« 今日の袋町小 | トップページ | 激安レンタカー「ワンズレンタカー」吉島店 »

2010年1月21日 (木)

「モンサンクレール」レシピで作るクラシックショコラ

今月も、中央図書館で色々な本をお借りして読んでいます。その中の一冊が「パティシエ世界一」(光文社新書2002年初版、辻口博啓・浅妻千映子著)。世界一に輝いた辻口氏の発想、魅力が存分に詰まった本です。その本の中に、東京自由が丘の辻口氏のケーキ店「モンサンクレール」のケーキレシピが数種類ほど書いてありました。公開しているということは、作ってもいいってことですよね・・。

今回は、そのレシピの中でチョコレートのケーキ「クラシックショコラ」を、10時3時でお作りしてみました。
本の83ページで、辻口氏が次のようにコメントしています。
「これは、粉の量が少なく、ほとんどチョコレートをそのまま焼いたみたいなケーキです。初めて食べたとき、「チョコレートをそのまま焼くって美味しいんだな」と僕が感動したケーキでもあります。」と。
特に変わった材料があるわけではないのですが、
145度と低温で焼くのが特徴のようです。
(材料) 無塩バター   50グラム
製菓用スイートチョコ   67グラム
生クリーム         67グラム
卵黄             2個半
卵白             2個半
グラニュー糖      100グラム
ココアパウダー      40グラム
薄力粉           20グラム

(作り方)1.バターとチョコを湯煎で溶かします。
2.生クリームを加え、しっかり混ぜます。
3.卵黄を加えます。
4.卵白とグラニュー糖で7分立てのメレンゲを作ります。
5.4の半量を3に加えて混ぜます。
6.ココアと薄力粉を合わせたものを均等に加えます。
7.残りのメレンゲを加え均等に混ぜ、型に入れます。
8.型の形によりますが、145度で1時間が目安。
本の記述にはありませんが、5号15cmの型を使うようです。

Choco 材料や腕前も全く同じであるわけなく、誠に恐縮ではありますが、こんな感じに仕上がりました。10時3時は、6号18cmの型なので少しぺったんこの出来上がりです。
また、うちのビストロさんは145度という細かい設定ができませんので150度の55分で焼きました。食べた感想は、あまり甘くなく、ものすごーくしっとりした食感。この「しっとり感」が低温のなせる業でしょうか。
しばらくおつくりしますので、よろしければ、お召し上がりください。
1ピース150円です。好評でしたら定番ケーキになるかもしれません。

|

« 今日の袋町小 | トップページ | 激安レンタカー「ワンズレンタカー」吉島店 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/46934081

この記事へのトラックバック一覧です: 「モンサンクレール」レシピで作るクラシックショコラ:

« 今日の袋町小 | トップページ | 激安レンタカー「ワンズレンタカー」吉島店 »