« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月29日 (水)

キューカンバーサンド

ご近所のUさんから家庭菜園の取れたてお野菜をいただきました。
とまと、きゅうり、ピーマン、さやいんげん・・・。いつもありがとうございます。
きゅうりは、昔ながらのいぼいぼきゅうり。これがおいしいんですね。

Cucumbersand紅茶の本によく、
キューカンバーサンドという野菜サンドが
紹介されています。
何の細工もないシンプルな、
ただきゅうりのスライスが入っているだけ。
ですが、おいしいキューカンバーサンドを作るには、
いぼいぼきゅうりが必要です。

スーパーのきゅうりとどこが違うかというと、スーパーのきゅうりは水っぽいのです。
みずみずしいといえば、いい表現ですが、塩もみにしたり漬物にするには、この水分はかえって邪魔。
昔ながらのしゃきしゃきとした歯ごたえのあるいぼいぼきゅうりを使うと、サンドイッチが水っぽくなりません。品種が違うのでしょう。促成栽培向けとか、作りやすいとか・・・ね。最近は、いぼいぼきゅうりを食べたことのない人もいるかもしれません。わたしが小学生の頃に、通学路に沿った畑で栽培されていたのは、全部いぼいぼきゅうり。それが当たり前の味だったから、今のスーパーの売っているつるつるきゅうりは、どうもちょっとって感じです。

おいしいキューカンバーサンドの作り方
1.いぼいぼきゅうりを洗って水気を切り、スライスして軽く塩をふります。
2.サンドパンに、バターを塗って、1をはさんで適当に切ったら出来上がり。
マヨネーズは塗りません。マヨネーズのべたべたした感じは、紅茶とはあいません。
さっぱりと塩味だけのシンプルさが、暑い夏にはいいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

ブラックベリーのジャムの作り方(電子レンジ簡単レシピ)

Blackberry1 22日の水曜日、安芸区の実家に戻り、
近くの農協さん(JA安芸)でお買い物をしていました。
農協さんには、近隣の農家の持ち込んだ
採れ立て野菜の即売コーナーがあって、
お買い得品が色々あるのですが、今回は、なんと摘みたてブラックベリーを発見。
めったにない掘り出し物です。即買いでした。
ブラックベリーは、野生の野いちごやラズベリーのような感じ。
そのまま口に入れると、とても酸味が強いです。
Blackberry2 母も初めて食べるらしい。
「こうやってヨーグルトと混ぜ混ぜして・・・」と、
昼食後に自宅でやっていると、
鮮やかな紫色の色調の変化に感動していました。
日持ちがしないので、食べきれないときは、
軽く洗って、小分けして冷凍するのがいいでしょう。

さて、10時3時に帰って、早速ジャムに。
ヨーグルトと混ぜるときは気になりませんが、ブラックベリーには白ゴマ風の小さな種があります。このため、ぶどうのジャムと同じように、一度こす必要があります。
本格的には、ふきんでこすのですが、種だけ除けばいいので、今回のレシピのように目の粗いざるを通すだけでもOKです。

ブラックベリーのジャムの作り方(電子レンジ簡単レシピ)
材料 ブラックベリー 600グラム
    お砂糖     120グラム(ブラックベリーの重さの20%)
お砂糖の量は、種を取り除いた後のブラックベリーのシロップの重さの50%です。
作り方 1.ブラックベリーを軽く水洗いして、傷んだ箇所を取り除きます。
2.1を耐熱容器、または丼鉢に入れ、電子レンジ強(600W)で6分かけます。
3.実が柔らかくなり、果汁が出ます。木べらで手早くブラックベリーの実を砕きます。
Blackberry3 4.3が熱いうちに、ざるを通して、
ブラックベリーのシロップと種を分離します。
5.シロップの重さを量り、その重さの半分のお砂糖をシロップに入れ、よく混ぜます。
6.5を再び耐熱容器、または丼鉢に入れ、レンジ強で6分かけます。
7.表面に浮いたあくを取り除き、今度はレンジ弱(200W)で10分かけます。途中で何度か、かき混ぜます。
Blackberryjam 8.最後の2分くらいは、こまめに混ぜ、全体が泡立ち、とろみがついたら出来上がりです。冷えると固まりますので早めにレンジを終了しましょう。
出来上がり量200ccぐらいです。
レモン果汁は入れなくても固まります。

おいしい手作りジャムは、電子レンジで簡単に出来ますよ。
ぜひご自宅でチャレンジしてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

新ケーキ「ブラックベリー味のシフォンケーキ」

昨日、ブラックベリーが手に入りました。ブラックベリーと手作りジャムの記事を、ただいま書いてますが、ケーキの記事のほうが先に出来ましたので、UPします。

Blackberrycake シフォンケーキの中に、
ブラックベリーのシロップを織り込んで焼き上げました。
ブラックベリーの生果と、ジャム、ヨーグルト添えの贅沢ケーキ。
お値段は150円です。
日持ちがしないので、生果添えは先着20名。
シロップが終了次第ケーキも終わりになります。
お早めに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健脚向きってどれくらい?

トムラウシの遭難事故で、同じく登山経験のある友達とメールでやり取りしました。
健脚向きといいますが、北海道の山は大きいので、広島とは感覚がちょっと違います。どれくらいの健脚力が求められるのでしょうか?

私の例で言うと、こんな感じ。
1.国民宿舎そばのキャンプ場を朝3時に出発。(北海道では朝3時は明るいです)
2.キャンプ場から、林道終点(登山口)までゆるい坂道を2時間歩きます。
3.登山口からは雪渓を2時間上り詰めて、その後1時間急な登り。
  (雪渓のルートは旧道のため、今は立ち入り禁止になっています。)
4.やっと尾根にたどり着いたら、トムラウシの山頂がはるかかなたに見えます。
5.そこから更に2時間登り下りを交えて、ようやく頂上に到着します。(昼食)
6.帰りは、来た道を戻ります。登山口まで3時間半、キャンプ場まで1時間半。
避難小屋に泊まる人は、重い荷物を背負っての登り7時間の日程。
日帰りの人は、往復12時間を歩きます。
ヒグマ生息地のため、頂上付近のテント泊はとても危険です。

広島でわかりやすく例を挙げると、こんな感じでしょうか・・・。
安佐北区に白木山という標高800Mくらいの山がありますね。
(広島近郊では、よく登山のトレーニングとして使われている山です。)
1.広島の中区中心部から安佐北区の中深川の白木山登山口まで歩きます。
2.そこから白木山の頂上まで2回往復して、再び中区中心部まで歩いて帰ります。
求められる健脚力とは、これぐらいです。
必要最低限の荷物と食料を背負い、雨や強風でも大丈夫な体力と気力が必要。
普段から心身を鍛えていないと難しいでしょう。
お客さんから「トムラウシの写真があれば見たい」とリクエストがありましたので、
10時3時のカウンターに数枚置いておきます。

頂上付近のお花畑はとてもきれいですが、万人に解放された美しさではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

トムラウシ遭難事故

トムラウシでの遭難、大変お気の毒に思います。
私も北海道では、トムラウシ、利尻岳などに登りましたが、
利尻岳では7月上旬に頂上で雪に降られました。もちろん完全防備で往復しました。
私の場合、社会人になって単独行が多かったです。
単独行は、みんな危険だって言ってましたが、団体行動だったら安全なのかと。
日程、ルートの変更や天気待ちは、単独行のほうが自由にできます。
利尻岳の登山はふもとでキャンプを張り、3日待っての日帰りアタック。
トムラウシは、快晴の日に日帰り。登り7時間、下り5時間。雨ではとても無理です。
頂上付近のお花畑はきれいですが、健康ブームの登山とはちょっと趣が違います。
団体、単独とそれぞれ長短両方あるので、登山目的に応じた使い分けが必要かと。
計画から、無事下山するまで、結局、自分を守れるのは自分自身・・・。
無事下山できてこそ、良い思い出になるのですから。

今回のニュースに触れて、色々な疑問が浮かびます。
1.山岳ガイドのプロとは、リーダーの役割なのか、単なる解説員のことなのか。
お花畑の花の名前や、山頂から見える景色の解説などができることを、ツアー参加者は当然求めるでしょう。現地をよく歩いた人ならばガイドとしてその役割ができるでしょう。しかし、ツアー客を取りまとめるリーダーの役割は、同じ人ができるのでしょうか?つまり、ツアー客を、お客さん扱いしていると、統率できないのではということです。
2.また、知らない人同士でひとつのパーティーを組んで、登山が出来るのでしょうか?つまりは、お互いの体力がわからないもの同士で、いのちをお互いに預けることができるのかということです。
3.連泊する場合、予備の食料は必携です。参加者全員分の予備食の手配状況や、天候悪化時に必要な装備品の状況は?ツアー参加者にも荷物を分担して持たせていたのか?大人数のパーティーでは、ガイドが全てを持つのは無理でしょう。
4.雨などで行動できず、下山予定が延びることなどは当然想定されますが、全員了解済みだったのかどうか。などなど・・・。

疑問点は尽きないのですが、今日は1点だけ。
私がいつも感じていることは、
大自然は「今日は晴れて、一番きれいな日だから皆様いらしてください。」と、
年に数回快く手招きしてくれているのです。だけれども、
人間の都合で休日があわなかったりして、そのベストな日に行けないだけ。
遭難事故の原因に天候の悪化とよく言われますが、ほとんどは人災ではないかと。
(大地震や津波、火山活動、竜巻など予測困難なものが天災かと。)

無くなられたのは、ご年配の方ばかりですね。
うちの母もそうですが、何だか時間にせかされてて、
アレもコレもと、いつも忙しそうにあせっています。
毎日が日曜日のはずなのに・・・。(不適切な発言でしたらごめんなさい)
日本人の性(さが)なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月18日 (土)

あんずジャムできました

昨日は、お昼に病院から帰って、ちょっとがんばりました。
広島本通アーケードの西の端にある野菜、果物のお店「はぐま」。一見、普通の八百屋さんですが、値段が安く、たまにあっと驚く掘り出し物もあるので、時々買い物に行くお店です。昨日、I内科での点滴の帰り道に立ち寄ってみたら、なんとあきらめかけていたあんずを発見。購入して、即刻お店でジャム作りです。例年より約1ヶ月遅れですが、おいしいあんずジャムができました。(写真奥)

手作りジャムの作り方は、サイドバーのBLOG内メニューからどうぞ。
今回はデータのみ控えておきます。
長野産の完熟あんず1.3キロ
お砂糖500グラム(あんずの重さの40%)
出来上がり 約1キロ。作業時間2時間くらい。
やっぱり、あんずのジャムがなくては初夏の感じがでませんね。ぜひご賞味ください。

Apricotjam写真手前は、りんごのタルトタタン。
ちょっと肌寒かったので、1台お焼きしました。
いちごのタルトタタンは、いちご終了のため、終わりにします。

誠に申し訳ありませんが、
今日もお昼12時ころからの営業とさせていただきます。
違うところでの定期健診です。
明日、あさっては、営業は通常通りの時間の予定です。
みなさまのご来店を心よりお待ちしています。良い連休をお過ごしください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

ラベンダー1周年

昨年の袋町小学校の植木市で買ったラベンダーの鉢。
ついに、1年間咲きっぱなしで、丸1年になりました。

Lavender ということは、永遠に咲き続ける?と、思ったら、
先週あたりから、どこから来たのかアブラムシが大量発生!
アブラムシって飛んでくるのでしょうか、茎にびっしりつきはじめました。
やむなく昨年の古い茎を切って、きれいさっぱりと散髪を。
ありがたいことに、新芽が数本、株から顔をのぞかせていて、
めでたく世代交代です。
このアブラムシ、ラベンダーだけにいて、
ほかの植木鉢にはいないんですね。
ラベンダーは、防虫効果があるものと思っていたので、少しびっくりでした。

Southerncross お店の外で育てていた「サザンクロス」も、
ピンク色の花がたくさん咲きました。
2年ぶりくらい。
五角形ですけど、
南十字星のような、きれいな花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

超便利グッズです「バイク用ブーツカバー」

今年の梅雨は大雨の日が多いですね。靴が何足あっても足りません。靴下は替えを持っていればいいのですが、靴はすぐには乾かないし・・・。というとき、これがあると便利です。

Boot_cover バイク用のブーツカバー。靴をすっぽりと覆い、雨水の浸入を防ぎます。ビニール製なので、レインコートと同様にカバー内部が蒸れますが、靴下や靴はほとんど濡れません。特に、自転車通勤の方、レインコートの上に、更にブーツカバーを着用すれば完璧!
お買い求めは、バイク用品屋さんなどで。たぶん2000~3000円位。
欠点は、靴の裏側のソールの部分が薄いので、あまり歩き回ると、ビニールが破れるかもしれないこと。もともと、バイク用品なので、ブーツカバーを着用したまま歩き回ることは考えていませんので・・・。
大雨のとき、大雪のときに活躍します。雨具をはずした後の快適さは、癖になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

映画「剣岳・点の記」

久しぶりに映画を見てきました。新田次郎の小説「剣岳・点の記」の映画です。
明治40年に陸軍上層部の命を受け、測量のために未踏の剣岳に挑む実話です。実写で迫力満点。命令とはいえ、未踏の岩山を、まともな装備もない状況で登らねばならないという、当時の困難さが十分に伝わってきます。今では、登山ルートも複数あり、危険な箇所はロープや鎖が備えてあります。それでも事故が多い山で、悲しいかな、毎年のように遭難のニュースで剣岳の名前が出てきます。

剣岳には、夏と秋の2回登りました。学生時代に同級生3人で広島から登りに行ったときは、お金がなかったので、青春18きっぷで(発売当時はのびのびきっぷと呼んでいたような?)。朝8時くらいに広島を出ると、列車を乗り継いで富山駅に夜中12時くらいに到着。翌朝1番の立山行きの電車に乗り、朝早く室堂という標高2400Mのバスの終点に着きます。そこから修学旅行、団体さん、観光客のほとんどは、立山へ日帰り往復ですが、大きな荷物をかついだ学生3人組は立山に登った後、そのさらに先の剣岳へ。8月でも雪の残る剣沢で、テントを張って1泊。翌日、軽装で剣岳を往復しました。岩登りが多くて険しくて、荷物を持ってはとても登れません。無事に頂上までたどり着き、テントに戻って1泊。翌日、大日岳という山までのんびり歩いて1泊。次の日は、称名滝という大きな滝のあるふもとまで下山。翌日再び鈍行列車で1日かけて広島まで帰ってきました。雲もなくいい天気で、思い出に残る山行でした。

原作の小説も持っていますので、読んでみたい方は店長まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

いろいろと、お気遣いいただきましてありがとうございます

5月より、病院を変えて喘息治療をしています10時3時の店長です。喘息日記(もう1個のBLOG)を書くようになって、色々な方からプレゼントや、アドバイスをいただくようになりました。本当にありがとうございます。この場を借りてお礼を申し上げます。

Handmixer まず、Hさんから、ご自宅のハンドミキサーをお譲りいただきました。ありがとうございます。これで、少しは玉子の泡立てが楽に出来そうです。BLOGでご紹介しました無添加アイスクリームは、材料をひたすら泡立てる作業なので、このハンドミキサーが大活躍でした。レモン味のバターケーキ(カルトカール)も、ハンドミキサーがないと玉子の泡立てに苦労します。これまでお作り出来なかったケーキにもチャレンジできるかな。面白くて、長時間泡立ててしまいそう・・・。

Present また、十日市のAさんからは、ローズヒップとりんごのハーブティー。無印の製品です。今の季節にぴったりで、おいしくいただいています。最近は、飲み物に砂糖を溶かして栄養補給をしているので、助かります。
また、R建設さんからはミネラルの入った栄養ドリンク。「現代人はミネラル不足のようで、さまざまな病気がミネラルの不足から・・・」と、パンフレットに記載されてます。栄養ドリンク系は苦手ですが、グレープフルーツの味がつけてあって、飲みやすかったです。すぐに効くような製品ではありませんが、お心遣いありがとうございます。ミネラル、確かに不足気味かも・・・。
韓国のおみやげのインスタントコーヒーも、おいしくいただいています。ほとんどハングル文字で解読できませんが、ネスレの製品で、ゴールドブレンドのような感じ。時間のないときに、大助かりです。
Himono 昨日は、ご近所のUさんから、境港からの直送一夜干し。
喘息には昔からの魚料理中心の日本食がいいそうで、お店のオーブンレンジの自動メニューで焼きました。
とってもおいしかったです。
皆様、どうもありがとうございます。

そのほか、民間療法っぽいことも色々お聞きしました。効果の有無は今のところわかりませんが、喘息日記に、聞いたままをそのまま書いておきます。玉ねぎのお味噌汁くらいは、簡単なのでただいま実行中です。諸説あるということは、昔からある病気で、決め手になる治療法がないのでしょう。

かんじんな、今の体調ですが、
ひのき花粉の時期が終わると楽になるかなぁと思いましたが、いまはカモガヤ花粉。梅雨に入っても一向に楽にならず、ほぼ毎日発作止めを使用しているこの頃です。体温計も37度付近をうろうろ。咳がほとんど出なくなったので、それだけが救いです。(咳き込むと肋骨が折れますので・・・)

おまけの喘息日記はこのBLOGのサイドバーから入れます。私よりも症状の重い患者さんはたくさんいらっしゃると思いますが、喘息はこんな病気です・・・
http://tearoom1003.cocolog-nifty.com/blog/index3.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »