコパウンド」をお作りしました。パウンドケーキの中に、オレンジマーマレードと刻んだチョコを練りこみ、表面にマーマレードをコーティングしています。
10時3時では、マーマレードを練りこんだパウンドケーキは、2009年にお作りしています。そのときは小麦粉にココアパウダーを混ぜてチョコチップは入れませんでした。
「おとなのショコラオレンジ」レシピ・・・
http://tearoom1003.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-6ae1.html
今回のケーキも、似たようなレシピです。あらかじめ、マーマレードは細かく刻んでおきましょう。大きいと焼き上がった後のカットが大変です。掲載レシピでは、パウンド型(17.5x8x5cm)を使っていますが、持ち合わせていないので、底の抜ける18cmの丸型を使いました。1ピース150円です。お試しください。

Marmaladechoco 「マーマレードチョコパウンド」レシピ
(材料)板チョコ(ブラック)1枚(60グラム)
マーマレード    100グラム
溶き卵          1個分
薄力粉         65グラム
ベーキングパウダー 小さじ2分の1
バター(食塩不使用) 45グラム
グラニュー糖     50グラム
仕上げ用マーマレード50グラム
(準備)バターを室温に戻し、粉類をふるいます。オーブンを180度に予熱。
(作り方)1.チョコレートを約5から6ミリ角に刻みます。
2.ボウルにバターを入れて泡だて器でクリーム状にする。グラニュー糖を加え、なめらかになるまですり混ぜる。
3.溶き卵を4分の1ずつ2回加え、そのつどよく混ぜ合わせる。
4.ふるっておいた薄力粉、ベーキングパウダーを加えて混ぜ、粉がなじんだら残りの溶き卵を2回に分けて加え、そのつどよく混ぜる。
5.マーマレードと刻んだチョコレートを加え、ゴムベラで均等になるように混ぜる。
6.生地を型に流し入れて表面を平らにならし、180度のオーブンで約45分焼く。
(仕上げ)鍋に仕上げ用のマーマレードを入れて弱火にかけ、やわらかくし、焼き上がったパウンドケーキの表面にはけでぬる(電子レンジを使用する場合は耐熱容器に入れてラップをかけ、約30秒加熱する)。

土屋氏からのひとことアドバイスとして、
「チョコレートは食べたときに食感が得られる約5から6ミリ角。できるだけ大きさを揃えて刻みましょう。」とあります。

|

« 話題のお菓子「黒糖ドーナツ」 | トップページ | マローブルーのきれいな青色を出すには・・ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/53773060

この記事へのトラックバック一覧です: 「テオブロマ」レシピで作るマーマレードチョコ:

« 話題のお菓子「黒糖ドーナツ」 | トップページ | マローブルーのきれいな青色を出すには・・ »