« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月29日 (火)

紅茶の諺(ことわざ)いろいろ

紅茶にまつわる諺(ことわざ)があります。
今回は、諺からおいしい紅茶の淹れ方のコツを探ります。

1.「ポットのための一杯」・・・一度にたくさん淹れたほうが熱い紅茶ができます。
ティーポットで一杯分しか作らない場合、温度の低下が激しいので、2杯分以上を一度に淹れましょうということです。「5人分だったら6人分?」という意味ではありません。また、1000ccなどファミリータイプの大きな重いティーポットを使う場合は、その大きさに見合った適切な量(ティーポットの容量の少なくとも半分以上、できれば8分目以上)の紅茶を作りましょう。
別な意味でのもう1つの解釈があります。それは、濃い目の紅茶を作りましょうということ。この場合は、濃い紅茶が出来た場合は、お湯で薄めて飲めばいいですが、薄く出来た紅茶は、後から濃く出来ませんので、薄めよりかは濃い紅茶を作りましょうということです。紅茶に限らず、コーヒー等、ほかの飲み物にもいえることですね。

2.「ポットをケトルに持っていけ」・・・グラグラした沸騰したお湯を使いましょう。
お庭でアフタヌーンティーパーティーを開いていた優雅な時代。現代のようなカセットコンロはありませんので、お湯はキッチンのケトルで沸かします。紅茶が空になったら、キッチンのケトルのお湯をお庭に持って行くのではなくて、空っぽのティーポットをキッチンに持って行って、沸騰したてのお湯を使って、キッチンで紅茶を淹れましょうということですね。

3.「地獄のように熱くして飲め」
・・・出来上がりの紅茶を熱く仕上げるように工夫しましょう。
種々の方法があるでしょうが、最終的に出来上がりの紅茶が熱くなるように心がけると、おいしい紅茶になりますよと、いうことですね。
前回のBLOGの予熱のお話も、紅茶を熱く仕上げるための最初の手順。
また、ティーコージを使うのも、ティーポットが冷めないようにという配慮です。

このように、「出来上がりの紅茶を、可能な限り熱く仕上げる」というのが、おいしい紅茶を淹れるコツになります。

諺ではありませんが、もうひとつご紹介したい名言があります。
長くなりますので、次回BLOGにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

紅茶は予熱が肝心!

先週、初めてご来店されたお客様から「家で作った紅茶が、どうもおいしくなくて・・・」と、ご相談がありました。
色々お話を聞いていくと、日本茶を習われているとのこと。「ティーポットの予熱は?」とお尋ねすると、「予熱していませんでした。日本茶も紅茶も同じ木だそうなので、予熱は必要ないと思って省いていました」と。これで解決です。日本茶(煎茶)は適温80度。紅茶は100度なのですね。

予熱不足のティーポットや冷めたティーポットを使うと、いくらグラグラ沸いた100度のお湯を使っても、ティーポットなどの道具が熱を吸収するので、紅茶抽出時に100度の適温まで届きません。3分経過後の出来上がった紅茶は、あまり熱くなく、紅茶の香り、味もぼやけた感じではっきりとした茶葉の特徴が出てきません。

紅茶を淹れる場合、最初の予熱が肝心です。
予熱をしっかりと行った後にできあがった紅茶は、最初の一口が大変に熱いです。
熱い紅茶ができたら、おいしくできた証拠です。そこではじめて紅茶の茶葉の良し悪し、諸々の評価できるわけです。例えば水色(すいしょくと読みます、できあがった紅茶の色の具合)や香り、味、コクのあるなし、適切な蒸らし時間と一回分の茶葉の量(グラム数)の検討、個人的な好き嫌いなどなど。
ご相談のお客様も、熱い紅茶を飲まれてご納得された様子でした。「どの説明書にも予熱のことは書いてあるんですけどね、そこまで重要だとは思いませんでした。」と、ご感想。

Teabags_2 ご相談されたお客様から、
お礼に、「LAWLYES」のティーバッグ紅茶をいただきました。
お味のほうは・・・
イギリスタイプの濃い水色ですが飲みやすく、
適度なコクがあります。
ミルクティーにしてもおいしく、飽きのこない、おいしい紅茶でした。
ありがとうございました。

ティーバッグ紅茶にも色々なタイプがあります。
写真の左上が「LAWLEYS」、
右上はおなじみ「日東紅茶」、
下は大阪ムジカティーのピラミッドタイプのセイロン紅茶「マジックティーバッグ」。
忙しい時は、ティーバッグの紅茶も大変重宝しますね。

ティーバッグの紅茶を淹れる時も、ティーカップの予熱が非常に重要です。
ティーカップに熱湯を注ぎしばらく放置。カップが熱くなったら、お湯を捨て、改めて熱湯を注ぎ、ティーバッグをいれ、ソーサーでふたをして待つこと1分。
熱湯を多めに用意する必要がありますが、
いままでと全く違うおいしい紅茶になりますよ。
詳しくは、ティーバッグについての過去のBLOGまで。
http://tearoom1003.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_f83a.html
ぜひお試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

早くもシクラメンの花が開花

10時3時のシクラメンの植木鉢です。
Aki20092 今年は植えかえせずに
ほったらかしにしておいたら、
早くも開花しました。
異常気象でしょうか・・・?

Aki20091 こちらは、ミニケイトウ。
昨年の花の種をまいたら、
こんな感じに。
種まきが遅かったので、
どーかなと思ったら、
やっと花がつきました。

このところ、10時3時BLOGのアクセス数が急増しています。

2009年9月14日(月) 284401
2009年9月15日(火) 239341
2009年9月16日(水) 235342
2009年9月17日(木) 204298
2009年9月18日(金) 199270
2009年9月19日(土) 253365
2009年9月20日(日) 262402
2009年9月21日(月) 290388
2009年9月22日(火) 391565
2009年9月23日(水) 403600

この一週間は主に、栃の実、栗の加工、プルーン関係のようですね。

1 栃の実 あく抜き  G Y M 342 21.4%
2 栗 甘露煮  G Y M 115 7.2%
3 プルーン レシピ  G Y M 83 5.2%
4 栗甘露煮  G Y M 48 3.0%
5 栗 レシピ 甘露煮  G Y M 40 2.5%
6 マロンペースト 作り方  G Y M 35 2.2%
7 マロンペースト レシピ  G Y M 34 2.1%
8 プルーン ジャム レシピ  G Y M 30 1.9%
9 栃の実 レシピ  G Y M 29 1.8%
10 マロンクリーム レシピ  G Y M 28 1.8%

今後とも10時3時BLOGをよろしくお願い申し上げます。
紅茶ネタが少ないそうなので、次回より紅茶ネタを少々がんばります・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

新ケーキ「チョコバナナケーキ」

毎年、秋に新しいチョコのケーキをお作りしています10時3時です。
今年は、相性抜群のチョコとバナナの組み合わせ「チョコバナナ」。
従来のバナナのバターケーキに、ココアパウダーを混ぜ込んでおつくりしました。
お値段は、据え置きの100円です。ぜひお試しくださいませ。
レシピは10時3時HPまで・・・http://homepage3.nifty.com/tearoom1003/

ご好評いただいていましたマーマレード入り「ショコラオレンジ」は、間もなく終了します。(手持ちの甘夏マーマレードが残りわずかになったため。)
レモン味の軽めのバターケーキ(カルトカール)は、バナナのバターケーキに変わる定番品として、これからも継続販売させていただきます。よろしくお願い申し上げます。

Chocobanana 今年は、蒸しパン風のケーキが流行しているようです。
「チョコバナナ」は、蒸しパンぽくっていいかもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

熱気球

今日、袋町小学校で、熱気球のイベントがありました。
近くで見ると、かなり大きいですね。
交代で5人くらいずつ、小学生が熱気球の搭乗体験をしていました。
Kikyuu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

季節のジャムの表示板

先週は、いちじく、プルーン、栗(マロンペースト)と、いっきに3種類の手作りジャムをお作りしました。夏から秋にかけては、市場に出回る果物の種類も多く、手作りジャムの種類も10種類近く。とても覚え切れません。お客様へのご説明も難しいので、ひと目でわかるように季節のジャムの表示板をおつくりしました。
手作りジャムサンドをご注文のお客様には、ご希望のジャムを2種類お選びいただけます(ハーフサイズは1種類です)。また、スコーン、トーストをご注文のお客様には、今のおすすめジャムを2種類お添えします。ご希望のジャムがおありでしたら、そのつど対応させていただきます。
Homemadejam いまの表示板の内容は写真のような感じです・・・
「おすすめジャム」は・・・いちじく、マロンペースト、プルーン
「まだあります」・・・ソルダム(すもも)、マーマレード(甘夏、文旦)
「残りわずか」・・・・もも、あんず
このほかに、お子様向けのいちごジャムとりんごジャムがあります(非表示)

これから年末にかけての予定は・・・西洋梨、紅玉、マルメロ(カリン)、ジョナゴールドりんご、王林りんごなどです。年間20種類程度はお作りしています。皆様のご来店を心よりお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

マロンペーストの作り方(大量に作る場合)

昨年に引き続いて、今年も栗のジャム・マロンペーストをおつくりしました。
大量に簡単に作る方法を考えましたのでご紹介します。
基本的には、昨年の方法と同じです。
昨年のBLOG・・・
http://tearoom1003.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-c89f.html
違う点は・・・
1.むき栗を茹でた後に、小さく刻んで先に裏ごしします。
2.最後の煮詰める作業は、量が多いと鍋の底が焦げ付きやすいですが、水分を蒸発させるのが目的なので、最後の作業は電子レンジに置き換えることができます。耐熱容器、または丼鉢に、全ての材料を入れた後、レンジ強でよくかき混ぜながら加熱。全体が熱くなったら、レンジ弱を利用して煮詰め作業を。時々かき混ぜて様子を見ます。水気が少なくなってきたら、出来上がりです。裏ごしが終わっているので、各材料が混ざりやすく、滑らかなペーストに仕上がります。また、電子レンジを止めるタイミングもわかりやすいです。(少量をスプーンですくって冷まし、固まり具合を見ます。)

材料 生の栗800グラムくらい(むき栗の重さで600グラムでした)
    砂糖 300グラム(むき栗の重さの50%)
    熱湯 300cc(同上50%)
    バター 60グラム(同上10%)
作り方 1.生の栗を一晩水に浸けます。
2.大きな鍋で、1の栗を1時間くらい茹でます。
3.鬼皮、渋皮を取り除いてむき栗にします。(1時間くらいかかります)
4.3のむき栗を鍋に入れ、分量外の熱湯を注ぎ5分位グラグラさせます。(あく取り)
5.4のお湯を捨て、茹でたむき栗をフードプロセッサで小さくします。フードプロセッサがないときは、大きなボールに茹でたむき栗を入れ、スケッパー(ケーキ道具、ステンレス製の板)で、小さく刻みます。
6.5を、熱いうちに裏ごしします。(これも約1時間)
7.鍋に6と、残りの全ての材料を入れ、よく混ぜます。中火から弱火で、絶えず底を木べらでかき混ぜながら、水分を蒸発させます。とろみが出て、ペースト状になれば出来上がりです。(これも1時間くらいかかります)
出来上がり量は1キロくらいです。

Marronpaste 10時3時のスコーンのお皿には生クリームが添えられてています。マロンペーストと生クリームをあわせますとモンブラン風スコーンになって面白い味になりますよ。ぜひお試しください。(写真上のガラス容器の緑色っぽいのがマロンペースト。スコーンに添えられているのは、左からいちじくジャム、マロンペースト、生クリーム。2個で300円です。)

PS・・電子レンジ使用の場合は、作り方7での熱湯は必ずしも必要ではありません。裏ごし後のむき栗とお砂糖を電子レンジにかけて温めます。よく混ぜた後に小さく刻んだバターを入れ、再びレンジで加熱します。バターが溶けたら全体をよく混ぜ、とろみが出てペースト状になれば出来上がり。水を入れないほうが、短時間で仕上がりますし、出来上がり後の日持ちもいいでしょう。(2011.9.6追記)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

おいしいプルーン「バーバンク・グランドプライズ」

このタイトルのプルーンの品種名を見て、「あっ!」という人はかなりの果物通のひと。
ちょっとおいしいプルーンが手に入りました。

Burbankgrandprize 「バーバンク・グランドプライズ」。8月中旬から下旬にかけてのごくわずかの期間だけ市場に出る、発見したら迷わず即買いのプルーンです。今年は天候不順のためか、出回るのがすこし遅いようです。栽培も難しいそうで、今のこの時期にしか食べれない貴重品。
ジャムの作り方のBLOGで一度ご紹介していますが、とっても大きなプルーンで、1個当たり80~100グラム。しかも、今回手に入ったのは完熟物です。
ジャムを作るのに昨日買いましたが、すぐに加工してしまうには、あまりにもったいなので、10時3時の常連さんの中で、「食べてみたいなー」というお客様のために、2~3日ジャム作りを保留します。先着10名さま。1個100円です。「BLOG見たんですけど・・・」とお申し付けください。
できれば、ご自分の手でナイフで皮をむいて食べていただきたいのです。完熟フルーツの色、手に持ったときの感触(やわらかさ)、香り(いい香り)、皮のむけ方(きれいにはがれます)、中の実の感触(ねっとり感)、皮もおいしいです(特に裏側の部分)、もちろん中の実の味も、全てにおいて通常と違います。市場に出回っている農産物の多くが、いかに未熟品が多いかが歴然とわかります。今回の完熟プルーンのようなよい品物に多く触れることで、人間の五感も徐々に研ぎ澄まされていくことと思います。
プルーンなんて全然甘くないし、おいしくないし・・・と、おっしゃるあなたに、ぜひ。

お菓子やケーキもいいですが、
今この時期にしか食べられない文字通り「期間限定」の完熟フルーツもいいものです。
完熟フルーツこそ、お菓子の原点だと思います。
お店の正式な名前は、「紅茶と果物 午前10時午後3時」。
「なんで果物?」っていう人がほとんどですが、やっぱり果物なのです。
伝えたことがたくさんありますので・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »