« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月30日 (月)

抹茶ケーキ

間もなく5月も終わり。国内産の新茶が出回る時期になりました。
毎年5月には、抹茶のケーキをお作りしています。
今年は、バター不使用でおつくりしました。定番の共立てスポンジ生地に、追加材料として抹茶粉5グラムを加え、仕上げの溶かしバターを省略しています。1ピース100円です。お試しください。

抹茶ケーキの作り方(直径18cmの丸型1台分)
Greenteacake (材料)薄力粉 100グラム+抹茶粉   5グラム
牛乳    15cc
蜂蜜    30cc
砂糖   100グラム
全卵    3個

(作り方)1.薄力粉と抹茶粉、お砂糖をふるっておきます。
2.牛乳は少し温めます。蜂蜜も電子レンジで少し温め、冷ましておきます。
3.砂糖、卵、1でふるった粉を使って、共立てのスポンジ生地を作ります。お砂糖を入れるときに、2の蜂蜜も一緒に入れます。
4.2の牛乳を入れ、混ぜた後、オーブンペーパーをセットした金型に流し入れます。
5.160度にオーブンを予熱後、40分くらい焼きます。
6.オーブンからケーキを取り出したら、常温まで冷まし、カットします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

りんごの白ワイン煮 3種類食べ比べセット

自宅マンションのお隣さんから、白ワインをいただきました。Uさんいつもありがとう!
広島県中央に位置する世羅郡世羅町、世羅ワイナリーの甘口白ワインです。三次ワイナリーは以前数回行ったことがあるのですが、世羅ワイナリーへは行ったことがありません。今年4月で5周年だそうです。
HPは・・http://www.serawinery.jp/index.html

早速いただきました。ドイツ製白ワインのように、とっても甘い。20歳の誕生日に、ワイン初体験の1本として是非って感じ。いまどきそんな人いないか・・。個人的には、シャブリのような辛口ワインよりも、気軽に飲める甘い白ワインのほうがいい。ラベルにも「甘口」と表示してあり、非常に親切ですね。

さて、この白ワインを使って、りんごの白ワイン煮(コンポート)をお作りしました。
基本的に10時3時では、お酒を使ったケーキ、デザート類は作らない方針ですが、今回は、特別に。電子レンジを使った超簡単レシピをご紹介します。

Serawine りんごの白ワイン煮・電子レンジ簡単レシピ
(材料)りんご2個(600グラム位)
白ワイン 100cc
お砂糖 50グラム
(作り方)1.りんごは、皮と芯を取り、10~12分割にします。
2.耐熱容器、または丼鉢に1を入れ、電子レンジ強(600W)で6分加熱します。600グラムであれば6分。(りんご1個300グラムであれば3分です。)
3.2のりんごが、しんなりとしたら、お砂糖と白ワインを加えます。りんご全体に頭までかぶる程度のワインの量を使います。今回は100ccでした。
4.3にラップをかけ、再びレンジ強(600W)で10分間加熱します。
5.加熱が終わったら、そのまま冷ましてタッパーなどに移し、冷蔵庫で保存します。

白ワイン煮(コンポート)の作り方は、HPを検索するとたくさんヒットします。ここでは最もシンプルな方法をご紹介しました。レモン果汁や、水、バター、香辛料その他もろもろを加える時は、(作り方)3.で一緒に入れましょう。
電子レンジを使って白ワイン煮を作ると、仕上がりがとっても綺麗にできます。加熱途中のりんごをつっつく(ひっくり返したり、さわる、かまうって意味)ことがないので、りんごの形が崩れずに、カットしたときそのままの綺麗な形で仕上がります。

今回は、同じレシピで、下記りんご3種類の白ワイン煮をお作りしました。
ふじ・・・お味のほうは、若干酸味が残ります。繊維分が多いからでしょうか、形がしっかりと残り、思ったより歯ごたえがあります。若者向けって感じ。
ジョナゴールド・・・口に入れた瞬間、とろける感じ。りんごの香りもよく、個人的には3種類の中で1番の好みです。
王林・・・りんご自体が甘いので、仕上がりも大変甘くなりました。甘すぎかも・・・。
もともと甘いりんごの時や甘口ワインを使う場合は、更にお砂糖の量を控えたほうがいいでしょうね。または、先に半量のお砂糖を入れ、残りのお砂糖はレンジ加熱途中で味見をして、追加するかどうかを判断するなど。

それぞれのりんごの特徴が、白ワイン煮にすると更に際立ちます。秋に出回る紅玉りんごでお作りすると、また面白いかもしれません。きっと歯ごたえが残り香りのよい、究極の白ワイン煮が出来ることでしょう。

りんごの白ワイン煮・3種類食べ比べセット・・・一皿150円です。たくさんはありませんが、初夏のひんやりデザートとしてお試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

試作品「ベーキングパウダーで作る米粉パン」その2

前回のBLOGの続きです。

(スイーツパン1)バナナ+キャラメル味
バナナ1本、キャラメル4個、グラニュー糖10グラム
バナナは輪切りに、キャラメルは小さく刻みます。(作り方)3.でトッピングした後、仕上げにグラニュー糖をふりかけます。
(スイーツパン2)ブルーベリー+チーズ味
ブルーベリージャム小さじ4、クリームチーズ40グラム
クリームチーズは小さくちぎります。(作り方)3.でトッピングします。

キャラメルは・・・、黄色い箱の森永キャラメルを連想するのですが、最近あまり売っていません。少子化の影響でしょうね。虫歯になったり、せっかく痛い目をして治療した銀歯がキャラメルにひっついてはずれたり・・。キャラメルも思い出深いお菓子ですが売っていないので、今回は代わりにミルキーを刻んで使いました。
ブルーベリーは、まだ出回るシーズンではないので、いちごジャムを使用しました。

前回、生地を混ぜるときに泡だて器でグルグル混ぜたのが悪かったようです。今回は、スコーンを作るときの要領で、カードでサクサク切るようにしました。ちゃんとふっくら焼けましたね。粉100グラム当たり、ベーキングパウダーを小さじ1(5グラム)使っていますので、ふっくらして当たり前か・・。

Okomepan3 出来上がりは、こんな感じ。レシピ通りに丸く仕上げました。
左の2個は、バナナ+キャラメル。
中央は、チョコを刻んでチョコバナナ。遊んでみました。
右の2個は、いちごジャム+クリームチーズ。
お味のほうはといいますと・・
バナナ+キャラメル・・・甘すぎぃーー。グラニュー糖は控えたほうがいいでしょう。ミルキーは、ちゃんと溶けてキャラメル色になりました。ミルキーは、冷えると固まりますね。温かいうちはいいですが、冷めるとちょっと食べにくい。
チョコバナナ・・・思ったとおり最強コンビ。ぶりうまです。チョコはオーブンの中に入ってても溶けませんね。不思議です。
いちごジャム+チーズ・・パン屋のペストリー的食味。チーズは、もう少し丁寧に小さく刻んでのせたほうがよかったですが、味的にはチーズは不要かも・・。いちごオンリーのほうがわかりやすい。
今回のスイーツ編は、どれも紅茶が飲みたくなる紅茶屋さんメニューです。
グラニュー糖、キャラメル、チーズを無しにして、チョコ+バナナ+いちご味にすると、更に美味しくなりそうな予感。薄力粉だけにして、無理に米粉(上新粉)を使う必要はないかもしれません。時間を見て再チャレンジしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

試作品「ベーキングパウダーで作る米粉パン」

今週5月17日発売のオレンジページは「お米パンとスイーツ」特集。米粉を使った話題の米粉ロールやパンケーキ、ドーナッツ、10時3時でもお作りしているシフォンケーキなどが掲載されています。その中に、ベーキングパウダーを使う簡単なお米パンのレシピが載っていました。早速試作です。

オレンジページの紙上と、下記レシピの違うところ・・
1.紙上ではフライパン使用となっています(蓋をして消える寸前くらいのとろ火で20分、その後で水分を飛ばすために蓋を外して1分)。10時3時では、オーブンを使いました(180度で30分)。
2.紙上では、出来上がった生地を4等分し、フライパンにスプーンを使って丸く形作り、具材をのせます。10時3時では、天板にオーブンペーパーを敷き、四角形に薄く生地をのばし、具材をのせました。
3.紙上では粒子の細かい製菓用米粉を指定しています。上新粉は粒子が粗く不向きと記載されていましたが、手持ちがないので、10時3時では上新粉を使いました。

「ベーキングパウダーを使ったお米パン」
(材料)オレンジページ紙上でのレシピの分量(フライパン1回4個分)
薄力粉、お米の粉   各50グラム
ベーキングパウダー  小さじ1
砂糖           小さじ2
サラダオイル      小さじ1
塩             小さじ2分の1
牛乳           3分の1から2分の1カップ

(作り方)1.ボールに牛乳以外の材料を入れ混ぜます。
2.1に牛乳を少し注いでは混ぜという作業を繰り返します。牛乳の量が終わりごろなったら、生地をスプーンなどで持ち上げてみます。生地がもったりとしてきたら、牛乳があまっていても作業を終了します。(さらさら生地では、牛乳入れ過ぎ。粉を少し追加しましょう。)
3.天板に薄く生地をのばし、具材をのせます。少し上から押さえ気持ち埋める感じ。
4.180度にオーブンを予熱後、30分くらい焼きます。
(下の写真では、生地の量を2倍にして、2種類の具材を1度に焼いています。)

Okomepan1 (お惣菜パン1)ベーコン+オニオン・・写真右側
ベーコン1枚、玉ねぎ8分の1個、オリーブオイル小さじ1、塩コショウ。
ベーコンは小さく1cm幅に刻み、玉ねぎは薄くスライスします。小さなボールに材料を入れ、混ぜます。(作り方)3.で生地の上にトッピングします。
(お惣菜パン2)ソーセージ+ピーマン・・写真左側
ソーセージ1本、ピーマンの輪切り1個分12枚程度、ケチャップ少々。
(作り方)3.で、斜め切りにしたソーセージを生地の上にトッピングした後、輪切りピーマンを生地の上にのせ、上からケチャップをかけます。(写真にはピーマンがありません。ナゼ?あしからず。)

Okomepan2 出来上がりはこんな感じ。大きいので、3角形に切り分けてみました。イースト菌使用ではないので、途中の待ち時間がなく、あっけないほど短時間で簡単に作れます。食感は、ホットケーキの生地っぽいです。生地の混ぜ過ぎでしょうか、あまり膨らんでくれませんでした。しっかり味付けをしたので少々喉が渇きますが、ベーコンオニオンは、食べ始めると止まらなくなりそう・・・。3時の子供のおやつにぴったりって感じです。どちらかといえば、紅茶屋さんよりもコーヒーショップのメニューかな。時間が経つにつれ、生地が固くなりますが、電子レンジで温めますとやわらかさが戻ります。

パン作りもやってみれば簡単なもの。考えてみれば、諸外国では当たり前のように毎日自宅でパンを焼いていたはずで、毎日の作業にそんなに難しいことはありえません。何でもやってみましょう。思い立ったら即実行!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

試作品「ニューヨーク風ソルトプレッツェル」

ユアーズさんの置いてあるフリーペーパー「CGCふれ愛交差点5月号」に、
美味しそうなレシピが載っていましたので作ってみました。
「簡単ニューヨーク風ソルトプレッツェル」。
ドイツ風の本格的なプレッツェルは、材料の準備が大変なようですが、
今回のレシピでは、ベーキングパウダーを使って即席で簡単に作れます。

Pretzel (材料)10個分
強力粉、薄力粉    各100グラム
ベーキングパウダー 小さじ3分の2
塩            小さじ1
無塩バター       20グラム
牛乳           15cc
水            2分の1カップ
(作り方)
1.水以外の材料をボールに入れ、分量の水を少しずつ加えながらバターが溶けて全体にいきわたるようにこねます。
2.1がなめらかになったらビニール袋に入れ、20cmの正方形に麺棒などでのばし、冷蔵庫で30分ほど冷やします。
3.2を、10等分に切り、1cmの太さのひも状に手でのばしてハート型に整えます。
4.天板にクッキングシートを敷き、3を並べ、230から250度で20分。キツネ色になるまで焼きます。

10個分とレシピには掲載されていましたが、小さめに16個ほど作ってみました。
お味のほうは、薄味のクラッカーのよう。おつまみとしてお出しするにはプレーン味でいいかもしれません。そのまま食べるには、もう少し何か味付けがほしいところ。味付けは後から「各人ご自由に」ということでしょうか、ユアーズさんのレシピには「ハチミツ、マスタード、マヨネーズなどをつけて」と表記してあります。あらかじめ生地の中に、お砂糖を混ぜてもいいかもしれませんね。

クックパッドに殆んど同じレシピが写真入で紹介されていましたのでご参考までに。
http://cookpad.com/recipe/465616 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

コーヒー豆と真空パック

今日の広島クッキングスクールの授業で、コーヒー豆の真空パックについてのご質問がありました。「炒りたての豆はガスが発生するので、真空にしてもまた膨らみます。最悪の場合には袋が爆発します。豆、粉、出来上がりのコーヒー、全てに共通して大切なことは酸化の防止です。」と回答しましたが、下記HPに詳しく記載されていましたのでご参考までに。
http://www.kimameya.co.jp/mame/gas.html
http://alt-coffee.com/ac-hozon.html
http://www.recolte-net.jp/html/newpage.html?code=4

もし仮に、真空パックに加工してあるコーヒー豆が販売されていたとすれば、ロースト後1週間などかなりの時間が経過していると思われます。香り高い美味しいコーヒーは期待できません。真空パックが鮮度管理の最良の方法のように思われる方が多いかと思いますが、必ずしもそうではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

金箔コーヒー

連休期間中、眠気覚ましでしょうか、コーヒーのご注文が多かったようです。
コーヒーのオーダーが増えてくると、春を感じます。春眠○○・・。

Kinpakucoffee ほんのわずかですが、
金沢名物の金箔をいただきまして、
少し遊んでみました。
「金箔コーヒー」。(ヘタな写真でゴメンナサイ)
ただ浮かべただけですが、
ゴージャス度が増してリッチな気分に。
お正月とかいいかも・・。
金箔は全部浮かぶのかと思ったら、飲んでいるうちに徐々に沈んでしまいました。
金箔コーヒーは、フリーズドライコーヒーに金箔を混ぜた商品が既にありますね。
金箔紅茶は・・・聞いたことがありません。紅茶の場合は、最後に茶葉を濾す関係上、商品化が難しいのでしょう。商品にするとすれば、紅茶を淹れた最後の仕上げに、別添の金箔をカップの上からパラパラと振りかける程度しかできません。
コーヒーの黒い水色のほうが、金箔がキラキラ映えて綺麗かも・・。

皆様、砂金掘りの経験はおありでしょうか?
私は、北海道で一度だけ体験したことがあります。
ゴム長靴を履いて川に入り、川底の砂と砂利をザルですくいます。砂金は比重が重く、砂の底の深いところに沈んでいますので、底の砂を大きくえぐるようにすくいます。かなりの重労働です。2時間程度で、体中が痛くなりますが、取れる砂金はほんのわずか。ケーキ屋などでガトーショコラなどの表面に飾ってある金箔を見るたびに思い出します。金は貴重です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »