« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

カルディコーヒー

広島市中区の宝町に昨日先行リニューアルオープンしたフジグラン。正式には10月1日だそうですが、昨日は、ご近所様だけの内緒の折込みチラシが入っていました。
1階のテナントに、カルディコーヒーっていうコーヒー屋さんが新しく入っていました。広島ではゆめタウンなどに既にあるようですが、初めて見ましたので店頭で配っている試飲コーヒーを飲みつつちょっと見学。豆だけでなく、輸入食料品もあります。品ぞろえも、小さな面積のわりには陳列に工夫を凝らしていて、多く感じました。紅茶はジャンナッツ(JANAT)というブランドとトワイニングのティーバッグなどがオープンセール品。コーヒー店なので、ブラジル豆を買ってきて今朝試飲しました。

Kaldicoffe 豆の大きさが大小混ざっていて、多少気になりますが、均一な色で焙煎時のムラは無いようです。抽出は120ccあたり豆8グラムを使用。飲んだ印象・・、あまり苦味はなく軽い口当たりです。ご家庭向けで1日にたくさん飲まれる方でしたら、これくらいの軽さがちょうどいいかもしれません。カフェオレにする場合には、少しコクが足らない感じ。ブラジル豆はもう1種類、深炒り豆を売っていましたので、カフェオレには深炒りのほうがいいかもしれませんね。

フルーツ専門店では、田丸がテナントで入っているようです。オープンセールが終わったら、ゆっくり見て回ろうと思います。

PS・・今週発売のタウン情報誌TJ広島10月号の114ページ。読者の口コミ投稿欄に、自店のスコーンが写真入で紹介されています。東区のももさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

臨時休業のお知らせ

いつも10時3時をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
たびたび、皆様には大変ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ありません。
9月27日(火曜日)は、終日お休みします。
よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

超簡単 湯煎で作るスクランブルエッグ

フランス家庭料理の本を読んでいましたら、
「スクランブルエッグを湯煎で作るとふわふわになる」と書かれていました。
直接フライパンで作ると、火加減が慣れないと難しいですし、焦げたりしてあまり上手にできませんね。その点、湯煎で間接的に卵に火を通すと、ゆっくりと火が通りますし、焦げませんので、半熟気味のスクランブルエッグが思いのまま。卵さえあれば、誰でも簡単にプロ並みのスクランブルエッグができます。早速試してみました。

(材料)卵 今回は1個
あとは、各人のお好みで何でも入れましょう。バター、生クリーム、塩コショウ、チーズ、甘くしたければお砂糖を。
(作り方)1.鍋にお湯を沸かします。
2.ボールに卵その他の材料を入れます。
3.2を1の鍋につけて湯煎。泡だて器でかき混ぜながらゆっくり火を通します。
4.半熟状態になれば出来上がり。
Scrambleeggおおっ、これは!ホテルの朝ごはんに出てくるような、とっても美しいスクランブルエッグができました。フランス料理なんぞ習ったことのない私でもすごく上手。あたかもプロの料理人が作ったかのようです。卵1個で、出来上がりは写真くらいの大きさ。サンドイッチにはさんでも、お皿に盛ってもいいですね。

超簡単にできます。皆様も1度おためしあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

白ねぎを使ったキッシュ

今週の広島市の広報「市民と市政」9月15日号の1面にスコーンとキッシュが掲載されています。タイトルは「秋の行楽べんとう」。地元広島の食材を使いましょうということで、スコーンは小松菜とコーン(冷凍)を混ぜたもの、キッシュは白ねぎを使った簡単レシピです。今回はキッシュを、ほぼレシピ通りでお作りしました。掲載レシピの3倍量で全部で12個。玉子は普通の玉子のMサイズを、ハムはホビットさんのロースハムを使用しました。白ねぎは、焼くとボリュームが減りますので、多めに使いましょう。生クリームをたくさん使っていますので少々カロリーが高いかも・・。お値段は1個150円です。無くなり次第終了します。

広島市在住でない人のために広報掲載レシピを下記に。パイ生地は使わずにアルミカップを使って簡単に作り、オーブントースターで焼き上げます。はじめての方でも失敗は少ないでしょう。下記レシピは4人分(アルミカップ4個分・カップは2枚重ねて使用しますので実質8枚必要)です。

Hiroshimasodachi (材料)安佐北区小河原の卵 M1個
白ねぎ      1本
ロースハム   2枚
生クリーム   大さじ5
牛乳       小さじ4
バター      3グラム
塩コショウ    少々
アルミカップ   8枚

(作り方)1.白ねぎは2cmにぶつ切り、ハムは2cmの角切りにし、バターで炒め、塩コショウで味付けする。
2.ボウルに生クリーム、牛乳、卵を混ぜ合わせ、塩コショウで味付けする。
3.お弁当用のアルミカップを2枚重ねたものに、1を4等分して入れ、2の卵液を流し入れ、オーブントースターで約12分焼く。

結果は写真のような感じ。フランスのキッシュは、生クリームと玉ねぎとベーコンが主材料。掲載レシピは良く似た材料なので、簡単なわりに本格的な味に仕上がっています。卵液が多いので、フランス風野菜オムレツといった感じですね。お試しください。

PS・・小松菜入りスコーンは、今回はお作りしていません。なんだか小松菜ってなじみが薄いんですね。広島に長ーく住んでいますが、食卓に上ったことがありません。深くは申しませんが、関東の野菜って感じです。あしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

カルビー「オリーブオイルポテトチップス」

Potatochips 前々から気になっていたポテトチップスを買ってみました。
カルビー「オリーブオイルポテトチップス」
紹介HP・・http://www.calbee.co.jp/olive/
カルビーの商品紹介が続きますが、
別に、怪しいものではありません・・。

材料は、じゃがいも、オリーブオイル、シチリア産の天日塩。
最低限の材料で作られています。
ポテトチップスに限らず、パッケージ裏面の原材料表示には、いつも眼を向けたいものですね。
食べた感想は・・ポテトが厚めにスライスされていて、歯ごたえがあります。塩ッ気はひかえめ。全く油っぽくなく、オリーブオイルの香りがほんのりって感じです。ポテトチップスを買ってヘルシーとはいいませんが、数あるポテトチップスの中から選ぶとすれば、この商品は「他の商品に比べると健康的」でいいかもしれません。新世代のポテトチップスです。ただ、食べ始めると止まらなくなるのは従来どおり。
セブンイレブン限定販売で、お値段は148円。55グラム入りと、通常のポテトチップスに比べますとあまりたくさんは入っていませんが、これからの行楽のお供にいかが?今なら夜だけ使える「夜得クーポン」で20円引きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

新ケーキ「ミューズリー入りバターケーキ」

横浜在住のMさんから、ミューズリーをいただきました。ありがとうございました。
Mさん一家では、毎日の朝食はミューズリーとミルク。そこいらの輸入雑貨店のシリアル関連商品は、ほぼ食べつくしたそうです。
Mueslitesco さて、Mさんからいただきましたのは、イギリス・テスコ社のフルーツ&ナッツ入りで750グラム入りの大きな袋。いくつかのラインナップの中でフルーツがふんだんに入っている商品を選んだそうです。シリアル自体は、オート麦フレークと小麦フレークでパサパサしてなんとなく味気ないのですが、日本の商品では見かけないようなドライフルーツの種類が多く、食べていてとても楽しいです。フレームレーズン、サルタナレーズン、ドライパインアップル、ドライパパイヤ、バナナチップ、へーゼルナッツ、ココナッツフレーク、アーモンド。見た目も大小さまざま。これを食べていると、フルーツの好き嫌いがなくなりそうです。

さて今回は、このミューズリーを使ったバターケーキをお作りしました。よく見かけるドライフルーツ入りパウンドケーキのミューズリー版です。ミューズリーは、少しふやかしたほうがよさそうなので、一晩牛乳に浸しておきました。通常はラム酒に浸けるそうですが、ケーキ作りにお酒類は使わない方針なので、代わりに牛乳を使いました。ミューズリーの中のドライフルーツ、ナッツ類は、大きなものがありましたら、あらかじめ細かくしておきましょう。

ミューズリー入りバターケーキのレシピ(直径18cmの丸型1台分)
Mueslibuttercake (材料)
バター       60グラム
お砂糖       60グラム
全卵         1個
薄力粉       90グラム
ベーキングパウダー3グラム
ミューズリー    50グラム
牛乳        100cc
(作り方)1.ミューズリーを牛乳に浸し、一晩寝かせます。
2.全部の材料を室温に戻します。(20から25度くらい。ケーキを作る1時間くらい前に準備します。)また、粉類はふるっておきます。
3.バターをボールに入れ、泡だて器でよく練ります。
4.3に、お砂糖を入れ、白っぽくなるまでよく混ぜます。
5.4に、全卵を数回に分けて入れ、その都度よく混ぜます。
6.5に、粉類を数回に分けて入れ、その都度よく混ぜます。
7.6に、1を数回に分けて入れ、その都度よく混ぜます。
8.ケーキ型にオーブンペーパーをセットし、7を流しいれます。
9.オーブンを170度に予熱し、8を50分くらい焼きます。
10.オーブンから取り出したら、常温に冷めるまで待ってカットします。

ぱさつかず、ふんわりと仕上がりました。お値段は100円です。お試しください。

今回のレシピは、材料の「ミューズリーと牛乳」を、「大きめのバナナ1本」に置き換えますと、10時3時の冬の定番ケーキ「バナナのバターケーキ」になります。バナナは、よく熟したものをスライスして、ケーキに混ぜ込みます。冬場、生地の仕上がりが固いようでしたら、常温の牛乳を様子を見ながら少量ずつ混ぜましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

長野産の美味しい桃「好吃桃(ホーチュタオ)」はこれ!

桃も、そろそろ今シーズンの終わりになりますね。
さんざん食べ飽きたごろに美味しい桃が出回ってくるので、皆様あまり注目されませんが、今回ご紹介するのはとても美味しい桃ですので、見かけたら是非食べてみてくださいませ。

Houtyutao 長野県の川中島白桃。その中で「好吃桃(ホーチュタオ)」と表示のあるもの。センサーを通過した高糖度の桃です。川中島白桃は白桃の中でもっとも遅く出回る品種で、例年でしたらお盆前後に市場に出回るのですが、今年は果物全体が2週間程度遅いです。大きくで少し固めの品種で、かなり日持ちがします。1個250円くらいでしょう。川中島白桃を見かけると、夏の終わりを感じます。白桃が終わると、黄桃(黄金桃)が出て桃の出荷はおしまいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

カルビー「フルーツグラノーラ」

8月中旬のBLOGで紹介しました、ソイジョイ各種と、「プルーン味鉄プラス」。少しづつ試食しました。が、美味しさ今一歩。たまにはいいかも・・程度でした。なかなか続きそうにありません。明治のチョコバーは、美味しいのですが、殆んどチョコと変わりません。夏の時期は、生のプルーンを買って食べたほうがいいかなぁと思うこの頃。しかしながら、生プルーンは、店頭に並んでいる殆んどが硬い未熟品ばかり。完熟物があまり出回らない上に、皮をむくと指先が紫色に染まるのが難点です。干しプルーンが、コスト面でも食べやすさからみてもいいかもしれませんね。

さて、今回ご紹介するのはカルビー「フルーツグラノーラ」。
380グラム入り。お値段は、ウオンツ価格398円。
6種類のフルーツグラノーラを食べ比べたBLOGがありました。
http://portal.nifty.com/2011/05/18/b/
タイトルどおり、比べてはじめてわかることがあります。この記事を見て、カルビーさんの商品に決定しました。商品選びの際のBLOGの力ってすごいです。

Granola 早速いただきました。そのままかじると、もさもさして喉が渇きます。パッケージの指示通りに、フルグラ50グラムに、牛乳200ccをかけていただきました。大きめのカフェオレボウルを使うとちょうどいい量。50グラムは、お皿に盛ると写真右下くらいの量になります。お味のほうは、甘さ控えめ。「フルーツたっぷり」って感じではないですが、スプーンですくうと何らかのドライフルーツが乗っかってきます。ほかのメーカーさんのグラノーラには、殆んどフルーツ系は入っていないって事でしょうね。バナナや桃やりんごなど、生のフルーツを追加投入して食べると更に美味しさアップ。よく噛んで食べる必要がありますが、なんら抵抗なく美味しくいただきました。「鉄分入っているの?」と疑うほどに食べやすいです。牛乳に長時間さらしても、コーンフレークのようにふにゃふにゃになりません。(一晩くらい牛乳に浸しておけば、軟らかくなるようです。)毎日1回食べて、1週間分です。これは続きそうです。

PS・・シャレオ地下街の輸入食材屋さんのジュピターに行くと、たくさんの種類のミューズリーが陳列されていました。数十種類。1袋当たりの内容量も多くて、お値段的には700円から1000円位。選びきれませんで、買わずに退散しました。実は、震災の影響でバター不足再来ということで、バターを買いに行ったのですが遅かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

新メニュー「ジンジャーティー」

9月になりました。秋の新メニューのご紹介です。
ジンジャーティー。生姜(しょうが)紅茶です。体がポカポカ温まります。
粉状になったジンジャーパウダーを使うレシピもありますが、水色が濁るので生姜スライスのみでおつくりしました。
ミルク+沖縄黒砂糖添えです。カップサービス480円。

Gingertea (作り方)
生姜スライス2枚を粗く刻み、ニルギリ紅茶3グラムと合わせて紅茶を作ります。黒砂糖を溶かし込む場合は、黒砂糖1個(6グラム)を刻んで一緒に蒸らします。抽出時間3分です。
黒砂糖が少し固めなので、紅茶に入れてもなかなか溶けてくれません。歯のいい人は、黒砂糖をかじりながら・・飲みながら・・と、お時間をかけてジンジャーティーをお楽しみいただけたらと思います。そうでない(固いものが苦手の)お客様は、厨房でお作りするときに黒砂糖を溶かして混ぜ込みます。ご注文時にお申しつけください。

生姜紅茶は、ダイエット法の一つとしてよく紹介されています。ダイエットに興味のある方は、パソコン検索されてみてください。(自店は喫茶店なので、紅茶は嗜好品の一種と捉えています。効能については問いません。)

PS・・ピーチティーは、今シーズン終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »