« 新メニュー「アイリッシュブラウンブレッド」 | トップページ | 新ケーキ「ノンバター もちもち蒸しパン・いちご味」 »

2010年5月28日 (金)

試作品「ベーコン&キャべッジ」

前回に引き続いて、アイルランド料理を。
アイルランドの代表的な煮込み料理に、ラム肉を使った「アイルランドシチュー」がありますが、このたびは、タイミングよくベーコンの塊をYさんからいただきましたので、
「ベーコン&キャベッジ」にTRYしてみました。Yさんありがとうございます。
今回ご参考にしたのは、「ポテトケーキ」のときと同様、
「味見 ききみみ アイルランド」(貝谷郁子著 東京書籍 1997年初版)。
87ページあたりに、作り方が記載してあります。
Baconandcabbage1おおざっぱですが・・・
1.2キロのベーコンを1晩水につけて塩抜きし、
  大なべでひたすら茹でて、
2.玉ねぎ、にんじんなどダシになる野菜を加えて茹で、
3.最後にキャベツをどっさり加え柔らかく煮る。
・・・とあります。

ベーコン2キロは難しいので、200グラム位で。
試作ですから・・。
Baconandcabbage2じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、キャベツを加えて、約1時間コトコト煮れば、こんな感じに仕上がりましたよ。
塩コショウその他一切の味付けしていないので、一見、非常にあっさりした普通の野菜スープのような感じです。しかしながら、ベーコンを口に入れると、ベーコン独特の濃厚なコクが口の中に強烈に広がります。スープの中に旨みが出た後でもなおベーコンのコクが味わえるのは、ベーコンの塊の使用時ならでは。野菜とスープのさらさら感と、ベーコンのねっとり感。
この2つの正反対のコクが、同じ器の中で同居しているのは、味の調和を尊ぶ(?)和食ではありえない面白さです。一晩置いても、この対比は変わりませんでした。和食の場合、煮込み時間が足らん!と叱られそう・・和食は、薄切りのお肉を使うことが多いですからね。
(お肉の話は話題がそれるのでまた改めて書くことにします。)
日本だったら、この野菜スープに加えて、カレー粉やお味噌やシチューの素などで更に味付けしそうですが、そうしないところが「ベーコン&キャベッジ」。
もうすぐ、入梅。梅雨寒の時期のあったか料理にぴったりです。
イギリスやアイルランドの煮込み料理は、手間をかけず「材料を大なべに入れ水を加え、オーブンに1時間入れておしまい」というのが、ごく普通の家庭料理のようです。オーブンを活用すると、時間にゆとりができますね。(今回の煮込み料理は、ベーコンをコトコト煮るのでガスコンロを利用し、途中何度か差し湯をしました。)

|

« 新メニュー「アイリッシュブラウンブレッド」 | トップページ | 新ケーキ「ノンバター もちもち蒸しパン・いちご味」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/48323323

この記事へのトラックバック一覧です: 試作品「ベーコン&キャべッジ」:

« 新メニュー「アイリッシュブラウンブレッド」 | トップページ | 新ケーキ「ノンバター もちもち蒸しパン・いちご味」 »