« 試作品「ベーキングパウダーで作る米粉パン」その2 | トップページ | 抹茶ケーキ »

2011年5月26日 (木)

りんごの白ワイン煮 3種類食べ比べセット

自宅マンションのお隣さんから、白ワインをいただきました。Uさんいつもありがとう!
広島県中央に位置する世羅郡世羅町、世羅ワイナリーの甘口白ワインです。三次ワイナリーは以前数回行ったことがあるのですが、世羅ワイナリーへは行ったことがありません。今年4月で5周年だそうです。
HPは・・http://www.serawinery.jp/index.html

早速いただきました。ドイツ製白ワインのように、とっても甘い。20歳の誕生日に、ワイン初体験の1本として是非って感じ。いまどきそんな人いないか・・。個人的には、シャブリのような辛口ワインよりも、気軽に飲める甘い白ワインのほうがいい。ラベルにも「甘口」と表示してあり、非常に親切ですね。

さて、この白ワインを使って、りんごの白ワイン煮(コンポート)をお作りしました。
基本的に10時3時では、お酒を使ったケーキ、デザート類は作らない方針ですが、今回は、特別に。電子レンジを使った超簡単レシピをご紹介します。

Serawine りんごの白ワイン煮・電子レンジ簡単レシピ
(材料)りんご2個(600グラム位)
白ワイン 100cc
お砂糖 50グラム
(作り方)1.りんごは、皮と芯を取り、10~12分割にします。
2.耐熱容器、または丼鉢に1を入れ、電子レンジ強(600W)で6分加熱します。600グラムであれば6分。(りんご1個300グラムであれば3分です。)
3.2のりんごが、しんなりとしたら、お砂糖と白ワインを加えます。りんご全体に頭までかぶる程度のワインの量を使います。今回は100ccでした。
4.3にラップをかけ、再びレンジ強(600W)で10分間加熱します。
5.加熱が終わったら、そのまま冷ましてタッパーなどに移し、冷蔵庫で保存します。

白ワイン煮(コンポート)の作り方は、HPを検索するとたくさんヒットします。ここでは最もシンプルな方法をご紹介しました。レモン果汁や、水、バター、香辛料その他もろもろを加える時は、(作り方)3.で一緒に入れましょう。
電子レンジを使って白ワイン煮を作ると、仕上がりがとっても綺麗にできます。加熱途中のりんごをつっつく(ひっくり返したり、さわる、かまうって意味)ことがないので、りんごの形が崩れずに、カットしたときそのままの綺麗な形で仕上がります。

今回は、同じレシピで、下記りんご3種類の白ワイン煮をお作りしました。
ふじ・・・お味のほうは、若干酸味が残ります。繊維分が多いからでしょうか、形がしっかりと残り、思ったより歯ごたえがあります。若者向けって感じ。
ジョナゴールド・・・口に入れた瞬間、とろける感じ。りんごの香りもよく、個人的には3種類の中で1番の好みです。
王林・・・りんご自体が甘いので、仕上がりも大変甘くなりました。甘すぎかも・・・。
もともと甘いりんごの時や甘口ワインを使う場合は、更にお砂糖の量を控えたほうがいいでしょうね。または、先に半量のお砂糖を入れ、残りのお砂糖はレンジ加熱途中で味見をして、追加するかどうかを判断するなど。

それぞれのりんごの特徴が、白ワイン煮にすると更に際立ちます。秋に出回る紅玉りんごでお作りすると、また面白いかもしれません。きっと歯ごたえが残り香りのよい、究極の白ワイン煮が出来ることでしょう。

りんごの白ワイン煮・3種類食べ比べセット・・・一皿150円です。たくさんはありませんが、初夏のひんやりデザートとしてお試しください。

|

« 試作品「ベーキングパウダーで作る米粉パン」その2 | トップページ | 抹茶ケーキ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/51759236

この記事へのトラックバック一覧です: りんごの白ワイン煮 3種類食べ比べセット:

« 試作品「ベーキングパウダーで作る米粉パン」その2 | トップページ | 抹茶ケーキ »