« 偶然は必然。私と紅茶 その4 | トップページ | ティーポットの大きさと、ジャンピングについて »

2011年3月24日 (木)

紅茶にはステンレスの急須がおすすめです

前回BLOGでは、ステンレス製の急須のことをお書きしました。

紅茶用のティーポットではなく、ステンレス製の急須を使ったのは、偶然ながら、色々な紅茶(リーフティ-)の味の違いを知るには、大変によかったと思っています。

ステンレス製の急須は軽いです。重さは約100グラム。10時3時のお店のティーポットは300から400グラムなので半分以下の重さです。紅茶の専門書では、よいティーポットの条件は、「肉厚で保温性の高い陶磁器製品、ボーンチャイナなど」と決まり文句のように書かれていますが、肉厚の重たいティーポットは予熱が大変に難しい。保温性が高い、即ち冷めにくいということは、逆を言えば温まりにくいということ。しっかり予熱をしておいしい紅茶が出来たなら、2杯目、3杯目も熱いおいしい紅茶が飲めるので良いのですが・・・。一般的に、このような来客用の高価なティーポットは普段は使用しないので、経験不足のために予熱の具合がわからず、予熱不足になりやすい。その結果、ぬるいおいしくない紅茶が大量に出来上がり、保温性がよくても、おいしくない紅茶が残るという残念な結果になります。
今回のような軽いステンレス製の急須では、すぐに熱くなりますので予熱は簡単。熱湯の量がカップ2杯分360ccだと急須の9分目辺りなので3分間経過しても熱いまま。1杯目を注ぎ、少なくなっても、成分がきちんと抽出された(おいしく出来あがった)紅茶は冷めてもおいしいです。万事都合よく終わりますね。これは経験上いえることなので、通説とは反対ですが、皆様も実験されるとよくわかると思います。

軽い、肉厚の薄いティーポットで予熱をして、おいしい紅茶を作る。そのかわり、弱点である保温性の部分は、ティーコージで補助をする。10時3時からのご提言です。

|

« 偶然は必然。私と紅茶 その4 | トップページ | ティーポットの大きさと、ジャンピングについて »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

桂先生happy02今日は、美味しいチャイをありがとうございますmoon2ribbonlovely疲労困憊しておりましたが、とても癒されましたlovely
とても飲みやすくて、まろやかな味わいに、感動しておりますheart01ムジカの紅茶も、さっそく今から飲んでみますlovely

紅茶のお話もきかせてくださり、ありがとうございます。
【ステンレス製の急須】、さっそくさがして、実験してみますribbon

ネットで見つけましたが、諭吉が飛ぶ価格だったので厳しいです。もう少し、お手頃なのを探してみます。もしおすすめがあれば、また今度教えて頂けると嬉しいです。

では、明日も寒くなるようですので、暖かくしてお過ごしください。
杏仁heart01pigchickheart01

投稿: 杏仁。 | 2011年3月24日 (木) 20時38分

「紅茶 ステンレス ポット」で検索してもヒットせず、「ステンレス ティーポット」で検索したら、いくつかみつかしましたtaurus

「パール金属 茶香 18-8ステンレス製 横手 ティーポット 600ml」が手頃のようです。

他にも、作家さんの手作り(形がすてき)や、
調理器具店でみつかりましたが、
値段の幅が広くて、形態もさまざまですdespair

まずは、お手頃価格のを買ってみたいと思いますchick

投稿: 杏仁。 | 2011年3月24日 (木) 20時54分

杏仁さん、こんばんは。
コメントありがとうございました
ステンレス製の急須ですが、ゆめタウンやフジグランの
キッチン台所用品売り場の安価なもので十分ですよ。

投稿: 10時3時の店長より | 2011年3月25日 (金) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/46277537

この記事へのトラックバック一覧です: 紅茶にはステンレスの急須がおすすめです:

« 偶然は必然。私と紅茶 その4 | トップページ | ティーポットの大きさと、ジャンピングについて »