« メニュー選びに迷ったら・・ | トップページ | ピーククオリティーヌワラエリヤ2011 »

2011年4月22日 (金)

ファーストフラッシュダージリン 2011

お待たせしました。
大阪ムジカティーさんから、ダージリンの新茶が届きました。
ロヒニー(Rohini)茶園産。はじめての茶園です。

Ffd2011rohini 蒸らし時間3分だとお湯の域を出ないので、少し長めの5分間の蒸らし時間で1杯目をいただきました。水色は橙色。新茶らしいといえば新茶らしいのですが、香りと味は控え目です。カップ表面からの香りは強くはありませんが、飲んだ後には鼻腔にフルーティーな香りが残ります。少しばかり心地よい渋みも感じます。
2杯目は、渋みが全面に出て、なんだかとっつきにくい印象。ちょうど、赤ワインを飲んだ時に、口の中が引き締まってガジガジするのと同じ感じ。タンニンの仕業ですね。1杯目はストレート向けですが、2杯目はほんの少しミルクをいれたほうが飲みやすいです。
今回の新茶を例えて言うならこんな感じです。「このぶどう、ちょっと収穫時期が早すぎたかも・・。もう少し待ってたら完熟してたんだろうけど、現地にも色々事情がありましてー、やむなく早めに収穫しちゃったのね。」

カップサービス400円です。5分間蒸らしたカップティーでのお茶をオススメします。
もし、ご希望がございましたら、ティーポット500円でもお出しします。
ムジカティーさんでは、マリーボン茶園の新茶も予定されていますが、いつになるのか入荷予定がわからないそうです。ロヒニー茶園、お早めにお試しください。
店頭での茶葉の販売は、50グラム入り900円、250グラム入り4200円です。

試飲前に、新茶を1枚食べてみました。口の中に含んで少しかじりますと、みるみるうちに溶け、消えてなくなります。昨年のゴパルダラでは、噛むほどに甘みと香りが増し、パワーを感じる新茶でしたが、今回のロヒニーは葉肉がとっても薄い。甘さ、香りも控えめで、はかない印象です。(アレルギーの薬にクラリチンというのがあって、口に含むと瞬間的に溶ける薬(口腔内速溶錠)がありますがそんな感じ。)
なんだか、人間の営みと重なる部分があるなぁと感じるこの頃です。

|

« メニュー選びに迷ったら・・ | トップページ | ピーククオリティーヌワラエリヤ2011 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/51419706

この記事へのトラックバック一覧です: ファーストフラッシュダージリン 2011:

« メニュー選びに迷ったら・・ | トップページ | ピーククオリティーヌワラエリヤ2011 »