« 木次乳業「パスチャライズ牛乳」 | トップページ | リプトン 「朝ティーリズム」キャンペーン »

2010年11月26日 (金)

試作品「お豆腐レアケーキ」

ここ数日、朝晩は寒いのですが、お昼は暖かいのでしょうか?冷たいお飲み物のオーダーが多いです。ひんやりしたケーキがいいかなと思いまして、先日いただききましたはらドーナツをヒントに、新しいケーキをお作りしました。
「お豆腐レアケーキ」。黒豆ではなく普通のきな粉ですが、少量入れてきな粉味に。

前もって準備しておけば、作り方は簡単です。前の日の夜に、底に敷くクッキーの土台を作っておき、お豆腐とヨーグルトを水切りしておきます。翌日、9月のBLOGでご紹介しました「きな粉ミルク」を濃いめにして加え、最後にゼラチンで固めます。ミキサーを使うと簡単にできますよ。

「お豆腐レアケーキ」の作り方(直径18cmの丸型、底の抜けるものを使いましょう。)
(材料)お豆腐    250グラム(絹がいいです。水切り後は約140グラムでした。)
プレーンヨーグルト 250グラム(ブルガリアを使用。水切り後は約半分に。)
牛乳 200cc
きな粉 10グラム(ふるっておきます)
お砂糖 20グラム
粉ゼラチン10グラム+お湯100cc
バター 50グラム+砕いたクッキー90グラム(土台用です。)

(作り方)1.前の日の夜に、お豆腐とヨーグルトをそれぞれ水切りしておきます。
2.溶かしたバターとクッキーを混ぜ、金型にオーブンペーパーをセットして中に入れます。上から押し固め、冷蔵庫に入れ冷やしておきます。
3.翌日、1と牛乳、きな粉、お砂糖をミキサーに入れよく混ぜます。
4.ゼラチンを、湯で溶かしておきます。(少し冷まします。)
5.3をボールにとり、4を入れ、静かにかき混ぜて手早く金型に流し入れます。
6.5を冷蔵庫に入れ、2時間くらい冷やして出来上がり。

Raretofuこれくらいの材料配分で、食べたときのお豆腐のプルプル加減がちょうどいい具合に。お好みで、きな粉とお砂糖を加減しましょう。やっぱりお豆腐料理は、油で揚げるより、あっさり仕上げのほうが良いのでは?と思います。
ケーキ土台(バター+クッキー)を省略すると、更に簡単です。
ご自宅でぜひどうぞ。

今年2月にお作りしました、「ノンバターふわふわお豆腐ケーキ」のレシピはこちら。
http://tearoom1003.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-a82b.html
これで、ベークドとレアの2種類が揃いました。

PS 11月29日
更にお豆腐に近い仕上がりにするには、
1.クッキーの土台を無しにして、代わりにオーブンペーパーを敷き、
2.出来上がりのケーキを上下ひっくり返します。
仕上がりの美しさに、感動します。

|

« 木次乳業「パスチャライズ牛乳」 | トップページ | リプトン 「朝ティーリズム」キャンペーン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/49639322

この記事へのトラックバック一覧です: 試作品「お豆腐レアケーキ」:

« 木次乳業「パスチャライズ牛乳」 | トップページ | リプトン 「朝ティーリズム」キャンペーン »