« 新ケーキ「デコポンのシフォンケーキ」 | トップページ | ブルックスコーヒー その2 »

2010年4月23日 (金)

ブルックスコーヒー

4月になると、コーヒーのオーダーが増える今日この頃。今週は、クッキングスクールでコーヒーの授業がありましましたので、今日はコーヒーのお話を。

Brooks1Aさんからブルックスコーヒーをいただきました。
ありがとうございます。
新聞広告や折り込みチラシよく見かける例のコーヒー。
おいしそうで、これまで何度も注文しようと誘惑に駆られました。
アルミパックを開けて取り出してみると、
ちょっと変わっていたのでご紹介します。

Brooks2 どこが変わっているのかというと、フィルターが大きくて、コーヒーカップの底のほうまで届くのです。「豆がたっぷり10グラム」とキャッチコピーにあるので単に豆の量が多いから大きなフィルターになったともいえますが、出来上がりのコーヒーの液体にフィルター丸ごと浸かってしまうのですね。
いままで何度かこのタイプ(簡単な折り紙みたいなペーパーフィルターのタイプ)のコーヒーを試しましたが、通常はカップの上のほうでセット完了です。つまりろ過するだけ。
ブルックスのタイプは、わざと(?)フィルターの底が出来上がりのコーヒー液に浸るような構造なので、ろ過プラス浸出。コクのある飲み応えのあるコーヒーが出来るかも。でも、中細挽の粉の挽き方なので、えぐい味になりそうな印象。これで荒挽きの豆が入っていたらベストなんですけど。ということで、実際に作って遊んでみました。

1.コロンビア。
Brooks3 パッケージには、熱湯を用いて20秒蒸らすように書いてありますが、お湯の温度は若干下げて90度位にしました。案の定、蒸らしで豆が膨らむことはありません。
コロンビアの力強いコクを求めて、ティーバッグ風に1分間ほど浸けっぱなしにしてみましたが、逆効果でした。残念賞。出来上がりにコクはなく、酸味が強く、飲んだ後に渋みが舌に残ります。中細挽きでコクを求めたのは、やはり失敗のようです。

2.グアテマラ
今度は、抽出後、すぐにカップからフィルターを外すことにしました。お湯は90度位。
結果は大成功。グアテマラ特有の甘い香りが余韻となって鼻腔に残ります。コクはありませんが、軽めのモーニングコーヒーにはいいかも。

3.ヨーロピアンブレンド
ブラジルとインドネシアの国名が記載されてます。すこし落ち着いた感じのコーヒーが出来ればいいのですが・・・。
やはり、90度位で、すぐにカップから外しました。結果は◎。10時3時のメニューにあるコーヒーはブラジル100%なので、お店のコーヒーと似た感じの香りと味。ブラジル豆特有のほろ苦さもありますね。軽めですが、牛乳で割ってカフェオレにしても大丈夫なぐらいなコクもあります。合格です。

4.癒しのバリ
バリ島のコーヒーは、昔、お土産でいただいたことがあります。カップにコーヒー粉を直接入れて熱湯を注ぎ上澄みを飲みます。ざらざらとして苦かった思い出があります。目指すはマンデリンのようなコーヒーでしょうか。いざ!
同じように、90度位で、すぐに外しました。結果は◎。3のヨーロピアンブレンドをもっと苦くしたような感じ。たぶん、ヨーロピアンブレンドのインドネシアの豆は、このバリ島の豆でしょう。苦甘(にがあま)まではいきませんが、甘い香りもほんのり。これまでの4つの中では、最もコーヒーらしいコーヒーです。カフェオレにしてもOK。

全体的に、もっとコクがあればいいのですが、普通のひとが日常で飽きずに飲むのにはちょうどいいのかも。ブルックスさん側としては、毎日たくさん飲んでほしいわけでしょうから。
個人的には、もう少しコクのある飲みごたえのあるコーヒーが飲みたいので・・・
ということで、ちょっと実験しました。続きは次回に。

|

« 新ケーキ「デコポンのシフォンケーキ」 | トップページ | ブルックスコーヒー その2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/45792179

この記事へのトラックバック一覧です: ブルックスコーヒー:

« 新ケーキ「デコポンのシフォンケーキ」 | トップページ | ブルックスコーヒー その2 »