« マルメロのタルトタタン | トップページ | いちごミルクティーはじめました »

2009年11月27日 (金)

エグい紅茶は硬水で抽出しましょう

先月のBLOGから、たびたび登場しています荒木安正さんの本。
今回は、「紅茶の事典」(柴田書店、2002年4月初版)から、面白そうな内容がありましたので、紅茶の実験をしてみました。

75ページ「硬水」の記事より
「・・・紅茶を硬水でいれると、一般的には香味がぼやけ、水色は、波長の長い方向にふれる。従って繊細な芳香と爽快な渋さを特徴とする高級紅茶には適さない。一方、アクの強い紅茶(セイロン低地産、インドのアクの強いCTC紅茶、機械摘みで硬葉臭の強い南米物)は、臭みがぼけるし、・・・ロンドンや中近東の硬水地帯に適する紅茶は多い。」

アクの強い紅茶で、真っ先に思い浮かんだのが、昨年お土産品でいただいたマレーシアのサバティー、そして以前、お土産品でいただいたオーストラリア産の紅茶。どちらもコクがあるというよりは、エグい。ミルクティーにして何とか飲めるような、野性味の溢れる飲みにくい紅茶です。よく考えたら、どちらの国も、旧イギリス領。納得です。

オーストラリア産はもうないので、実験は、サバティーと、アッサムでやってみました。
今回使用した硬水は、DHCさんの通販での頂き物、硬度1200の海洋深層水です。通常の市販のミネラル水に比べ、硬度1200は数値があまりに大きいので、水道水と50%で割って600に下げて使いました。
1.サバティー
Hardwater1 自店の紅茶抽出器具「ティーハット80℃」で、茶葉3グラム、
抽出時間3分間。
結果は、写真の通り。左が硬水、右が軟水(水道水)です。
水色は、硬水のほうが薄いですね。事典の内容と違うような?でも、お味のほうは、明らかに、硬水で抽出した紅茶のほうが、すんなりと喉を通り飲みやすいです。軟水のときのようなエグみもなく、渋さもほどほどに収まり、とってもいい感じ。硬水のときに水色が薄いのは、紅茶の抽出に時間がかかるということでしょうか。ミルクを入れた場合も、硬水では軽めに仕上がり、がぶがぶ飲めました。

2.アッサム
Hardwater2 ティーバッグを利用して、抽出時間2分間。今回のティ-バッグは、先日はるばる大阪からご来店いただきましたお客様からのお土産品、姫路市の播磨屋茶舗のアッサム紅茶メインの三角ティーバッグ。(茶葉の供給は大阪ムジカティーさん)
結果は、写真の通り。左が硬水、右が軟水です。
サバティーのときと同様の結果が得られました。硬水で抽出した紅茶のほうが、あっさりと喉を通り軽い仕上がりです。アッサムティーのコクは、紅茶通にはたまらないおいしさですが、初心者は、濃すぎて苦手な方も多いはず。そんな方は、最初は思い切って硬水で紅茶を淹れて、飲みやすくしたほうがかえっていいかもしれません。

アクの強い紅茶の茶葉の軟水での抽出は、紅茶の特徴がはっきりと出すぎて飲みにくくなり、逆に硬水では、特徴がぼやけるので飲みやすくなるということ。新発見です。
また、セイロン低地産のルフナなど日本にあまり輸入されない紅茶は、その紅茶の抽出に適した、中近東などの硬水の国々に出荷されるのですね。勉強になりました。
硬水で紅茶を淹れる実験は、いろいろなHPで紹介されています。
市販されている硬水は数多く、色々なミネラル成分の製品がありますので、どの水を使うかも検討の余地はありますが、これからは、硬水と軟水は、紅茶の産地の特徴に応じて柔軟に使い分けるといいですね。

次回も硬水を使った実験です・・・。

|

« マルメロのタルトタタン | トップページ | いちごミルクティーはじめました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。姫路の播磨屋茶舗 赤松修二と申します。
この度はBROGにて弊社の紅茶ティーバッグを取り上げていただき有難うございます。
私もMUSICAの堀江さんには大変お世話になっております。昨日も出張の帰りに寄ってきました。本当に紅茶を愛して、お客様を大切になさる姿勢には感服します。
弊社は日本茶がメインですので、紅茶は詳しくなかったので勉強しようと思っていたところ、ある方にご紹介いただいて以来、お付き合いさせていただくようになりました。
MUSICAさんを通して色々な出会いが生まれており、堀江さんには本当に感謝しています。
まさか広島までこの紅茶ティーバッグが伝わっているとは。MUSICAパワーはすごいです。
広島へ行ったときはお店に伺いますので、その節はよろしくお願い致します。
P.S. よろしければ、リンクをお願いしたいのですが、よろしくお願いします。

投稿: 赤松修二 | 2010年3月 4日 (木) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/46370275

この記事へのトラックバック一覧です: エグい紅茶は硬水で抽出しましょう:

« マルメロのタルトタタン | トップページ | いちごミルクティーはじめました »