« 新メニュー「ポテトグラタンケーキ」 | トップページ | 新年おめでとうございます »

2010年12月28日 (火)

年末年始のお知らせ

今年も、残り4日。暑い夏ばかりが印象に残る1年でした。
本年も数多くのお客様にご来店いただきまして、誠にありがとうございました。
来る2011年も、変わらぬご愛顧のほどをよろしくお願い申し上げます。

10時3時のお休みの予定ですが・・・
年末の営業は、31日夜10時まで。(明日29日は、お昼2時頃から営業します。)
年始は1月1日はお休み、2日の朝10時から通常営業です。
毎年恒例ですが、年明け先着100名さまには、お年玉のプレゼントがあります。
1月2~3日の2日間、お昼から夕方の時間は、大変忙しくなることが予想されます。
お時間には余裕を持ってお越しくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

また、お昼のキッシュランチは、今日から来年1月12日あたりまでお休みします。
ご了承ください。

今年もたくさんの本を中央図書館からお借りしました。たぶん100冊くらい。
そのなかから、特に印象に残った本をご紹介しますと・・
1.「警察署長」スチュアート・ウッズ著 真野明裕訳 早川書房 1984年
  アメリカ・ジョージア州の小さな町で起こる犯罪小説。425ページ。
  1週間でいっき読み。
2.「グレートジャーニー全記録」関野吉晴著 毎日新聞社 2006年
  第1巻 移動編 南米チリの南端ナバリーノ島を出発し、アフリカのタンザニアまでの5万3千キロを、徒歩、カヤック、自転車、犬ぞりなど化石燃料を使わずに旅をする。アフリカ起源の人類の大移動(グレートジャーニー)の足跡をたどる10年間の旅の記録。
  第2巻 寄道編 旅の途中に出会った少数民族の生活を関野氏自身が実体験する貴重な記録。今もなお、自給自足の生活をしている人達の伝統は、現代社会のあり方を考えさせられます。
3.「兎の眼」灰谷健次郎著 角川文庫 1998年 
 関西のとある学校でのお話。小説ですが、私にとっては、とてもリアルな世界でした。本書の初出は1974年(理論社)。1974年は、ちょうど私も小学校1年生で、小説の主人公と同年齢。さすがにハエの研究をしている子はいませんでしたが、あおっぱなをたれた子や、ドブ(若い人、ドブって知らないかな。下水溝のことです。)の中のねずみ、すぐに泣いて授業にならない大学出の新任先生など、体験したそのままの世界。1クラス22人程度の田舎の小学校でしたが、自然がいっぱい。おおらかな、ある意味幸せな時代でした。
4.「ホットゾーン」リチャード・プレストン著 高見浩訳 飛鳥新社 1995年
  1967年から1993年にかけておきたエボラ出血熱に関する実話。460ページ。エボラウイルスは未だに謎が多く、治療法がない。致死率90%。地球上には、未だに解明されてないことがたくさんあるという事実を、知っておくべき。恐怖の一冊ですが、オススメの一冊です。読破したその日の夜、ニホンザルの謎の大量死のニュースが・・。キャー怖い!ゾッとしました。
  以下ニュースの内容です:2010年7月9日 時事ドットコムより抜粋。
  京都大学霊長類研究所(愛知県犬山市)のニホンザルが原因不明の出血症で大量死していたことが9日、分かった。2008年3月~10年4月に38匹が死に、01年7月~02年7月にも6匹が死んだという。ニホンザル以外のサルやヒトへの感染は確認されておらず、同研究所の平井啓久副所長は「未知の疾病とみられるが、ヒトに感染するエボラ出血熱のような感染症とは異なる。ニホンザル特有の疾病の可能性が高い」としている。 同研究所によると、死んだサルの主な症状は、臓器や鼻粘膜からの出血、暗褐色で泥状の便など。ほとんどの場合、血小板の数がゼロになっていたほか、白血球、赤血球が著しく減少、極度の貧血状態だったという。 原因は調査中だが、発生場所は研究所の屋内飼育室、屋外放飼場など3カ所に限られており、ニホンザル特有の未知の病原体による感染症の疑いが強いという。
  2010年11月11日 読売新聞より
  京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)のニホンザルが大量死した問題で、京大は11日、同研究所内で飼育しているカニクイザルから、サルレトロウイルス4型(SRV―4)という病原体が感染したのが原因とする調査結果を発表した。SRV―4が人に感染する可能性は極めて低いという。

それではみなさま、良いお年をお迎えくださいませ。

|

« 新メニュー「ポテトグラタンケーキ」 | トップページ | 新年おめでとうございます »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/50199572

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始のお知らせ:

« 新メニュー「ポテトグラタンケーキ」 | トップページ | 新年おめでとうございます »