« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

アハハのケーキ(ケーキ試作その1)

名前は明かせません。フランスの伝統菓子○○を作ろうとしたら、全く違うものができました。テキストとにらめっこしながらの、全く初めての手順。オーブンの中で異常に膨張しまして、外に出したらパンケーキらしき何かが・・。たべると美味しいんですが、まれに見る大失敗。笑いながら記念撮影。何がどう違ったのか、さっぱり見当がつきません。まぁ、たまにはこんなことも。Test
数回にわたって、新しいオリジナルケーキができるまでの試行錯誤を、BLOGに書いてみました。次回に続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

激安レンタカー「ワンズレンタカー」吉島店

近頃、「中古車販売店とガソリンスタンドが提携して、お手ごろなお値段のレンタカー業務をはじめました。」というニュースをよく耳にします。広島でも昨年から何軒かのスタンドが業務を始めました。早速使ってみましたのでご報告。

今回は「ワンズレンタカー」吉島店(広島市中区吉島町8-9)を利用しました。
場所・・・タカノ橋商店街のアーケードを西に抜け、いつの間にか新しくなった明治橋を渡り吉島通りを南下。吉島郵便局を過ぎ、広島駅から伸びる駅前通りとの交差点の手前にあります。スタンドは「エネオス」。営業時間は朝8時から夜8時まで。無休。
広島市中区では、吉島が一番近いみたいです。中区中町から吉島までは自転車で10分くらい。私の場合、昨年から月2回程度、実家に戻るためにレンタカーを利用しています。通常のレンタカーの半額程度で利用できるので、年間通したら数万円の違いになります。これは見逃せませんね。

レンタカーの車種はマツダデミオ、日産キューブ、トヨタファンカーゴの3台。
全車とも禁煙、ペット禁止です。
基本料金は、朝から夕方まで利用の1日料金が、驚きの2625円。
また、お昼から翌日のお昼など24時間利用の一泊料金が3150円など。
オプションとして免責保障加入1050円、チャイルドシート500円などがあるようです。

通常のレンタカーと同様の手続きのあと、デミオをお借りしました。旧型デミオですがほとんどきれいでピカピカ、4万キロくらいしか走っていません。コマーシャルのステッカーも車体に貼っていません。よく走り大満足です。

ご利用方法は・・・
1.とりあえずパソコンのネット画面で会員登録を。会費は無料。今は会員価格と一般価格は同じ料金ですが、会員のほうが手続きがスムーズになるそうです。
吉島店URL・・・
http://www.ones-rent.com/shop/detail.php?location_no=0046-003
2.利用日まで余裕が3日以上であればネット画面で予約。当日や1日、2日前であればフリーダイアルで予約します。注意したいのは、利用日の直前のキャンセルはキャンセル料が発生すること。お気をつけください。
3.終わるときは、帰着時のスタンドで満タン給油して、傷など外観を確認して終了です。ガソリンスタンドで借りると、必ずガソリン満タンで発車できますね。いいことです。

これからは、レンタカー業務を兼ねたガソリンスタンドは増えてくるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

「モンサンクレール」レシピで作るクラシックショコラ

今月も、中央図書館で色々な本をお借りして読んでいます。その中の一冊が「パティシエ世界一」(光文社新書2002年初版、辻口博啓・浅妻千映子著)。世界一に輝いた辻口氏の発想、魅力が存分に詰まった本です。その本の中に、東京自由が丘の辻口氏のケーキ店「モンサンクレール」のケーキレシピが数種類ほど書いてありました。公開しているということは、作ってもいいってことですよね・・。

今回は、そのレシピの中でチョコレートのケーキ「クラシックショコラ」を、10時3時でお作りしてみました。
本の83ページで、辻口氏が次のようにコメントしています。
「これは、粉の量が少なく、ほとんどチョコレートをそのまま焼いたみたいなケーキです。初めて食べたとき、「チョコレートをそのまま焼くって美味しいんだな」と僕が感動したケーキでもあります。」と。
特に変わった材料があるわけではないのですが、
145度と低温で焼くのが特徴のようです。
(材料) 無塩バター   50グラム
製菓用スイートチョコ   67グラム
生クリーム         67グラム
卵黄             2個半
卵白             2個半
グラニュー糖      100グラム
ココアパウダー      40グラム
薄力粉           20グラム

(作り方)1.バターとチョコを湯煎で溶かします。
2.生クリームを加え、しっかり混ぜます。
3.卵黄を加えます。
4.卵白とグラニュー糖で7分立てのメレンゲを作ります。
5.4の半量を3に加えて混ぜます。
6.ココアと薄力粉を合わせたものを均等に加えます。
7.残りのメレンゲを加え均等に混ぜ、型に入れます。
8.型の形によりますが、145度で1時間が目安。
本の記述にはありませんが、5号15cmの型を使うようです。

Choco 材料や腕前も全く同じであるわけなく、誠に恐縮ではありますが、こんな感じに仕上がりました。10時3時は、6号18cmの型なので少しぺったんこの出来上がりです。
また、うちのビストロさんは145度という細かい設定ができませんので150度の55分で焼きました。食べた感想は、あまり甘くなく、ものすごーくしっとりした食感。この「しっとり感」が低温のなせる業でしょうか。
しばらくおつくりしますので、よろしければ、お召し上がりください。
1ピース150円です。好評でしたら定番ケーキになるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

今日の袋町小

午前中、サンフレの紫色のワゴン車が袋町小学校に到着。
今日はサッカーの特別授業があるみたいです。
高学年の皆さんが、4グループに分かれて汗を流していました。
プロの選手に教えていただけるなんていいですね・・。Football

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

大学入試センター試験 英語 2010

仕事の合間に、英語の筆記試験をやってみました。
時間は、1時間程度で。新聞に掲載してあった第4問まで。

結果は・・・
第1問(発音)  全問で14点中の8点
第2問(短文)      41点中の24点
第3問(長文)      36点中の24点
第4問(長文)      33点中の33点

合計では・・・・124点中の89点で約71.7%の正解率でした。
短文は、現役でないと難しいですね。
長文は、海外旅行の経験のある方にとっては簡単だったかも・・。
毎年、英語のテストはやっていますが、ほぼ同じ傾向です。正解率70%前後です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

「點心(てんじん)」の茶懐石弁当

2009年1月のBLOGで少しご紹介しました広島市安芸区上瀬野南の茶懐石料理店「點心(てんじん)」。その點心さんの茶懐石弁当を、Nさんから差し入れでいただきました。通常は、お茶会に出ないとありつけないご馳走です。

Tenjin 小さなお弁当箱ですが、内容は盛りだくさんです。野菜の天ぷら、酢物、焼鮭、里芋とかぶの煮物、おさつの甘煮、だし巻き卵など。えび、焼鮭など丁寧に下処理がしてあり、手が汚れずとても食べやすかったです。
何より感動だったのは、お弁当箱の側面が木枠だったこと(ふたと底板は紙でした)。プラスチックケース全盛のこのご時世、木の香るお弁当のなんと贅沢なこと。何年も忘れてしまっていた、お弁当の木の香り。若い方はご存じないかもしれませんね。(木枠だと、お弁当の食材から出る蒸気を吸うので、お昼に食べてもお弁当の内部がべとつかないのです。)木の香りは、昔のお弁当(折り詰め弁当)に付随していた当たり前の香りです。一昔前は、折り詰め弁当を広げるときというのは、お茶会やお花見の時、旅先での駅弁など、非日常(ハレの日、晴れではないですよ!おめでたい日ってこと)だったのです。何がしかの楽しい思い出と、お弁当の木枠の香りは、私(40代)以上の世代だと必ずリンクしていると思います。空腹を満たすだけの、プラケースにはいったお弁当の味気なさとは、雲泥の差。久しぶりに心温まるお弁当を、おいしくいただきました。Nさん、點心さん、ありがとうございます。

點心さんのURLは・・・http://www5.ocn.ne.jp/~tenzin/
紹介記事は・・・http://hanetaba.littlestar.jp/main/migikamaci10.htm

捨てれない性分なので、お弁当箱は洗って家に持って帰りました。使わないかもしれませんが、捨てれません・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年1月10日 (日)

おすすめの本 「イギリスでお茶を」

一週間くらい前、お電話で問い合わせがありました。
「アフタヌーンティーセットってありますか?」
「セットではありませんが、スコーン、ケーキ、サンドイッチでしたら時間帯に関係なくご用意できます。」とお答えしました。が、色々詳しく聞いてみますと、どうやらお問い合わせの主旨は、「3段重ねのケーキプレートでアフタヌーンティーができますか?」ということらしい。

3段重ねねぇ・・。広い大きなお店で、それなりの雰囲気のもとで使うのでしたら、優雅でいいでしょう。たかだか7坪しかなく、あまり内装にも凝っていない10時3時のお店で出してもなんだか不釣合いです。ホテルや一部の高級ティールームでないと、生かせない什器だと思います。残念ながら、10時3時ではご用意していません。

Aftrenoontea ここで1冊、おすすめの本をご紹介しましょう。
「イギリスでお茶を」(小関由美著 主婦の友社 2006年初版)
副題は、「スコーン&クロテッドクリーム&アフタヌーンティー、おいしい旅へ」
最新(2006年)の本場英国の一押しティールームとスコーンが、豊富な写真付でたくさん紹介されています。この中でも、3段重ねのケーキプレートが出てくるお店はごくわずか。紹介されている多くのお店は、もっとカジュアルで気軽に楽しめるティールームです。どのお店も、テーブルにオリジナルのスコーンと焼きっぱなしケーキが数種類置いてあります。スコーンも各お店で特色があって面白い。三角形、六角形のスコーン、大きな丸いものを4等分したものなど様々。何件かスコーンのレシピも掲載されていますね。実は、59ページのメアリーさんのスコーンレシピと10時3時のレシピがそっくり。バターの量が少し違う程度でびっくりです。全般的にいえるのは、生地の水分量が多く型抜きできないこと。このため生地を包丁ですばやく切るのが一般的です。生地の水分量の多いほうが、「外がカリッと中がふわっ」となるのですね。(これが、前回のBLOGで書いたテイクアウトのスコーンとの違い。イートインのお店でないとできないことがあるのです。)また、各お店で共通するのは、食材にこだわり、その日の朝に手に入る地元の食材を使うこと。地域に根ざし、地元のお客様を大事にすること。当たり前といえば当たり前なのですが、実際には難しいことです。
10時3時にご来店された海外のお客様から、「片田舎?のイギリスのティールームの感じだね。」といわれたことが何度かあります。とても、うれしいお言葉でした。

このほかにもイギリス関連の本を多く書かれています著者、小関由美さんのHPは・・・http://www.bebesantiques.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

手作りスコーンは、ぜひ店内で。

巷では今、スコーン屋があるそうです。テイクアウトで色々な味が持って帰られるそうです。お手軽ではありますがテイクアウトの商品と、イートインの商品は材料から作り方からお味まで全く違うのですが・・・。それは皆様わからないようです。
違いは10時3時のHPの左フレーム、スコーンのレシピのページに書いています。
URL・・・http://homepage3.nifty.com/tearoom1003/frame.htm

「手作りジャムの作り方」のBLOG1位の看板を歩道のそばに置いたら、これまでになく多くの方が2階に上がってこられるようになりました。とてもありがたいことなのですが、ただ、殆んどのお客様がケーキ、スコーンのお持ち帰りを希望され、がっかりして帰られます。

「百聞は一見にしかず」ではありませんが、10時3時のテーブル上でお召し上がりになって、初めてわかることがあります。
なぜ、中がふわっとしているのか。
なぜ、クロテッドクリームでなく48%生クリームなのか。
なぜ、スコーンがプレーンのタイプなのか。

色々な方にお尋ねすると、スコーンって言うのは「パサパサ粉っぽい」そうです。
ですが、それは量産するテイクアウトのスコーンです。
15分でもお時間を作って、ぜひ店内でお召し上がりいただきたいですね。
よろしくお願い申し上げます。

Chocoscone 写真は、某コンビニで売っていたチョコチップスコーン。巨大です。パサパサしてはいませんが、殆んど小麦粉を固めたような印象。ショートニング使用のためバターの豊かな風味はなく、チョコチップが入っているので何とか食せるレベル。中途半端な味。これだったらチョコチップ入りのバタークッキーを食べたほうが紅茶によく合います。(久々の辛口コメントでした。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

新ケーキ「ノンバター 紅茶のケーキ」

12月に佐伯区の「グラマーペイン」のパンをいただいたときに、「そういえば、紅茶のケーキがないなぁ」と、ふと思いまして、お作りしました。
「アールグレー紅茶のケーキ」。1ピース100円です。
アールグレーの香りは好みの分かれるところですね。通常の紅茶を使ったのでは、「紅茶味ですよ!」ってわかりにくいので・・・。

作り方ですが、12月の「ゆずのタルト」に続いてバター不使用のケーキにしました。自店の定番ケーキ「ハニーカステラ」のバリエーションとして、溶かしバターを省き、代わりにアールグレーのミルクティーを混ぜ込みます。もともと溶かしバターは20グラムしか入れていませんが、全くのバター不使用にしました。

Earlgreycake (材料)アールグレー紅茶のティーバッグ2個(抽出用)
         +1個(生地に混ぜ込み用、なくても可)
牛乳    20cc
蜂蜜    30cc
砂糖   100グラム
全卵    3個
薄力粉 100グラム

(作り方)1.アールグレーの濃いミルクティーを作ります。ティーバッグ2個(3グラム)を少量の熱湯20cc位(分量外)に浸し5分放置。濃い紅茶抽出液10ccをとり、牛乳20ccを混ぜてミルクティーにした後、少し温めておきます。
2.蜂蜜30ccを電子レンジで少し温め、冷ましておきます。(冬は粘度が高いので)
3.砂糖、卵、薄力粉の材料で、共立てのスポンジ生地を作ります。お砂糖を入れるときに、2の蜂蜜も一緒に入れます。
4.紅茶の茶葉をケーキに入れ込みたい場合は、ティーバッグ1個分(1.5グラム程度)の細かく砕いてある茶葉を、薄力粉と一緒に入れます。
5、定番のハニーカステラの場合は、最後にここで溶かしバター20グラムと牛乳10ccを入れます。今回はノンバターケーキなのでバターは入れずに、1のミルクティーを入れ、よく混ぜます。
6.160度にオーブンを予熱後、40分くらい焼きます。
7.オーブンからケーキを取り出したら、常温まで冷まし、カットします。

茶葉を入れ込んでも、1.5グラム程度でしたら口の中に残りませんね。焼きたてはとってもいい香りです。適度にしっとりしたミルクティー味の紅茶のケーキ。
いかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

新年おめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
広島では、肌寒い元日でした。
皆様のお住まいの地域ではいかがでしたでしょうか?
今年も、10時3時をよろしくお願い申し上げます。

本日1月2日より通常営業です。暦の関係で今日と明日の2日間に、お客様が集中すると予想されます。お時間には余裕を持ってご来店いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。午前中から午後2時ごろにかけてと、夕方5時以降は、ゆったりとくつろいでいただけると思います。皆様のご協力を、よろしくお願い申しあげます。

さて、新年のお買い得品としまして、毎年お正月にご用意しています紅茶8種類おためしパック980円を、今年もご用意いたしました。さらに今回は、下記2種類のおいしい紅茶もご用意させていただきました。裏メニュー(?)にあるので、ご存知の方のいらっしゃるかも・・。

1.堂島ブレックファスト紅茶
ムジカティーさんのオリジナル紅茶です。インド産紅茶のブレンドで飲み飽きない紅茶です。ストレ-トでも、濃い紅茶のミルクティーでも、どちらでもOK。ブレックファストの名前がついていますが、朝に限らず時間を選びません。ダージリン系のお好きな方はぜひ。濃い紅茶で頭すっきりお目覚めばっちりということでしょうか。

2.アッサムCTC紅茶
こちらもムジカティーさんの紅茶。CTCは、抽出時間を早めるために、仕上がりの形状が丸まっている紅茶です(リーフの形をしていません)。お鍋でミルクティーやチャイを作るときなど、手早く濃い紅茶を作るときによく使われます。もちろん、ティーポットで蒸らしても美味しくいただます。蒸らし時間は2分くらいです。CTCはもともとミルクティー向けなので、ティーポットの場合も、濃い紅茶のミルクティーをおすすめします。アッサムのOP形状のリーフティーに比べますと、紅茶のコク(ボディー)は、若干軽めのようですが、十分に飲み応えがあります。

Doujima 気になるお値段は、2種類ともに、
100グラム入り400円。350グラムパックで1050円です。
すばらしきコストパフォーマンス。
紅茶のヘビーユ-ザーにうれしい2品です。
先着100名さまには、お年玉(?)をご用意しています。
皆様のご来店を心よりお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »