« セカンドフラッシュダージリン 2009 | トップページ | マロンペーストの作り方(大量に作る場合) »

2009年9月 3日 (木)

おいしいプルーン「バーバンク・グランドプライズ」

このタイトルのプルーンの品種名を見て、「あっ!」という人はかなりの果物通のひと。
ちょっとおいしいプルーンが手に入りました。

Burbankgrandprize 「バーバンク・グランドプライズ」。8月中旬から下旬にかけてのごくわずかの期間だけ市場に出る、発見したら迷わず即買いのプルーンです。今年は天候不順のためか、出回るのがすこし遅いようです。栽培も難しいそうで、今のこの時期にしか食べれない貴重品。
ジャムの作り方のBLOGで一度ご紹介していますが、とっても大きなプルーンで、1個当たり80~100グラム。しかも、今回手に入ったのは完熟物です。
ジャムを作るのに昨日買いましたが、すぐに加工してしまうには、あまりにもったいなので、10時3時の常連さんの中で、「食べてみたいなー」というお客様のために、2~3日ジャム作りを保留します。先着10名さま。1個100円です。「BLOG見たんですけど・・・」とお申し付けください。
できれば、ご自分の手でナイフで皮をむいて食べていただきたいのです。完熟フルーツの色、手に持ったときの感触(やわらかさ)、香り(いい香り)、皮のむけ方(きれいにはがれます)、中の実の感触(ねっとり感)、皮もおいしいです(特に裏側の部分)、もちろん中の実の味も、全てにおいて通常と違います。市場に出回っている農産物の多くが、いかに未熟品が多いかが歴然とわかります。今回の完熟プルーンのようなよい品物に多く触れることで、人間の五感も徐々に研ぎ澄まされていくことと思います。
プルーンなんて全然甘くないし、おいしくないし・・・と、おっしゃるあなたに、ぜひ。

お菓子やケーキもいいですが、
今この時期にしか食べられない文字通り「期間限定」の完熟フルーツもいいものです。
完熟フルーツこそ、お菓子の原点だと思います。
お店の正式な名前は、「紅茶と果物 午前10時午後3時」。
「なんで果物?」っていう人がほとんどですが、やっぱり果物なのです。
伝えたことがたくさんありますので・・・・。

|

« セカンドフラッシュダージリン 2009 | トップページ | マロンペーストの作り方(大量に作る場合) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/46100253

この記事へのトラックバック一覧です: おいしいプルーン「バーバンク・グランドプライズ」:

« セカンドフラッシュダージリン 2009 | トップページ | マロンペーストの作り方(大量に作る場合) »