« ちょっと早めのご愛顧感謝セール | トップページ | 紅茶抽出器具「ティーハット80℃」で2人分の紅茶を作る方法 »

2008年12月10日 (水)

ライ麦パンのおいしい食べかた

パンが大好きで、パン屋さん巡りをされているお客様から、
「ちょっと変わったパンを発見したので・・・」といただきましたのは、「ライ麦パン」。
Ryebread1 写真は4分の1のカットですが、
本当は直径15cmくらいのまん丸サイズで、
お値段は700円。
ずっしりと重たくて、高密度。
かなり固いです。
普通の包丁では切れなくて、
刃がナミナミのパン切り包丁でないと切れません。
ご購入された場所は、広島市中区中島町のドイツパンのお店「ベッカライ アイン」。
お店紹介の口コミBLOGは、この記事が一番わかりやすいかも。
広島のタウン誌「TJひろしま11月号」パン屋さんの特集記事の23ページにも載っています。

お味のほうは・・・
「テレビアニメのハイジが食べた黒パンってこんなのかなぁ」と思いつつ、一口食べましたが、「うぅぅーん・・・酸っぱいです」。
普段、日本人が食しているパンの味とは全く違います。
こんなに酸っぱいパンは初体験です。
ハイジが白パンを持って帰りたくなる気持ちがよくわかります。
ドイツやロシアの寒いところではライ麦しか作れないので、このような黒パンをよく食べているのだそうです。

Ryebread2 おいしい食べ方があるのでは?と、
ライ麦パンの食べ方についてネットでお調べました。
以下、2通りの方法がいいかも。
酸っぱいだけのライ麦パンさんが、
とってもおいしく変身します。

1.超甘口コース「ライ麦パン+マーガリン+黒蜜+いちじくジャム」(写真左)
 甘くして気になる酸っぱさを閉じ込めてしまおうという訳で、とってもGOOD。ライ麦パンは薄くスライスしても噛み応え十分。よく噛んで歯も丈夫になるし、消化にもいいし言うことなし。これを毎日食べ続けると、体重増加も間違いありません。
2.おつまみコース「ライ麦パン+クリ-ムチーズ+スライスハム」(写真右)
 チーズケーキを作るときに使っているクリームチーズと、歩人のハムの端っこを乗せてみました。トッピングの2つの材料の塩っ気のあるところが、いい感じで酸っぱさを隠してくれて、ビールとよく合いそう。さすがはビール大国ドイツのおつまみですね。
このほかにも、パイナップルのジャム(ドイツ風に言うとアナナスジャム)と一緒に食べるといいそうですよ。あいにくパイナップルのジャムは、今は手持ちがありません。
食べ方の工夫次第で、おいしくなるものだというのを実感した1日でした。


  

|

« ちょっと早めのご愛顧感謝セール | トップページ | 紅茶抽出器具「ティーハット80℃」で2人分の紅茶を作る方法 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219521/43210187

この記事へのトラックバック一覧です: ライ麦パンのおいしい食べかた:

« ちょっと早めのご愛顧感謝セール | トップページ | 紅茶抽出器具「ティーハット80℃」で2人分の紅茶を作る方法 »