« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

「ストラディヴァリウス」のライブ録音CD

Stradivari この度、
非売品の貴重なクラシックCDをいただきましたので
ご紹介します。
ミュージックバードさま、ありがとうございました。
ご興味のある方は、店長まで。

日本音楽財団創立35周年記念コンサート
2008年9月9日サントリーホールで行われました
ガラ・コンサートのライブ録音
「Encounter with Stradivari 2008」
2枚組みCDです。
主な曲目・・・
ヴィヴァルディ 
4つのヴァイオリンとチェロのための協奏曲 ロ短調作品3第10番 RV580
JSバッハ 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043
メンデルスゾーン 弦楽八重奏曲 変ホ長調作品20

「ストラディバリウス」は、どなたも1度は耳にしたことがあるでしょう。
詳しくはWikiなどで検索されてみてください。
現存個数の少ない貴重な弦楽器で、個人での所有が困難なため、各種コンクールの入賞者などに日本音楽財団が貸与しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

時間を楽しむ「紅茶」

10時3時の紅茶は、ティーポットでご注文されますと、
ティーポットに茶葉が入った状態で、お客様のテーブルにご提供されます。

理由は、前回のBLOGでご紹介しましたダージリンの新茶のように、
紅茶は、時間とともに変わる水色、香り、渋み、ボディー、余韻などを楽しむ、
創造性豊かな飲み物ではないかと思うからです。
とかく完成度の高い(完璧な)紅茶を目指すために、
お湯の温度は何℃で、1杯あたり茶葉は何グラムで、抽出時間は何分で、
渋くなるから茶葉は取り除いて・・・と、
堅苦しいことが気になる人たちが多いようです。
(実際のところ、クッキングスクールでも、このようなことは教えてはいるのですが。)
完成品を目指すのは、西洋の世界、考え方だと思うんですよね。例えばコーヒー。
本来、紅茶は東洋の飲み物ですから、
作る際のアバウトさと、時間を楽しむ余裕があってもいいのではないでしょうか?

近年、店舗数が増えているお店(コンビニエンスストア、カフェー)で手に入るのは、
ほとんどが完成品です。
お金を出せば、誰でも同じもの、同じ商品が容易に手に入ります。
けれども、変わらないものって、なんだか楽しくないんです。
最近流行の揺らぎの話とは、ちょっとニュアンスが違うのですが、
きっちり過ぎるものは、息が詰まって肩がこるんですよね。
みなさまはいかがですか?

今回のダージリンの新茶を飲んで、
「紅茶は、時間を楽しむ創造性豊かな飲み物である。」という、
10時3時の開店当時のコンセプトを改めて確認した次第です。
皆様のご意見、ご感想をお待ちしています。
(紅茶とコーヒー、鍋料理とコース料理とかね。色々あると思うので。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

ファーストフラッシュダージリン 2009

Ffd2009大阪ムジカティーさんから、ダージリンの新茶が届きました。
今年は、マリーボン茶園産です。
お値段は、50グラム入り  900円、
      250グラム入り 4200円です。
皆様のご利用をお待ちしています。
(ムジカティーさんのアルミパックが、黒いパックに変わりました。)

さて、お味のほうは・・・写真を見ての通り、ほとんど日本茶感覚です。
1杯目、淡い香り、薄黄色の水色で渋みもなく、すんなりはいっていく感じ。
飲んだ後に、鼻腔にわずかに甘い余韻が残る程度。
良くも悪くもボディーゼロ。ストレート向けです。
2杯目も、わずかにダージリンの輪郭を垣間見る程度の渋みと甘さ。

今回の新茶を、一言で表現するなら、「早春の雪原に、いち早く咲く”まんさく”の花」。
純粋に、こよなくダージリンがお好きなあなたにささげる一品です。
ケーキもサンドも、何もなしで。
あえて言うなら、サイドメニューは「時間」です。

オーダーは、茶葉の入ったティーポットで。
ティーポットの中の新茶を、少しずつカップに注ぎながら、
早春から春に向かって雪がゆるみ、新緑が芽吹き、ゆっくりと大地が目覚めてゆく、
そんな時間とともに移ろいゆく余韻の変化を、
ご堪能いただけたらと思います。
このような理由から、
店内でのお召し上がりは・・・
誠に申し訳ありませんが、ティーポットのみ500円とさせていただきます。

今年の新茶は、アールグレーや着香茶の好きなお客様には、ちょっと不向きかも。
更に、香水をおつけになっているお客様は、入店自体をご遠慮いただきたいくらいの繊細さです。

今回、あわせて、三角ピラミッドタイプのティーバッグ紅茶
「MAJIC TEA BAG(マジックティーバッグ)」も入荷しました。
2月にご紹介しました、「ヴィンテージウバ2008年のボンバガラ茶園産」と同じです。
ミルクティー向けの絶品ウバ紅茶が、お手軽に2分でできる超お買い得品です。
お値段は、20個入り 630円、
        5個入り 200円です。
前回はあっという間になくなりましたので、お早めに。

追記:早春の”まんさく”の花は、こんな感じです。
3月の九重連山は私も以前、登りましたよ。
ご参考までに・・・http://gen-yama.net/mimatayama090315.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

サイドバーにお休み予定などを追加しました。

10時3時をいつもご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
最近、臨時休業などイレギュラーなことが多く、申し訳ありません。
本BLOGのサイドバーのカレンダーの下に、
お休み予定と近況の項目を追加しました。
お休み予定など、なるべく事前にお知らせしようと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

PS.ダージリン新茶・・・明日あたり入荷します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

いちごのタルトタタン?

タルトタタンといえば、
りんごのケーキと決まっているので、
なんだかへんなタイトルですが・・・。

Strawberrytart いちごのコンポートのタルトです。
普通に作ると、タルト台が水分を吸って
しなーんとなるのがわかっていたので、
タタン風に生地をパイ皿の上に載せて焼いてみました。
要は、パリパリ生地にしたかったのですね。
正式名は「いちごのアップサイドダウンパイ」なのですが、
わかりにくいので「いちごのタルトタタン」ということで。
お値段は、150円です。甘党の方はぜひ。

新ケーキは誠心誠意開発中なのですが・・・
最近、微熱が続いてて、店長パワー不足です。ごめんなさい。

追記:作り方・・・
1.いちごジャムの要領で、レモン果汁を使わずに煮詰めていきコンポートを作ります。
2.ベイクウェルタルトの作り方を参考にして、クラスター生地を1枚用意します。
3.22cmパイ皿にオーブンペーパーを敷き、1を入れ平らにして、2で覆います。
4.180度のオーブンで35分くらい焼きます。
5.温かい内に、パイ皿より一回り大きなお皿をかぶせて、上下をひっくり返します。
いちごのコンポートは、250グラムくらい必要です。
5の作業は、冷めるといちごとペーパーがくっつきますので、温かいうちに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

ロシア人的性格の人たち

先日、傘を盗まれそうになりました。

お昼の2時頃、3名さま(お母さんと息子さん娘さんでいずれも成人です)がご来店。
3時前に小雨が降りはじめまして、お会計を済ませて帰られました。
その後、階段を上がりきったところに置いてあった私の傘が消えているのを発見。
今の3人のほうを見ますと、
息子さんが私の傘を手にして階段をおりかけているではありませんか。
「すいません。その傘はあなたの傘ですか??」
階段の上から大声で聞いてみますと、息子さんがトボトボ引き返してきました。
「店の外に置いてあったので、要らない傘だと思いました。」だって。
悪ぶれた様子もなく、すみませんの一言もなく。
ほかの二人と合流して、3人とも笑っていました。
明らかに窃盗ですが、罪の意識がないようです。
見つかったのがアンラッキーぐらいの感じ。
極めてロシア人的な性格ですね。

ロシアでは、家やお店の外にあるものは、みんなゴミとみなすようです。
植木鉢、傘、自転車、バイク、なんでも持っていっちゃうと、北海道の人が言ってました。
広島でも、広島宇品港にロシア船籍の船が接岸したときは色々と被害があると、宇品でお店をやっていた人が、言ってましたっけ。船員さんらしき人から「ルーブルOK?」って聞かれた日は要注意だそうです。
今回の3人は、日本人らしかったのですが、ロシア育ちだったのかもしれませんね。
皆様もお気をつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

お知らせ・・・店長マスク着用中です。

ゴールデンウィークも昨日で終わりですね。
皆様リフレッシュされましたでしょうか?
GW期間中は、10時3時に初めてご来店されるお客様も多く、
誠にありがとうございました。

少しお知らせがあります。
10時3時によくご来店いただいているお客様にはご説明をしているのですが、
このところ、店長は常時マスクをして接客をさせていただいています。理由は・・・
今春のアレルギー症状がとてもひどく、これまでの花粉症、気管支炎の症状に加え、
新たに気管支喘息を発症して、ただいま治療中です。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、気管支喘息は完治しません。
お医者さんからは、いまのところ生涯にわたり吸入ステロイドという薬を飲みながら、
発作を抑えるようにと言われています。(アドエア500という薬を使っています。)
マスクについても、常時着用するように言われています。(夜寝るときも1日中です。)
また、薬の副作用のため、声がかすれ、ハスキー声になっています。
このため、お客様との会話がたいへんお聞き苦しくなるかと思いますが、
何卒ご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

気管支喘息では、咳が頻繁に起きることがあります。
咳は、気管支のアレルギー反応などが原因で、気道が狭くなって起こります。
従って、気管支喘息の病気が周りのほかの人に感染するようなことはありません。
咳は、なるべくお店の外でするようにしていますが、咳はいつ起こるかわかりません。
(アレルギー反応は自分自身ではコントロールできません。)
厨房内での作業や、接客が一時中断することがあるかと思いますが、
できるだけお客様にご迷惑をかけないように努力しますので、よろしくお願いします。
また、今のところ10分くらいの会話でも、呼吸がしんどくなります。
お客様とのお話もあまり出来ません。ごめんなさい。

もう一点。現在通っているお医者さんの予約がいっぱいで、なかなか取れません。
次回が、あす金曜日の午前中の予約のため、
10時3時は、明日はお昼からの営業とさせていただきます。
なるべく、土曜日の午前中にお医者さんに行くようにしているのですが、
気管支喘息以外にも複数のお医者さんに通っているので、思うようにいきません。
誠に恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »