« ソフトバンク「Wi-Fi」つかえます | トップページ | 桃のまんま! »

2011年8月24日 (水)

キャンベルぶどうのジャム(電子レンジ簡単レシピ)

キャンベルのジャムは毎年おつくりしますが、1房など少量を作るときには電子レンジが便利です。今回は、電子レンジを使ったジャムの作り方を。キャンベルに限らず、どのブドウでも応用できると思います。お砂糖、レモン果汁の量はそれぞれ増減なさってください。

キャンベルのジャムの作り方(電子レンジ簡単レシピ)
(材料)キャンベル 1房(300グラム)
    お砂糖 75グラム(キャンベルの重さの25%)
    レモン果汁 6分の1個程度
(作り方)
1.キャンベルの実を皮ごと良く洗い、丼鉢、または耐熱容器に入れ、電子レンジ強(600W)で3分加熱します。(300グラムで3分、500グラムでしたら5分です。)加熱が終わったら、実を木べらでつつきます。皮がはがれますのでお箸で取り去ります。皮の紫色のきれいな色が出ます。
2.1に、お砂糖を全量入れてよく混ぜ、再びレンジ強で3分加熱します。
3.表面のアクをスプーンですくい、木べらでつぶします。熱いうちに裏ごしし、種を取り除きます。
4.3に、レモン果汁を加え、よく混ぜます。再び、耐熱容器の戻し、レンジ強で6分加熱します。途中、2分毎くらいにアクを取り、かき混ぜます。
5.4をレンジ弱(200W)で3分間くらい加熱し、途中何度かかき混ぜながら、固まり具合を確認します。冷めると固くなりますので、少しゆるいかなぁくらいで終了です。
出来上がり量は、130グラムでした。

大量のキャンベルのジャムの作り方は、こちらの過去のBLOGを・・
http://tearoom1003.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_c67b.html
大量にお作りするときは、布巾で濾してジュースを搾りましたが、今回は布巾を使わずに、目の粗い(種が通らない程度の大きな網目の)ストレーナ(茶漉し)を使って裏ごししました。実の部分は、なるべくジャムとして使えるように、種と繊維分だけを残渣として取り除くように。捨てる部分少なくすることで、出来上がり量が倍増しました。茶漉しを使うと、出来上がったジャムの色が少々濁ります。布巾を使ったときほどの透明感はありませんが、1回の出来上がり量が多いほうが、うれしいですよね。たくさんできると、また来年も作ろうかなぁと思うのです・・。

|

« ソフトバンク「Wi-Fi」つかえます | トップページ | 桃のまんま! »

手作りジャムの作り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/52556986

この記事へのトラックバック一覧です: キャンベルぶどうのジャム(電子レンジ簡単レシピ):

« ソフトバンク「Wi-Fi」つかえます | トップページ | 桃のまんま! »