« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月25日 (金)

ハーブティーの効能

初めてご来店のお客様からハーブティーの効能についてご質問がありました。
あいにくハーブの本は、ある人にお貸ししたままで返却されておらず、手元にありませんでした。今までは本のページを開いて「ご参考までに。」とやっていたのですが・・・。今回は、お店のパソコンでインターネットの検索で信頼できそうなホームページを開いて、「こちらをご覧ください」と、親切そうなことをやってしまいました。チョッと後悔しています。
そのお客様は、「どーもありがとうございます。」といいつつ、紙と鉛筆で必要なところだけをメモしてお帰りになられました。情報源がどこであるのかを全く気にされていない様子です。お客様がお帰りになられた後、このページは念のために「お気に入り」に登録しておきました。インターネット上のページは、いつ消えてなくなるかも分かりませんし、客観的な事実以外は証明できない情報も多く、信頼性に欠けるのです。次回からは、できるかぎりお客様ご自身で調べていただくことにしようかな。
ハーブティーの効能などは、すべての人に当てはまるわけではないでしょうし、市販の風邪薬のように即効性があるわけでもないので、「一般的には・・・」と、前置きが必要でしょうね。ただ、「信じるものは救われる。」という言葉もあるので、疑うことを知らずに今回のケースのように100%信じていただくと、ハーブティーも良く効くかもしれません。

今週火曜日あたりから、広島では気温が上がり、花粉が飛散しているようです。
花粉症対策のオススメのハーブティーは、ネトル。日本名は「イラクサ」。
葉っぱなので、レモングラスが飲めれば、飲めるでしょう。正直、あまり美味しい味とはいえませんが、薬草なので少し我慢して・・。ネトルは、毎日飲みつづけることで、ネトル内のヒスタミン成分を少しずつ取り込むことにより、花粉症に強い体質になるという効果があるようです。
Herbblendtea また、花粉症の症状がひどく、鼻が詰まったり喉が痛いときには、カモミール、リンデン、紅茶を混ぜたハーブブレンドティーがオススメです。飲むだけでなく、カップを口元に持っていって、カップからの蒸気(湯気)を少しずつ吸い込みます。しばらくしますと、楽になります。

ハーブブレンドは、ポットサービス500円です。
ネトルは、ポットサービス400円。人により、ネトルのお味は苦手かもわかりませんので、一度店内で飲んでみて、ご自分で飲み易ければ、ハーブ屋さんで購入というのがいいでしょう。皆様お大事に・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

新ケーキ「上新粉シフォンケーキ」

前回の、みうたさんのレシピで使用した上新粉が余ったので、
上新粉を使ったシフォンケーキをお作りしました。
上新粉を使うと、小麦粉に比べて軽めの仕上がりに。ふわふわ系のシフォンケーキ、ロールケーキにあうようです。逆に、もっちり系のカステラなどには不向きのようです。

作り方は、「デコポンのシフォン」に同じです。
http://tearoom1003.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-0b08.html

Jousinkochiffon (材料)オレンジジュース 70cc
上新粉         100グラム
卵黄            3個
グラニュー糖      40グラム
サラダオイル      40cc
卵白            3個
グラニュー糖(メレンゲ用)80グラム
今回のレシピは、小麦粉不使用のアレルギー対応ケーキです。

「デコポンのシフォン」の材料の薄力粉を、上新粉に置き換えます。また、ベーキングパウダーは今回は不使用にしました。自店で使用していますアイコク・ベーキングパウダー赤缶に、「小麦を使用した設備で製造しています。」とあるので、だいじをとって不使用に。デコポンの代わりは、オレンジジュースを使いました。上新粉は、ふるわなくてもいいようです。

出来上がりは、ふわふわとやわらかいので、冷めるまで待ってからカットしましょう。
感想は・・しっとり滑らかで口どけがよく、小麦粉を使うときよりも美味しいかも・・。
ちょっとはまりそうな感じです。しばらくお店でお出ししてみます。
評判がよければ、定番商品に。
お値段はお試し価格の100円です。ぜひお試しください。

PS:長野県では、上新粉でこんなかわいらしいお菓子を作っていますよ・・。
http://www.iijan.or.jp/oishii/2011/02/post_1515.php#more

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

試作品「みうたさんの男爵ポテトチョコボール」

新しいチョコレートケーキをお作りしようとして、試作品ができましたのでご紹介します。昨年3月、「もちもちバナナブレッド」などアレルギー対策のケーキのときにご紹介しました江島雅歌さんの最新本の中に、面白そうなチョコ菓子が掲載されていました。
「男爵ポテトチョコボール」。
副題に「男爵に柑橘とチョコの風味はベストマッチ」とあるので、早速トライ。
みうたさんレシピではボール状にしますが、今回はケーキ型でお作りしたいので、全体の分量を下記レシピのそれぞれ2倍にして、丸型18cmに流し入れ、約30分焼いてみました。手順はオリジナル通りです。違う点は、マーマレードは、練りこむとカットが難しいので、出来上がった後にケーキ皿に添えることに。また、菜種油はないので、オリーブオイルを使用。すると、こんな感じに仕上がりましたよ。
Chocoball 写真左が、丸い型で焼いたもの。右は、みうたさんのレシピそのままのチョコボールでマーマレード入りです。
マーマレード入りのチョコボールは、食べた瞬間はもっちりとしていてチョコとマーマレードの香りが強く印象に残ります。食べた後、しばらく時間が経過して、今度は男爵のホクホクした香りが鼻腔に余韻として現れてきて、なんだかとっても不思議なお菓子。
ケーキ型のほうは、全体的に味にまとまりがなくて今一歩。やっぱり、マーマレードは生地に練りこんだほうが食べたときのしっとり感があっていいかもしれませんね。

今回は、下記タイトルの江島雅歌さんの本をご参考にさせていただきました。
「10種のお芋でつくる みうたさんのお芋の菓子箱
小麦・卵・牛乳・白砂糖なしの自然派おやつ」
(社)農山漁村文化協会発行 2009年12月初版
レシピは61ページに掲載されています。

「男爵ポテトチョコボール」
(材料)直径3cmのもの16個分
男爵 200グラム
黒糖(粉末)またはきび砂糖 大さじ1
ココアパウダー 小さじ2
マーマレード 大さじ4
菜種油 小さじ2
上新粉 大さじ4(約30グラムです)
(作り方)1.男爵は皮をむいてやわらかく茹で、粉ふきにしてすりつぶす。
2.1に黒糖、ココアパウダー、マーマレード、菜種油、上新粉の順に加えながらゴムべらで混ぜ合わせ、一つにまとまったら16等分して丸める。
3.クッキングシートを敷いた天板に2を並べて、180度に予熱したオーブンで10分焼く。

2で混ぜるときに、かなりの力が必要です。ゴムべらより木べらがいいでしょう。

粉ふき芋、久しぶりにおつくりしました。お塩をふってちょっとつまみ食い。小学校の家庭科の授業以来かも・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

ユアーズさんが低温殺菌牛乳を発売

ユアーズさん新開発の商品「ユアアイズ・低温殺菌牛乳」が発売になりました。

ユアーズさんの紹介HPは・・http://www.yours.co.jp/topics/129603621910031.html
youtubeでの紹介もあります・・http://www.youtube.com/user/Theyoureyes1
youtubeのビデオのなかで、酪農家の方自身が、搾りたての牛乳がどのようなものかをお話されています。また、酪農家の方たちも「搾乳してから店頭に並ぶまでの日数はわからない。」と言われていたのは印象的。今回の牛乳のウリは、搾乳から店頭に並ぶまでの日数のようです。世界最速でなくてもいいのですが、牛乳という商品の性格上、早いほうがベター。食品のラベル表示に製造年月日がなくなり、牛乳メーカーさんの製造工場も大規模に再編されているなか、「どこの牛さんの、いつのお乳なのかさっぱりわからない。」というのが、近年の消費者サイドの正直な感想ではないでしょうか。
今回の低温殺菌牛乳の製造元は、昨年10月にBLOGでご紹介しました高知県のひまわり乳業さん。期待できそうで、早速試飲しました。

Yoursmilk 感想は・・全く申し分ありません。一口飲んだ瞬間から、飲んだ後の余韻に至るまで、まさに搾りたて牛乳って感じです。
甘みがあり、温かみがあり、コクもあって、トローっとしています。ひまわり乳業さんの低温殺菌牛乳に比べると、若干さらさらっとした感じがありますが、たぶん季節による乳脂肪分の変化と思われます。

肝心のお値段は、お試し価格の198円です。
いつまでこのお値段かは?です。
198円のうちに気になる方はぜひお試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

紅茶からカフェインを抜く方法

「夜に紅茶を飲むと眠れなくなります。」と、Wさんからご相談。

色々な本を読んだ結果、
紅茶にもコーヒー豆と同量のカフェインが含まれているようです。
ただ、カップ1杯あたりに使用するグラム数を比較しますと・・
紅茶は、リーフティーの場合約3グラム、
コーヒーは、一般的には8から10グラム、コーヒー専門店では15グラム程度。
同じ量を飲むのであれば、紅茶抽出時のカフェインの量はコーヒーの場合の約3分の1となります。

紅茶抽出時のカフェインを減らすHPが見つかりましたのでお知らせします。
紅茶から80%のカフェインを抜く方法・・・
http://www.7korobi8oki.com/mt/archives/2006/10/80.html
紅茶の葉を少量の熱湯に浸け、30秒ほど待ってお湯を捨て、改めて紅茶を淹れるようです。カフェインが全くなくなるわけではないですが、お試しください。ただ、最初の紅茶の抽出成分を捨てるということは、コーヒーでいえば一番美味しいファーストドリップを捨てるということと同じです。お店で数回テストした結果、出来上がりの紅茶は、香り、味、コクなど、全体的に軽めの紅茶に仕上がるようです。ミルクティー向けの紅茶が、ストレート向けの紅茶になるといえばわかりやすいでしょう。ストレート向けの紅茶の場合は、もっと軽くなりますので、飲み応えがなくなります。ご注意ください。

全くのカフェイン無しを望まれる場合は、ハーブティーをお薦めします。
特に、カモミールはよく眠れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

ウバ紅茶のティーバッグ限定品再入荷

Uvateabag 2008年産のとっても美味しかったスリランカ・ボンバガラ茶園産のウバ紅茶の三角ティーバッグ限定品。長らく、途絶えていましたが、本日再入荷しました。
20個入り 630円、
5個入り200円です。

また、下記アイテムも合わせて再入荷しました。
2010年のマーガレットホープ茶園産の秋摘ダージリン 50グラム入り900円。
2010年のアイスラビー茶園産のウバ紅茶 50グラム入り1000円。
セイロンティーの三角ティーバッグ 20個入り630円です。
こちらは、通常タイプのセイロンティーブレンドで、ストレート、ミルクティーともに美味しくいただけます。冒頭でご紹介しましたボンバガラ茶園産は、独特の香り(鼻がスーッと通るような感じ、メントール香といいます)が強く、渋みも強いので、ミルクティー向けの紅茶になります。
2008年産は、ここ数年のウバ紅茶では最高の出来。お見逃しなく!

いずれも大阪ムジカティーさんより。取り急ぎお知らせまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

新ケーキ「シフォンケーキ マーブルチョコ味」

10時3時では、毎年2月に新しいチョコレートのケーキをお作りしています。

今年は、シフォンケーキ マーブルチョコ味。
作り方は、昨年の春におつくりしました「デコポンのシフォン」に同じです。
http://tearoom1003.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-0b08.html
追加材料として、チョコレート30グラム。お店では、クーベルチュールビターを使いましたが、なければ普通の板チョコで。湯煎で溶かしておいて、金型に流し込む直前の生地に混ぜ込みます。デコポンは、まだ出回っていませんので、オレンジジュースで代用しました。
ケーキ上部のシフォン部分は従来通りフワフワです。下部のチョコ部分はサクサクして、おいしく仕上がっています。
Chocochiffon チョコとオレンジピールは好相性です。2月1日に、伊予柑でマーマレードをお作りしていますので、写真のように「生クリーム+マーマレード添え」ということで。お値段100円据え置き。お試しくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »