« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月30日 (火)

年末年始のお知らせ

いつも10時3時をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
今年も残すところあと2日となりました。
年末年始には、遠方から広島に帰省され、
10時3時にお立ち寄りになられるお客様が多くいらっしゃいますので、
毎年1月1日のみをお休みにしています。

12月31日お昼2時ごろから夜10時まで営業します。
 1月 1日・・・お休みします。
 1月 2日朝10時から通常営業です。先着100名さまにはお年玉(?)があります。

2009年は、1月5日が月曜日なので、4日までのお休みの会社がほとんどでしょう。
たぶん1月3,4日の2日間に、お客様が集中すると予想されます。
お時間には余裕を持ってご来店いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
1月2日は毎年すいています。
また、午前中から午後2時ごろにかけてと、夕方5時以降は、ゆったりとくつろいでいただけると思います。
皆様のご協力を、よろしくお願い申しあげます。

2009年も、皆様にとって良い1年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

キャラメル菓子「バノフィーパイ」復活

昨年好評でしたキャラメル菓子「バノフィーパイ」
年末年始限定ですが、復活しました。お値段は150円です。
Bano6rsz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

クリスマスの天気予報

昨夜の天気予報のお話。
気象予報士さんが、12月25日のお天気を一生懸命に解説してくれていました。
「明日はクリスマスですね。全国的には・・・・夜から強い寒気が流れ込んでくるので、気温が下がり雪になるところが多くなりそうです。寒さ対策が必要ですね。体調管理を万全に。」だって。
・・・・It’s funny.
12月25日のクリスマスを、クリスマスとして過ごす人たちは、だいたい一日じゅう家で家族とゆっくり過ごす日なので、教会に行く以外は外出はしないものです。
家の外のお天気なんてのは、あまり関係がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

声が出ないっ!

先週の金曜日の朝、突然声が全く出なくなってしまいました。高音も低音も全く出ない。出てもハスキー声。困ったなー。
前日からのどの調子がおかしかったので、かぜかな?とルルの錠剤を飲んで寝たのですが、あまり効かなかったみたい。熱も咳もなく、鼻声でもなく、頭もすっきりしていて、のどだけはれぼったいのです。こんな症状は生まれて初めてです。
声を出そうとしても、声帯が全く震えず、なんだか固まっていて、空気がただ通過していくだけ。こんな症状が突然に現れたら、アナウンサーや歌手の人はさぞ大変だろうと思います。一日中、のど飴をなめても、ハーブティーを飲んでも一向に回復する様子もないので、翌日、病院へ直行。
行きつけの昔から通っている耳鼻科はJR海田駅の裏なのですが、何度か通うことになると思い、お店の近くを新たに開拓することに。広島PARCOそばの松島耳鼻咽喉科医院へ行ってきました。
土曜日で、患者さんが少ないようで、すぐに診ていただけました。
先生がのどを診るなり、「こりゃ痛そうだねー」だって。
「乾燥と冷えがいけません。エアコンもあまりよくありません。マスクをしてね。夜寝るときもね。」なんだか重症のようです。
「のどだけのためのお薬を3日分処方しますので、きっちり飲んでまた来てください。」
のどの炎症を抑える薬とアレルギーを抑える薬、感染症治療の抗生物質などなど、お薬を5種類ほどいただいて帰りました。(はじめてみるお薬ばっかり)
3日ほど、まじめに飲んでいると、ようやく低い声なら出るようになり、まずは一安心。明日のクッキングスクールの授業には、どうやら間に合いそうです。やれやれ。

声帯といっても、普通に日々生活しているのでは、あまり気にしませんよね。
私は1年位前、ふとしたきっかけで、ボイストレーニングの体験講座を受講したことがあります。講師は山岸玲音先生。MI広島という音楽の専門学校の先生です。15分程度でしたが、初めて体験することばかりの新鮮で楽しい時間でした。
内容は、声帯の位置の確認と発声練習。声帯を意識しながら口の周りの筋肉を大きく動かして、正しいアクセントで発音すると、言葉がうまく相手に伝わるとのこと。
ボイストレーニングとは、声帯の筋肉トレーニングだそうです。
鍵盤の音にあわせて、「エ 、ア 、イ 、オ 、ウ 、エ 、ア 、イ 、オ 、ウ ・・」とアナウンス教室のような感じでしょうか。毎日15分くらい少しずつ練習するのがいいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

王林りんごのジャムの作り方

おいしい王林りんごのジャムができました。
去年のBLOGに載せていないようなので、簡単に要点だけ。
今回は、長野県安曇野産のりんごを使用しました。
長野産のりんごは、青森産に比べて柔らかいので、多少おおざっぱにスライスしても、加熱途中で果肉が簡単に砕けます。砂糖とりんごがなじむのも早いので、初心者でも作りやすいでしょう。
また、王林りんご自体甘いので、今回のレシピの40%の砂糖の量は、少し多いかもしれません。が、甘く仕上げたほうが、王林らしい特徴がよく出ると思います。お好みで、30%くらいまで、甘さを控えめにしてもいいでしょう。

作り方は、サイドバー・BLOG内目次のりんごジャム(ジョナゴールド)と同じです。
Ourinjam08 参考データのみ記しておきます。
(材料)王林りんご 大玉2個(約800グラム)
    砂糖     320グラム(りんごの重さの40%)
    レモン果汁 3分の1個程度
作業時間は1時間半、
出来上がり量は約700グラムでした。
このたびのジャムはとってもおいしく、
しかもきれいな色に仕上がりました。
この美しさ、デジカメ写真で伝わるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

袋町小学校の植木市

今朝、袋町小学校の玄関口で植木市がありました。
植木市といっても、この時期の出品はお正月飾りが多く、
鉢植えもシクラメンやポインセチア、シャコバサボテン、葉牡丹など定番のものしかありません。

そこで、苗を買って、寄せ植えをすることにしました。

Daisy デイジーの赤と白、下はスミレ草。

Primula まだ花がついていませんがプリムラ(サクラソウ)の赤と白。

Kiku 菊の仲間。名前は・・・?です。おおきくて丈夫そうなのでひとつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

「カンチャンジャンガ茶園」のネパール紅茶

ネパール出身の広島在住カルキ・パラメソールさんが、
ネパールの紅茶の訪問販売にご来店されました。
最近、紅茶の個人輸入を始められたそうです。
URL・・・http://www.himalayanyuki.com/
(衣類雑貨の通販サイトです。まだ紅茶のコーナーはできていません。)
早速、紅茶のサンプル3種類を試飲。
今回ご紹介するのは、その中でも最もコクがあってミルクティーにあいそうな、
「カンチャンジャンガ茶園(Kanchanjangha T.E.)」の紅茶です。

ネパールは、インドの北に位置します。
インドのダージリン地方と接する場所は、
おいしい紅茶を生産することで有名です。
ネパールの紅茶を飲んだ時の印象も、ダージリンとほぼ同じ。
大阪ムジカテーさんも「カトマンズ・フレグランス」という商品名で販売されています。
これまで何度か、ネパールの紅茶を飲む機会がありましたが、
その中でも、ここの茶園の紅茶が個人的にはコクがあって一番好きです。

Nepaltea お店で少しだけ購入していますので、BLOG読者様限定ですが、
カップティー400円、ティーポット500円でお飲みいただけます。
ネパール紅茶を飲んでみたい方は、お申し付けくださいませ。
茶葉は有機JAS認定。50グラム入りで、お値段960円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

紅茶抽出器具「ティーハット80℃」で2人分の紅茶を作る方法

Teahat3rsz寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
自店で開発、販売しています紅茶抽出器具「ティーハット80℃(エイティー)」について、先日、お客様からご質問がありましたので、ご紹介します。
「2人用ってないの?」
よくあるご質問です。
「ティーハット80℃」は、出来上がりの紅茶の量が約200ccです。普通に考えますと、茶葉3グラムを使うことで、カップ1杯分の紅茶ができます。が、経験上でお話しますと、紅茶の茶葉を6グラム入れて2倍の濃さの紅茶を作り、ティーカップ2客にそれぞれ100ccを注ぎ、後でお湯で薄めてカップ1杯分の量にするという方法があります。使い慣れないティーポットで作るよりは、この方法がおいしくできると思います。もし、お手持ちの茶葉が大きな葉(オレンジペコタイプ)でしたら、茶漉し網は使わずに、茶葉をカップに直接いれ、紅茶抽出時に茶葉が広がりやすくしてあげますと、よりおいしく仕上がると思います。
ひとつの器具で、すべての生活シーンをまかなおうとするのは、少し無理があるのでは?
今年はじめの1月14日付BLOGでご紹介しました、大阪ムジカティー・堀江氏考案の「ゴールデン・ムジカ」は、容量960ccのファミリーサイズなので、車で例えますと1000ccクラスの自家用車。「ティーハット80℃」は、最大容量250ccの1人用なので、小回りのきく中型オートバイといったところでしょうか。全く性格の違う2つの器具ですが、皆様の生活シーンにぴったりの器具をお使いいただけたらと思います。
「ティーハット80℃」については、10時3時のホームページで詳しくご説明しています。
URL・・http://homepage3.nifty.com/tearoom1003/

Teahat2rsz Teahat1rszなお、製造工程はこんな感じ。
1.それぞれの部品に不良箇所がないか確認します。特に、茶漉し網は時々接着がはがれていて要注意。
2.ビニール袋に入れて出来上がり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

ライ麦パンのおいしい食べかた

パンが大好きで、パン屋さん巡りをされているお客様から、
「ちょっと変わったパンを発見したので・・・」といただきましたのは、「ライ麦パン」。
Ryebread1 写真は4分の1のカットですが、
本当は直径15cmくらいのまん丸サイズで、
お値段は700円。
ずっしりと重たくて、高密度。
かなり固いです。
普通の包丁では切れなくて、
刃がナミナミのパン切り包丁でないと切れません。
ご購入された場所は、広島市中区中島町のドイツパンのお店「ベッカライ アイン」。
お店紹介の口コミBLOGは、この記事が一番わかりやすいかも。
広島のタウン誌「TJひろしま11月号」パン屋さんの特集記事の23ページにも載っています。

お味のほうは・・・
「テレビアニメのハイジが食べた黒パンってこんなのかなぁ」と思いつつ、一口食べましたが、「うぅぅーん・・・酸っぱいです」。
普段、日本人が食しているパンの味とは全く違います。
こんなに酸っぱいパンは初体験です。
ハイジが白パンを持って帰りたくなる気持ちがよくわかります。
ドイツやロシアの寒いところではライ麦しか作れないので、このような黒パンをよく食べているのだそうです。

Ryebread2 おいしい食べ方があるのでは?と、
ライ麦パンの食べ方についてネットでお調べました。
以下、2通りの方法がいいかも。
酸っぱいだけのライ麦パンさんが、
とってもおいしく変身します。

1.超甘口コース「ライ麦パン+マーガリン+黒蜜+いちじくジャム」(写真左)
 甘くして気になる酸っぱさを閉じ込めてしまおうという訳で、とってもGOOD。ライ麦パンは薄くスライスしても噛み応え十分。よく噛んで歯も丈夫になるし、消化にもいいし言うことなし。これを毎日食べ続けると、体重増加も間違いありません。
2.おつまみコース「ライ麦パン+クリ-ムチーズ+スライスハム」(写真右)
 チーズケーキを作るときに使っているクリームチーズと、歩人のハムの端っこを乗せてみました。トッピングの2つの材料の塩っ気のあるところが、いい感じで酸っぱさを隠してくれて、ビールとよく合いそう。さすがはビール大国ドイツのおつまみですね。
このほかにも、パイナップルのジャム(ドイツ風に言うとアナナスジャム)と一緒に食べるといいそうですよ。あいにくパイナップルのジャムは、今は手持ちがありません。
食べ方の工夫次第で、おいしくなるものだというのを実感した1日でした。


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

ちょっと早めのご愛顧感謝セール

おかげさまで、10時3時は12月12日に開店13周年を迎えます。
今年は、色々とお休みの日が多く、申し訳ありませんでした。

ちょっと早めになりますが、毎年恒例のお客様ご愛顧感謝セールとしまして、
12月6日から12日までの1週間、
紅茶各種のカップサービス(通常価格320円~500円)を200円でご奉仕、
ホットコーヒーについても、通常350円を200円でご奉仕させていただきます。
ケーキといっしょで300円~と、とってもお得な一週間です。

Otamesirsz また、いつもお正月にご用意しています、
紅茶8種類おためしパック980円も、
今回のセールにあわせてご用意させていただきました。
長期予報では12月は寒い予報が出ていました。
プレゼント用、またご自宅用としていかがでしょうか?

皆様のご来店を、心よりお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

中掃除その4「茶葉をふるう」

中掃除その4ということで最終回。今回は、紅茶屋さんならではの茶葉のお話。
「定期的に茶葉をふるいにかけましょう。」というご提案です。

Furui 買ってきた紅茶をその都度使いきる場合には、あまり問題にはならないと思いますが、茶筒を使って、詰め替え式の茶葉を補充しながら何ヶ月か紅茶を飲みますと、徐々に茶筒の底のほうに微粒子が溜まってきます。紅茶の茶葉を刻んだときにできる、細かな裁断くずのようなものです。この微粒子がティーポットに混ざりこむと、ティーカップに注がれた紅茶の底に、茶漉しをすり抜けて微粒子が滞留します。出来上がった紅茶を飲んでみますと、透明感がなく、少しくどい味がして、すっきり感がありません。そこで、この微粒子を定期的に取り除きましょうというのが、今回のご提案です。方法は、写真のように簡単なふるいにかけるだけでOK。これだけで、ピュアなおいしい紅茶に生まれ変わります。微粒子の部分は、ティーバッグの中身と同じものですので、捨てずに取っておいて、市販のお茶パックに入れて抽出時間を短くして飲めば、濃いミルクティー向けの紅茶になります。また、ケーキに少量混ぜて、紅茶味のケーキを作るときなどにも重宝します。

紅茶に限らず、料理を作る時は、材料の大きさを同じにするのが原則ですね。同じにすることで、材料の火の通りや煮え加減を均一にします。紅茶も同じ。リーフティ-とティーバッグを、同時に1つのティーポットに入れて紅茶を作ることなど通常ありえません。茶葉の大きさに合わせて、適切な蒸らし時間が決まっていて、おおまかに
大きな葉っぱ(オレンジペコ)では、蒸らし時間は3~5分
小さな葉っぱ(ブロークン・オレンジペコ)では、3分くらい
CTCや粉末のような茶葉(ファニングス)のときは、2分くらい
ティーバッグのとき(ダストと呼ばれる微粒子)は、1分くらいです。
微粒子を含んだ茶葉が1つのティーポットに中に入った場合、蒸らし時間の長い茶葉にあわせて抽出しますと、蒸らし時間の短いほうの茶葉が抽出オーバーになって、くどい味を出してしまいます。抽出時間の違う茶葉は、混ぜないほうが賢明です。
ただし、ハロッズNo.14などのように、意図的に数種類の産地の紅茶を混ぜているときは例外です。こんな場合は、缶の中をよく混ぜて、最後まで同じようなブレンドになるようにして上手に飲みましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »