« 長袖を着ましょう | トップページ | テレビ出演します »

2009年10月27日 (火)

飛騨高山 「朴葉餅(ほうばもち)」

常連さんのYさんから、飛騨高山のお土産品をいただきました。
ありがとうございました。

Houbamochi 「朴葉餅」。朴の葉っぱで、お餅がくるんであります。ちょうど柏餅の葉っぱが朴の葉っぱに変わったよう。ただ、中のお餅は何も味がついていない生餅で、葉っぱがついたまま焼いてから食べます。今回は何も味をつけずに、焼いたままをいただきました。朴の香りがついて、森林浴をしながらお餅を食べる感じです。パッケージには、醤油、海苔巻き、きな粉など・・と記載がありましたが、味噌もあうのでは?と思いますね。
昔、会席料理で飛騨地方の郷土料理「牛肉の朴葉焼き」をいただいたことがあります。各人の前にそれぞれ小さいコンロがあって、餅網の上に朴の葉っぱが敷いてあります。葉っぱの上に牛肉とお味噌、きのこ類と野菜少々がのっていて、焼きながら朴の葉の香りをつけるのですね。とてもおいしかったです。

飛騨高山は、乗鞍岳、北アルプスへの入口。これまで何度か訪れたことがあります。小京都と呼ばれ、古い町並みが残り、情緒豊かなところ。春と秋には、大きな高山祭りがあります。学生時代は泊まるお金もなく、駅のベンチで一夜を明かしたことも・・。乗鞍は10月いっぱいが紅葉の見頃(11月は雪が降ります)。
飛騨高山は、これからが見頃です。
10時3時のカウンターに、乗鞍高原の紅葉の写真をおいておきます。
よろしければご覧くださいね。

|

« 長袖を着ましょう | トップページ | テレビ出演します »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/46463635

この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨高山 「朴葉餅(ほうばもち)」:

« 長袖を着ましょう | トップページ | テレビ出演します »