« ただいま「ウインク広島9月号」に掲載中です。 | トップページ | 試作品「野菜オムレツ」 »

2010年8月29日 (日)

セカンドフラッシュダージリン 2010

お待たせいたしました。セカンドフラッシュダージリンが大阪ムジカティーさんから届きました。例年通り、ゴパルダラとマリーボンの2つの茶園をご紹介します。

Gopaldhara2010sfd まず、今年の新茶がピカイチだったゴパルダラ茶園のセカンドフラッシュ。水色は、1杯目からかなり濃い橙色で、渋みが前面に出て力強い味わいです。香りはといいますと、残念ながら前回の新茶よりは抑えられた感じで、あまり”マスカットフレーバー”とは感じられません。新茶が良かったからといって、セカンドが更に良い香りだとは限らないのですね。勉強になりました。今回のゴパルダラのセカンドフラッシュは、ミルクティー向け。香りよりは味!ですね。2杯目も、かなり渋みが出て、ミルク無しで飲むのはちょっとつらいかも。たっぷりのミルクとお砂糖を入れますと、甘口ながらとっても美味しいダージリン紅茶になりました。ベースとなる紅茶の味がしっかり出ていますので、味が壊れません。骨太ダージリンといった印象。

Marybong2010sfd 続いて、いつも優しさ満点のマリーボン茶園のセカンドフラッシュ。水色はゴパルダラよりも薄く、淡い橙色。茶葉は少し緑色がかっていて、どちらかといえばストレート向けです。1杯目をいただきますと、若干の心地よい渋みがありながら、ダージリンの香りとほんのりとした甘さが、飲んだ後の余韻としてかなり長く漂います。2杯目は少しミルクを落としたほうが飲みやすいです。印象としましては、避暑地の午後。心地よい風に吹かれながらの、ゆるりとしたアフタヌーンティーといった感じですね。

茶葉のお値段は、どちらの茶園も、50グラム入り900円です。

店内でお飲みの場合は、カップティー500円、ティ-ポット550円です。
ミルクティー向け、ストレート向け。どちらもぜひお試しください。

|

« ただいま「ウインク広島9月号」に掲載中です。 | トップページ | 試作品「野菜オムレツ」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/49248883

この記事へのトラックバック一覧です: セカンドフラッシュダージリン 2010:

« ただいま「ウインク広島9月号」に掲載中です。 | トップページ | 試作品「野菜オムレツ」 »