« さつま芋ペーストの作り方 | トップページ | 営業時間変更のお知らせ »

2009年11月18日 (水)

マルメロのコンポートの作り方(電子レンジ簡単レシピ)

今年も、秋田県から、マルメロ5キロを直送していただきました。昨年より2週間遅れです。手作りジャムとコンポート(砂糖漬け)、果実酒を順次作成中です。マルメロは砂糖をまぶすと、りんごのように食べられます。本かりん同様、マルメロも一見固そうですが、案外と日持ちがしませんので、入手後は早めにコンポートにして保存するといいでしょう。(虫食いのものは、リビングに置いて香りを楽しんでいる時間、せっせと虫が中の果肉を食い荒らしていきます。)大量に処理するには、スライスしたマルメロと砂糖を一緒に底の広い大きめの耐熱容器に入れ、電子レンジでグツグツする方法が良いでしょう。また、水分が少ないと渋みが抜けずそのまま干物になりますので、容器にラップをして水分が逃げないようにします。表面つるつるの本かりんでは、渋みが抜けないので不可。お気をつけて。

マルメロのコンポートの作り方(電子レンジ簡単レシピ)
材料 マルメロ 大きめのもの3個(600グラムくらい)
    グラニュー糖 100グラム(スライスした正味のマルメロの重さの25%)

作り方 1.マルメロの皮と種を取り、8分割くらいにして、しばらく水につけます。
2.1をざるに上げ、5mmくらいにスライスします。厚すぎると渋みが抜けず、薄すぎると形が崩れますので5mmくらいがいいでしょう。(正味400グラムくらいです)
3.耐熱容器、または丼鉢に2のスライスとグラニュー糖をいれ、ラップをしてレンジ強(600W)で4分かけます。途中、2回くらいレンジから取り出し、お砂糖を含んだ果汁(水分)とマルメロのスライスがよく混ざるようにします。(あまり乱暴にすると、スライスの形が崩れます。)火傷に注意して作業しましょう。
4.出来上がり量は360グラムでした。形を崩さないようにそっと取り出します。
上側のスライスが乾燥気味のときは、渋がうまく抜けていない可能性がありますが、耐熱容器から保存用の容器へ移すときに先に入れ、果汁(シロップ)の中に漬かるようにすると良いでしょう。本来マルメロは砂糖をまぶすだけで十分に食べられるのですから。

昨年ご紹介しました鍋を使ったマルメロコンポートの作り方は、こちら・・・
http://tearoom1003.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-2470.html

Marumero 写真右から、ジャム、コンポート、果実酒。
簡単に、データのみ記しておきます。
マルメロジャム・・マルメロ 中くらいのもの3個(400グラム)、
           お砂糖200グラム(マルメロの重さの50%)
1.皮と種を取り、8分割にしてしばらく水につけ、おろし金ですり下ろします。
2.1とお砂糖を混ぜ、丼鉢に入れレンジ強(600W)4分。かき混ぜた後、レンジ弱(200W)で15分くらい。時々混ぜます。冷めると固まりますので、ゆるい程度で終了しましょう。出来上がり量300グラムくらい。
果実酒・・コンポートとジャムでカットした捨てるはずの皮と種330グラム、氷砂糖160グラム、ホワイトリカー600cc。全部を一緒に密閉瓶に。冷暗所に保存。飲めるのは半年後です。まっさらのマルメロでももちろんOKです。

昨年のBLOGのマルメロジャムの詳しい作り方は、左サイドバーのBLOG内目次の
フルーツの見分け方、手作りジャムの作り方からお入りください。
マルメロの香りは、他のフルーツにない独特の甘い香りで魅力的です。いちどマルメロの魅力に取り付かれたら、残念ながら本かりんには、しばらく手が出ませんね。

|

« さつま芋ペーストの作り方 | トップページ | 営業時間変更のお知らせ »

手作りジャムの作り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/46777628

この記事へのトラックバック一覧です: マルメロのコンポートの作り方(電子レンジ簡単レシピ):

« さつま芋ペーストの作り方 | トップページ | 営業時間変更のお知らせ »