« ゴールデンウィークは、通常通り営業します | トップページ | ゴールドプライズ ヌワラエリヤ 2010 »

2010年5月 1日 (土)

ファーストフラッシュダージリン 2010

今年も大阪のムジカティーさんからダージリンの新茶が届きました。
このたびは、「ジッタパハール」という新登場の茶園と、いつもの「ゴパルダラ」茶園の2箇所から。

まず、「ジッタパハール」茶園。
Giddapahar2010ffd 1杯目は、淡い水色、ふんわりと心地よくつつまれているような穏やかな香り。全く渋みは感じられません。2杯目は結構渋みがあり、少しミルクを落とすと飲みやすくなります。例えていえば、今年の日本の春の遅咲きのハナミズキの花そのもの。最初は、ジーッと寒空に耐え開花を待つ蕾のよう、今日辺りになってやっと気温が上がり開花。ふんわりとした花が空に向かって咲き、春の日差しを楽しんでいるようです。誰が飲んでもあっさりして飲みやすい新茶です。

一方、「ゴパルダラ」茶園は・・、
Gopaldhara2010ffd おぉー!!すばらしい香り。1杯目からダージリンの特徴としてよく例えられるマスカットフレーバーの香りが漂います。近年まれに見る最上級の新茶ですよ。水色は、ジッタパハール同様に淡いのですが、ゴパルダラならではの渋みが少しあります。ジッタパハールのほうが新茶としては飲みやすいです。2杯目も、渋みが前面に出てきてかなり力強い。ミルクが必要です。茶葉を多めに使って「セカンドフラッシュです。」とお出ししても、皆さん納得される位の力強さ。これはセカンドが楽しみですね。これまで「マスカットフレーバーに出会ったことないんですが・・」とおっしゃるあなた、ぜひこのゴパルダラをお試しください。
「BLOG見ました!」といって頂けたら、ゴパルダラをお選びいただけます。

茶葉のお値段は、50グラム900円、250グラム入り4200円です。
10時3時店内でお飲みの際のお値段は、例年通りですが、
カップティー400円、ティーポット500円です。

今年のダージリンの新茶は、色々なサイトで書かれている前評判だと高品質で高値。しかしながら、ムジカティ-さんからは、例年通りに、ごく普通に届いています。高品質に間違いはありませんが、高値かどうかは茶葉を販売する業者が決めること。
茶葉を売って利益を得る会社は、何かとはやし立てて高値で売る傾向があり、買う側は本当にそうなのか、気をつける必要がありますね。例えば、このサイトでは・・・
http://www.lupicia.com/magazine/special/2010-dj.html?utm_source=lupicia.com&utm_medium=bnr-main2&utm_campaign=dj2010
こんなにたくさんの茶園の品揃えが必要なのか疑問です・・。また、常時在庫を確保しているということは、売れない茶葉も出てくるわけで、その分、売れ筋の商品をより高くして売りさばき、利益を確保する必要があるというわけです。
開店当初から、10時3時では、「季節ものは、その時期に。完売したらおしまい。」という方針で営業しています。こちらで紅茶教室をやっていれば、一年中ダージリンの新茶を紹介する必要性から、ある程度の在庫量が必要ですが、10時3時は「紅茶のおいしい喫茶店」なので、季節の紅茶が、美味しい時期に、リーズナブルな(妥当な)お値段でご提供できるわけです。

季節の紅茶といえば、ムジカティーさんからヌワラエリヤのちょっと美味しい茶葉が届いています。
次回BLOGでご紹介します。

|

« ゴールデンウィークは、通常通り営業します | トップページ | ゴールドプライズ ヌワラエリヤ 2010 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/48196539

この記事へのトラックバック一覧です: ファーストフラッシュダージリン 2010:

« ゴールデンウィークは、通常通り営業します | トップページ | ゴールドプライズ ヌワラエリヤ 2010 »